白砂糖が体に悪いって本当?それとも嘘?
今回は、白砂糖についてのお話!

甘い物については、よくニキビなどの肌トラブルとの関係についてご質問を頂きます。

その中でもとくに多いのが、じつは白砂糖についてなんです。

「白砂糖が体に悪いって、本当ですか?」

「肌によくないって、聞いたのですが。」

…そんな感じでしょうか?

確かにテレビや雑誌などでは、体に悪いとか、キレやすくなったりうつ症状を招いたりして危険だとか。

逆に、白砂糖が体に悪いというのは嘘!科学的根拠がない!なんて報道もあったりして。

「結局本当なの?嘘なの?ドッチ?」なーんて。

こちら、ズバリ結論から言ってしまいますと、じつは本当!

白砂糖は、体や肌にあまりよくない事が、様々な研究でハッキリ分かっています。

「えっ?どんな風によくないの?」

今回はそんなお話です!

ヨシヨシ

5分ほどで簡単に読み終わると思います。
ぜひ最後までおつき合いください!


そもそも白砂糖って、どんなもの?

そもそも白砂糖って、どんなもの?
さてさてまずは、白砂糖ってどんなもの?なんてお話から。

砂糖は、簡単に言うと、主にサトウキビなどの汁を搾って、水分を飛ばした物!

これを精製・精白せずに商品化したのが、いわゆる黒糖ですね?

この段階では、砂糖としての純度が低く、ミネラル・ビタミン・酵素など、いわゆる不純物がたくさん含まれています。

ここから、遠心分離、精製、精白などなど、十段階以上もの過程を経て、純度99%以上もの白砂糖が出来上がります。

ではでは、この純度の高~い糖分が体の中に入って行くと、実際どうなるのでしょうか?

白砂糖が体や肌に悪いと言われる7つの理由

白砂糖が体や肌に悪いと言われる7つの理由
じつは、白砂糖のこの純度の高さが、体の中で様々なトラブルを起こしてしまうんです!

このトラブル、ザックリ分けると7つあります。

白砂糖が体や肌に悪いと言われる7つの理由
  1. 胃腸の働きが弱まる
  2. 体内のビタミン、ミネラル、酵素が欠乏する
  3. 腸内環境が悪化する
  4. 肌のコンディションが悪化する
  5. 肌が酸化して老化の原因になる
  6. 肌が糖化して老化の原因になる
  7. 免疫が下がる
それぞれ、見ていきましょう!

胃腸の働きが弱まる

白砂糖のように純度の高い糖分を摂取すると、血糖値が急激に跳ね上がります。

驚いた体は、インシュリンを大量に出して血糖値を下げようとします。

同時に、これ以上血糖値が上がるのを防ぐため、胃腸の働きを止めて消化するのをやめてしまいます。

つまり、純度の高い糖分を体に入れると、胃腸の働きが止まったり弱まったりするという事ですね。

しかもコレ、角砂糖1/5程度のわずかな量でも、止まってしまうそうなんです。

1949年の論文によれば、胃腸の浸透圧と同じ濃度(5.4%)以上の糖液15ccの糖が胃に入ると、3分~10分ほど胃腸の動きが弱まるという報告があります。

※参考 論文(外部リンク)
糖攝取時の胃の運動「糖反射」に就いて

体内のビタミン、ミネラル、酵素が欠乏する

体内のビタミン、ミネラル、酵素が欠乏する
白砂糖の問題は、消化しにくいだけではありません!

じつは、白砂糖を消化するために体内のビタミン、ミネラル、酵素などを大量に消費ししてしまうんです!

消化しにくいのは、黒糖などでも同じなのですが、白砂糖の問題は、消化に必要なはずのミネラル・ビタミン・酵素を精製過程で全部失ってしまっている事。

つまり、白砂糖は、食べれば食べるだけ、体内からビタミン、ミネラル、酵素を奪い取ってしまうという訳です。

とくに、ビタミンB1・B2、カルシウムの欠乏が激しく、これらの栄養素が不足すると、神経や精神状態が不安定になり、キレやすくなったりうつ症状に悩まされるんだとか。

※参考(外部リンク)
白砂糖の害 | ゆいクリニック 院長コラム

腸内環境が悪化する

さらに、白砂糖は胃腸の働きを弱らせる上に、消化しにくい訳ですから、大量のビタミン、ミネラル、酵素などを使っても、まだ消化しきれずに胃腸に留まります。

この消化しきれないショ糖が、じつはピロリ菌などの悪玉菌の格好のエサになります。

そして、普段は胃酸で抑えられてるいるはずの悪玉菌が大増殖!

腸内環境が、悪化してしまいます。

※参考(外部リンク)
白砂糖が体に悪いといわれる6つの理由-冷え・老化・イライラを起こす?

肌のコンディションが悪化する

肌のコンディションが悪化する
胃腸の働きが弱くなり、悪玉菌が増殖して腸内環境が最悪になっている!

そして、体中のビタミン、ミネラル、酵素が不足する。。。

そんな状態の時、肌のコンディションが良いはずないですよね?

こうして白砂糖は、ニキビや吹き出物などの肌トラブルや、ターンオーバーの乱れを引き起こすことになります。

甘い物を食べると、肌の調子が悪くなるって、こういう事だったんですね?

肌が酸化して老化の原因になる

そしてさらに、悪玉菌だらけになった胃腸の中では、白血球が必死で悪玉菌と戦っています。

この時に、白血球が悪玉菌を殺すために使う武器が、有名な活性酸素!

この活性酸素は、悪玉菌を殺す武器にもなるのですが、じつは、お肌や体にも同時にダメージを与えてしまいます。

コレが酸化ダメージといって、しみやシワなどの老化の原因になります。

肌が糖化して老化の原因になる

肌が糖化して老化の原因になる
さらに老化の原因になるのは、酸化ダメージだけではありません!

2015年の論文などによると、体内の余分な糖分が糖化を引き起こし、肌を老化させる事が指摘されています。

余分な糖分と体の中のタンパク質が反応することで、肌は弾力やハリを失い、シワやたるみの原因になります。

さらに、透明感を失い、黄ぐすみの原因になることが分かっています。

※参考 論文(外部リンク)
アンチエイジングにおける糖化ケアの重要性

免疫が下がる

そして、コレが白砂糖が体に悪い!と言われる一番のキメテになりそうですが…

1973年の論文によれば、砂糖などの単糖類を摂ると、最大5時間免疫が低下するという報告があります。

免疫が下がってしまったら、体にも肌にも様々な問題が起こってしまいますよね?

※参考 論文(外部リンク)
Role of sugars in human neutrophilic phagocytosis

動画での解説

なお、ここまでの内容を、動画でも解説しています。

知識をしっかり整理したい!なんて方は、ぜひご覧ください!

まとめ

ヨシヨシ

さてさて!
「白砂糖が体に悪いって本当?それとも嘘?」いかがでしたでしょうか?

こんな感じで見てくると、白砂糖などの純度の高い砂糖は体に悪い!なんて言われるのも納得ですよね?

もちろん、白砂糖が全面的によくない!なんて話じゃないんですよ。

食べる時に、こういうデータを知っておくのと、知らないのとでは、食べ方が変わって来ますよね?

「甘い物は好きだけど、セーブしながら食べよう!」とか。

「今日は体調良いから、多めに食べても大丈夫かな?」とか。

「今日は、肌のコンディション悪いからやめておこう!」なーんて。

こんな感じで、賢くスイーツを楽しんで頂ければと思います!

ちなみに!
「白砂糖の代わりになるものって、何かないの?」なんて方は、コチラ!

白砂糖の代わりになる「代替糖ベスト3」

※参考文献
「砂糖」をやめれば10歳若返る!(白澤卓二:著)
「血糖値スパイク」が心の不調を引き起こす(溝口徹:著)
アレルギーは「砂糖」をやめればよくなる!(溝口徹:著)



調味料と美肌の関係



この記事を書いた人 スキンケアアドバイザー 日暮芳久(ヨシ)
スキンケアアドバイザー ヨシ
1999年バリ島に渡り、美容グッズや化粧品販売・貿易会社を設立。その後2009年、日本にて化粧品販売会社『ピュアノーブル』を設立、オーガニック化粧品ブランド『マザーウッドシリーズ』を立ち上げ現在にいたる。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でピュアノーブルをフォローしよう!