シミ・そばかすに効く食べ物8選!
今回は、シミ・そばかすに効く食べ物についてのお話!

シミの元になるメラニンは、要らなくなると肌の表面に押し出され、垢になって出て行きます。

ところが、ターンオーバーが上手く行かなくなると、メラニンがお肌に残ってしまうんです。

これが、シミ・そばかすの原因の1つ!

そこで、ターンオーバーが上手く行くように、しっかり保湿で対策する訳ですよね?

それでもやっぱり、メラニンが肌に居残ってシミになってしまうケースがあるんです。

そんな時に、チカラを発揮してくれるのが、じつは食事によるインナーケア!

そこで今回は、シミ・そばかすに効く食べ物を8つご紹介します。

ヨシヨシ

6分ほどで簡単に読み終わると思います。
ぜひ最後までおつき合いください!


肌のシミ・そばかすを予防する6つの食べ物

さてさて、まずはシミ・そばかすを予防してくれる食べ物を6つご紹介します!

居残りメラニンを防いでくれるのは、どんな食材でしょうか?

トマト

トマト
シミ・そばかすを予防する食べ物の1つ目は、トマトです!

2006年の論文には、トマトがシミを予防するという報告があります。

トマトに含まれるリコピンには、強い抗酸化作用や紫外線から肌を守る作用があるんだとか。

実験によると、ペースト状にしたトマト、リコピンのサプリメント、リコピン飲料を12週間摂り続けたところ…。

10~12週目には、全ての実験でトマトやリコピンが、明らかに紫外線から肌を守ることが分かったそうです。

トマトには、肌の糖化を改善する作用もありますので、シミ以外の老化防止にも有効!

ぜひ、積極的に摂っておきたい食材ですね。

※参考 論文(外部リンク)
Lycopene-rich products and dietary photoprotection

緑茶

緑茶
シミ・そばかすを予防する食べ物の2つ目は、緑茶です!

2003年の論文によると、緑茶がシミを予防するという報告があります。

緑茶には、カテキンというポリフェノールの一種が、豊富に含まれています。

このカテキンの持つ抗酸化作用と抗炎症作用が、紫外線から肌を保護し、シミや日焼けによる肌トラブルを予防してくれるそうです。

食後や間食の時などに、意識して飲んでおきたいですね。

※参考 論文(外部リンク)
Skin Photoprotection by Green Tea: Antioxidant and Immunomodulatory Effects

シナモン

シナモン
シミ・そばかすを予防する食べ物の3つ目は、シナモン!

2010年4月24日に放送された『世界一受けたい授業』では、シナモンにシミを予防する効果があると指摘されています。

シナモンには、毛細血管の老化を防ぎ、シミを予防する作用があるそうです。

授業に登壇された高倉伸幸先生によれば、1日0.6g程度摂れば充分で、摂り過ぎに注意してください!とのことです。

※参考(外部リンク)
アナタの毛細血管は減っていく!シミ、シワのたるみも毛細血管の老化が原因だった!?

にんじん

にんじん
シミ・そばかすを予防する食べ物の4つ目は、にんじん!

2002年の論文では、β-カロチンがシミを予防するという報告があがっています。

実験によれば、β-カロチンを12週間摂り続けたところ、8週目から明らかに紫外線による肌の酸化や炎症が抑えられたそうです。

このβ-カロチンを、飛び抜けて多く含んでいる食べ物がにんじんなんです!

さらに2008年の研究発表では、にんじんに色素沈着を抑える作用がある!なんてデータも指摘されています。

生よりも、ボイルしたり良質な油と一緒に摂ると吸収率アップするそうですので、その辺も頭に入れながら献立に組み入れたいところですね。

※参考(外部リンク)
Carotenoids and Protection against Solar UV Radiation(論文)
にんじん100%飲料の摂取により、うるおいのある明るい肌へ!(研究発表)

ほうれん草

ほうれん草
シミ・そばかすを予防する食べ物の5つ目は、ほうれん草!

2002年の論文によると、β-カロチンとビタミンEとビタミンCを一緒に摂ると、シミ予防になるという報告があります。

健康な若い女性に、β-カロチンとビタミンE・Cを摂らせて紫外線をあてたところ、日焼けや光老化が抑えられたそうです。

このβ-カロチンとビタミンE・Cが豊富に含まれているのが、じつはほうれん草!

ほうれん草100gには、β-カロチン 4200μg、ビタミン E2.1mg、ビタミンC 35mgが含まれています。

上手に摂り入れたいところですね。

※参考(外部リンク)
Photoprotection of UV-Irradiated Human Skin: An Antioxidative Combination of Vitamins E and C, Carotenoids, Selenium and Proanthocyanidins(論文)
日本食品標準成分表2015年版(七訂)

かぼちゃ

かぼちゃ
さらにもう1つ、β-カロチンとビタミンE・Cが豊富に含まれている食べ物がかぼちゃ!

西洋かぼちゃ100g中に、β-カロチン 3900μg、ビタミン E4.9mg、ビタミンC 43mg。

日本かぼちゃ100g中に、β-カロチン 700μg、ビタミン E1.8mg、ビタミンC 16mgが含まれています。

栄養価から行くと、シミには西洋かぼちゃの方が良さそうですね?

ちなみに、スーパーや八百屋などで普通に売ってるのは、西洋かぼちゃの方ですので、その辺はどうぞご安心ください!

肌のシミ・そばかすを改善する2つの食べ物

肌のシミ・そばかすを改善する2つの食べ物
さてさて次は、シミ・そばかすを改善する食べ物について!

メラニンの中には、一部肌の奥の真皮の方まで沈んで、シミになってしまうものがあります。

こういった真皮のシミを改善するのは難しい!なんて言われていたのですが…。

2016年の研究発表によると、マクロファージという免疫細胞が、シミやそばかすの元になる不要なメラニンを食べて、肌の内側を掃除してくれるという指摘があります。

ところがこのマクロファージ、加齢や免疫が低下すると、あまり働かなくなってしまうそうなんです。

っという事は、マクロファージを元気にする食べ物があれば、シミやそばかすを改善できそうですよね?

そこで今度は、マクロファージを活性化して、シミを改善してくれる食べ物を2つ紹介します!

※参考 研究発表(外部リンク PDF)
消えないシミとされてきた真皮のシミの改善メカニズムを発見

キノコ類などや酵母などβグルカンを多く含む食べ物

キノコ類などβグルカンを多く含む食べ物
シミ・そばかすを改善する食べ物の1つ目は、キノコ類などβグルカンを多く含む食品!

2008年の論文によると、食物繊維の一種のβグルカンがマクロファージを活性化するという報告があります。

βグルカンは、穀類などにも含まれていますが、研究によればキノコ類や酵母由来のβグルカンがマクロファージを元気にしてくれるんだとか。

このβグルカンを多く含む食材は…

βグルカンを多く含む食品
  • シイタケ(椎茸)
  • マイタケ(舞茸)
  • エノキタケ(えのき茸)
  • シメジ(湿地茸)
  • ヒラタケ(平茸)
  • フクロタケ(袋茸)
  • ナメコ(滑子)
  • ハナビラタケ(花弁茸)
  • エリンギ
  • マッシュルーム
  • カワラダケ(瓦茸)
  • マンネンタケ(万年茸=霊芝)
  • アガリクス(ヒメマツタケ)
  • メシマコブ(メシマコブ茸)
  • ビール酵母
  • パン酵母
なお、乳酸菌を一緒に食べるとさらにマクロファージが元気になる!なんてデータもありました!

ぬか漬けやヨーグルトなどと、一緒に食べるとさらに良さそうですね。

※参考 論文(外部リンク)
Dietary modulation of immune function by β-glucans

海藻類などLPS(リポ多糖類)を多く含む食べ物

海藻類などLPS(リポ多糖類)を多く含む食べ物
シミ・そばかすを改善する食べ物の1つ目は、海藻類などLPS(リポ多糖類)を多く含む食品!

1992年の論文などでは、植物などに付着しているLPS(リポ多糖類)が、マクロファージを活性化するという指摘があります。

LPSは、土の中にいるグラム陰性菌という細菌の一部で、海藻類や無農薬で育った植物などに多く見られます。

多く含む食品は…

LPS(リポ多糖)を多く含む食品
  • 海苔
  • メカブ
  • ヒジキ
  • ワカメ
  • コンブ
  • 玄米
  • 蕎麦
  • 明日葉(あしたば)
これらの食品を食べると、マクロファージのスイッチが入り、沈着したメラニンなどを食べてくれる訳ですね。

この辺も意識して、摂っておきたいところですね。

※参考 論文(外部リンク)
Bacterial lipopolysaccharide induces tyrosine phosphorylation and activation of mitogen-activated protein kinases in macrophages.

動画での解説

なお、ここまでの内容を、動画でも解説しています。

知識をしっかり整理したい!なんて方は、ぜひご覧ください!

まとめ

ヨシヨシ

さてさて!
シミ・そばかすに効く食べ物8選!いかがでしたでしょうか?
少し長くなりましたので、この辺でまとめます!


  1. 肌のシミ・そばかすを予防する6つの食べ物は?
    1,トマト
    2,緑茶
    3,シナモン
    4,にんじん
    5,ほうれん草
    6,かぼちゃ
  2. 肌のシミ・そばかすを改善する2つの食べ物は?
    1,キノコ類や酵母などβグルカンを多く含む食べ物
    2,海藻類などLPS(リポ多糖類)を多く含む食べ物
ちなみに!
オーガニックコスメとシミの関係については、こちら!

オーガニックコスメってシミに効くの?

シミ・そばかすは保湿で消えたり薄くなるって本当?



この記事を書いた人 スキンケアアドバイザー 日暮芳久(ヨシ)
スキンケアアドバイザー ヨシ
1999年バリ島に渡り、美容グッズや化粧品販売・貿易会社を設立。その後2009年、日本にて化粧品販売会社『ピュアノーブル』を設立、オーガニック化粧品ブランド『マザーウッドシリーズ』を立ち上げ現在にいたる。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でピュアノーブルをフォローしよう!