シナモンスティック
今回のテーマは、シナモンの効能について!

シミやシワが消えるって本当?なんてお話です。

シナモンといえば、桂皮として昔から漢方で使われるほど!

体やお腹を温めたり、胃腸の働きをよくしたり、色んな効能で知られてますよね?

でもじつは、シナモンには、シミやシワが消える!

なんて驚きの効能があることが、最近の研究で分かってきているんです。

肌美先生肌美先生

3分ほどで読めるかと思います。
どうぞ最後までおつき合いください!


シナモンの驚きの効能!顔のシミを薄くする効果が

シナモンの驚きの効能!顔のシミを薄くする効果が
ではではまずは、シナモンの美白効果について!

2002年に、驚きの効能が発見されました。

シナモンに含まれるプロアントシアニジンというポリフェノールが、顔のシミを薄くすることが判明!

実験では、12名の女性に毎日0.2gのポリフェノールを摂取させたところ、3ヶ月目からシミが薄くなりはじめ、6ヶ月目には明らかなシミ改善効果が確認されたそうです。

シナモンの効果が出るまでに、3ヶ月ぐらいの期間が必要なようですが、期待はできそうですよね?

※参考 研究発表(外部リンク)
キッコーマン、筑波大学臨床医学系皮膚科との共同研究でブドウ種子ポリフェノールに、顔のしみを薄くする効果を発見!

シナモンにシワを防ぐ効果も!

シナモンにシワを防ぐ効果も!
シナモンの驚きの効能は、それだけではありません!

なんと、シミが消えるだけでなく、シワを防ぐことも分かっています。

2010年4月24日に放送された『世界一受けたい授業』では、シナモンのシワを防ぐ効果が指摘されています。

授業に登壇された大阪大学の高倉伸幸先生によると、シナモンには毛細血管の老化を防ぎ、シワを防ぐ作用があるんだとか。

女性には、なんとも嬉しい効果ですよね?

でもどうして、毛細血管の老化を防ぐとシワが防げるのでしょうか?

※参考 論文(外部リンク)
アナタの毛細血管は減っていく!シミ、シワのたるみも毛細血管の老化が原因だった!?

毛細血管の老化とシナモンの若返り効果

毛細血管が老化するとシミやシワになるのはなぜ?

加齢で毛細血管が老化すると、毛細血管が劣化したり減ったりします。

毛細血管が劣化したり減ったりすると、栄養が届かなくなった細胞がシミになりやすくなり。

コラーゲンを作る細胞に栄養が届かなくなると、ハリが消えてシワになるんだとか。

大阪大学の高倉先生の解説によれば…

『肌老化の重要な鍵を握るのは毛細血管で』

『毛細血管が減るとシミやしわなどができやすくなる』とのこと。

万一そんな風になってしまった時に、毛細血管の老化を防いでシミを薄くしたりシワを防ぐ!

そんな若返り効果を期待できるのが、シナモンということなんですね。

シナモンの他にも「ナガコショウ(ヒハツ)」や「ルイボスティー」でも、同様の効果が期待できるそうですよ。

※参考リンク
美容左右する「血管力」 鏡で舌を見るだけで簡単に調べられる(外部リンク)
http://www.news-postseven.com/archives/20151213_370308.html


アンチエイジングの新常識 毛細血管ケアSP
「ガッテン!」2016年7月13日放映(外部リンク)
https://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20160713/index.html

ジョブチューンの実験とシナモン豆乳レシピ


ジョブチューンの実験とシナモン豆乳レシピ


2018年8月11日放送のジョブチューンでも!

『シミやシワに効果的な最強の食べ物』として、シナモンが紹介されました。

愛媛大学の伊賀瀬道也先生によると、毛細血管は45歳を境に老化してしまうそうなんです。

そして、毛細血管の老化を防ぎ、シミやシワを予防してくれるのがシナモンということ!

ジョブチューンの実験では、1日1g程度のシナモンをヨーグルトやコーヒーに入れて摂ったところ。

なんと!
1週間でシミやシワが消えたり薄くなったりと、かなり改善される!という結果が放映されました。


さらに、シミやシワをケアするお手軽ドリンクとして、シナモン豆乳のレシピが紹介されました。

作り方は、とっても簡単!

シナモン豆乳レシピ
▼材料
○豆乳 200ml
○シナモン 小さじ約半分
○オリゴ糖 適量

▼作り方
○豆乳にシナモンとオリゴ糖を入れてかき混ぜる

※参考リンク
大好評!『名医が認めた!病気や体の不調を予防改善してくれる最強の食べ物SP』(外部リンク)
https://www.tbs.co.jp/jobtune/archives/20180811.html

シナモンの摂取量と注意点

肌美先生肌美先生

最後に!
シナモンを摂る時の注意点を少しだけ。


シナモンは食品ですので、摂取量の上限などは特にありません。

でも、桂皮として漢方で薬として使われるほどですので、1日の目安量のようなものがあるようです。

伊賀瀬先生によると、1日の摂取量の目安は小さじ一杯(約1g)程度。

スパイスでもありますので、スパイスにアレルギーがあったり、刺激の強い物が苦手な方は気をつけてくださいね。

体調が悪い時や妊婦さんなど、刺激に弱くなっている時も避けた方が良いかもしれないですね。

最後に、シナモンには、パウダータイプとスティックタイプがあります。

ヨーグルトや豆乳、シリアルやパンなど固形状やゲル状の物にはパウダータイプがおすすめ!

ホットワイン、紅茶などの液体の物にシナモンパウダーを使うと、ダマになってしまったり溶けにくかったりしますので、スティックタイプがおすすめかも?

ちなみに!
シミやシワ対策のスキンケアは、下記をチェック!

シミ対策の簡単スキンケアをチェック!

お肌のシミ・そばかすの原因と対策&改善法

シミ・そばかすは保湿で消えたり薄くなるって本当?

チェック



アンチエイジングな習慣
この記事の監修 スキンケアアドバイザー 日暮芳久(ヨシ)
スキンケアアドバイザー ヨシ
1999年バリ島に渡り、美容グッズや化粧品販売・貿易会社を設立。その後2009年、日本にて化粧品販売会社『ピュアノーブル』を設立、オーガニック化粧品ブランド『マザーウッドシリーズ』を立ち上げ現在にいたる。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でピュアノーブルをフォローしよう!