先日、お客さまから、こんなお問い合わせを頂きました。

最近、加齢のせいか、シミやそばかすが目立つようになりました。

一生懸命保湿に励んでいるのですが、体の中からもプッシュしたいと思いまして。

例えば、シミやそばかすに効くような食べ物は、あるのでしょうか?

もしあれば、ご教授頂けないでしょうか?

確かに体の中と外からケア出来たら、理想的ですよね?

メラニン色素は、刺激が無くなれば、ターンオーバーで肌表面に押し出され、垢になって排出されます。

ところが、ターンオーバーが上手く行かないと、メラニンがお肌に残ってしまいます。

これが、シミ・そばかすの原因の1つ!

こちらは、通常スキンケアで対策していますよね?

お肌のシミ・そばかすの原因と対策&改善法

これとは別に、一部のメラニンが、肌の奥に沈んでいってしまうケースがあります。

これらの沈んだメラニンは、マクロファージという免疫細胞が食べて処理してくれるのですが。。。

加齢や免疫の低下で、マクロファージの活性が落ちると、メラニンがそのまま肌に残ってしまいます。

これが、もう1つのシミやそばかすの原因!

っという事は、マクロファージを元気にしてくれる食べ物があれば、シミやそばかすに良さそうですよね?


マクロファージを活性化させる食べ物って?

マクロファージは、白血球の一種で、体内に入って来た異物を食べて排出する掃除屋のような働きをしています。

特殊なアンテナを持っていて、異物を感知すると、攻撃態勢に入り活性化します。

実は、このスイッチを入れる食べ物が、案外身近にあるんです!

それが、「β1・3グルカン」・「LPS(リポ多糖)」などの多糖類!

鹿角(ろっかく)霊芝(れいし)の抗腫瘍性βーグルカンが免疫力を活性化することを確認(外部リンク)
http://www.suntory.co.jp/news/2003/8584.html

免疫力をあげる“LPS”を摂取して風邪やインフルエンザを予防しよう(外部リンク)
https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/32661

kinoko


β1・3グルカン

β1・3グルカンは、植物や菌類、細菌類など、自然界の様々なところに存在しますが、特にキノコや酵母などに多く含まれています。

●β1・3グルカンを多く含む食品
・シイタケ(椎茸)
・マイタケ(舞茸)
・エノキタケ(えのき茸)
・シメジ(湿地茸)
・ヒラタケ(平茸)
・フクロタケ(袋茸)
・ナメコ(滑子)
・ハナビラタケ(花弁茸)
・エリンギ
・マッシュルーム
・カワラダケ(瓦茸)
・マンネンタケ(万年茸=霊芝)
・アガリクス(ヒメマツタケ)
・メシマコブ(メシマコブ茸)
・ビール酵母


LPS(リポ多糖)

LPSは、グラム陰性菌という細菌の一部で、植物や藻類などに多く含まれています。

●LPSを多く含む食品
・玄米
・蕎麦
・明日葉
・海苔
・メカブ
・ヒジキ
・ワカメ
・コンブ

これらの食品を食べると、マクロファージのスイッチが入り、沈着したメラニンなどの異物はもちろん、細菌やウィルスなども殺して食べてくれます。

とっても素晴らしい仕組みなのですが、ただ一つ問題があります!

それは、マクロファージが異物を食べる時に、通常の40~50倍ものビタミンCを消費する事!

マクロファージのスイッチを入れる食品と一緒に、ビタミンCを多く含む食品も摂りたいところですよね?


ビタミンC

●ビタミンCを多く含む食品
・海苔
・赤ピーマン
・黄ピーマン
・ゆず
・アセロラ
・レモン
・ピーマン
・ニガウリ
・柿
・キウイフルーツ


○まとめ

さてさて、この辺で今日のまとめ!

肌の奥に沈んだメラニンを掃除してくれるのは、マクロファージ!

マクロファージを元気にしてくれる食べ物は、キノコ類やビール酵母、玄米や海藻類!

一緒にビタミンCを多く含む野菜やフルーツを摂りましょう!

。。。っとこんな感じでしょうか?


---->8---- チョキチョキ ---->8----


○キレイの裏ワザをメルマガで無料配信しています!

ご購読はこちらから >>


coupon


○只今の割引クーポン

※有効期間:2017年12月31日23時まで

下記クーポン番号をお買い物かごの
ところにある「クーポン番号」記入欄にご記入ください。

全ての商品を3%引きとさせていただきます。

ただいまの番号は・・・

1114

です。


今すぐ!



---->8---- チョキチョキ ---->8----