お肌と体に良い油ランキング 鰯のオリーブオイル漬け
スキンケアを考える時、切っても切り離せないのが食事の問題!

中でも、とくに気をつけたいのが、「油」なんです。

じつは、食用油の中には、「お肌に良い油」と「あまり良くない油」があります!

お肌に良い油を摂れば、お肌の弾力がアップしたり、シミやシワが改善したり。

逆に悪い油を摂ると、ニキビや肌荒れ、老化の原因になったりします。

この辺のこと、知っているのと知らないのでは、まさに雲泥の差!

しっかりチェックして、お肌に良い油だけを摂りたいところですよね?

そこで、今回は!

お肌に良い油をランキング形式でご紹介します。

いつものように、論文などの最新のデータをもとに簡単にまとめました。

ヨシヨシ

6分ほどでサッと読めるかと思います!
ぜひ最後までおつき合いください!


第1位:EPA・DHA(オメガ3脂肪酸)

EPAやDHAなどのオメガ3脂肪酸をたくさん含むサンマや鮭
お肌に良い油の第1位は、何と言ってもEPA・DHAという必須脂肪酸を多く含む油!

EPAやDHAは、魚介類に多く含まれるオメガ3脂肪酸の一種です。

最新の研究で、数々のお肌への素晴らしい効能が分かって来ています。

EPA・DHAのお肌への働き

EPA・DHAのお肌への働きは、おもに以下の4つ!

女性にとって、まさに魔法のような油ですよね?

EPA・DHAのお肌への働き
  1. お肌のハリや弾力がアップする
  2. シミやシワを改善する
  3. 肌のアレルギーを抑える
  4. ニキビや肌トラブルを改善する

お肌のハリや弾力がアップする

2009年の論文に、こんな報告があります。

40~60才の24人の健康な女性に3ヶ月間フィッシュオイルを飲ませたところ、肌の弾力性が10%アップし、お肌のバリア機能が改善したそうです。

※参考 論文(外部リンク)
Supplementation with EskimoR Skin Care improves skin elasticity in women. A pilot study

シミやシワを改善する

また2013年の論文によれば、 45~60才の白人2,919人の2年半の食事を調査したところ。

EPAやDHAを多く摂るほど、光老化によるシミやシワの影響が少ないことが分かっています。

つまり、EPAやDHAに、シミやシワなどを改善する効果が期待できるということ!

※参考 論文(外部リンク)
Association between dietary intake of n-3 polyunsaturated fatty acids and severity of skin photoaging in a middle-aged Caucasian population

肌のアレルギーを抑える

肌のアレルギーに悩む女性
さらに2015年の論文によれば…

フィッシュオイルに含まれるオメガ3脂肪酸が、アトピーなどの肌のアレルギーや炎症を抑えることが分かっています。

※参考 論文(外部リンク PDF)
魚油に多く含まれるオメガ3脂肪酸が皮膚アレルギー反応を抑制する機序の解明(論文 PDF)

ニキビや肌トラブルを改善する

そして最近では、ひどいニキビや肌トラブルなどに悩んでいる患者さんに、EPAを処方するお医者さんも増えてるようですね。

形成外科・皮膚科医の野田理香先生は、ひどいニキビや皮膚の湿疹などに悩んでいる患者にはEPA製剤を投与するそうです。

つまりEPAには、ニキビや肌トラブルの改善効果も期待できる!ということですね?

※参考(外部リンク)
危険なトランス脂肪酸に新たな健康リスク、野放しに批判強まる 菓子パン、マーガリン…

EPA・DHAを多く含む食品

ではでは、こんな魔法のような油EPAやDHAって、何を食べればたくさん摂れるのでしょうか?

EPAやDHA を多く含む食品は、こんな感じ!

EPA・DHAを多く含む食品
  • イワシ、サンマ、サバ、アジ、ブリ、マグロ、カツオなどの青魚
  • サケ、マス、タイ、ウナギなど
その他、エビやカニなどの甲殻類にも少し含まれていますが…

基本的には「脂ののった魚に多く含まれている!」と覚えておくと、分かりやすいかもしれませんね。

第2位:α-リノレン酸(オメガ3脂肪酸)

オメガ3脂肪酸のα-リノレン酸をたくさん含むえごま油やチアシード
EPA・DHAは、魚に多く含まれている動物性のオメガ3脂肪酸でしたが、α-リノレン酸は植物性のオメガ3脂肪酸!

植物の種や、抽出した油などに多く含まれています。

じつは、このα-リノレン酸が体内に取り込まれると、体の中でEPA→DHAという順に変換されます。

つまり、α-リノレン酸は1位のEPA・DHAと同じ事なのですが、変換される割合が10%程度と少ないため2位とさせて頂きました。

とは言っても!

α-リノレン酸は、リノール酸に対抗して働くようで、アトピーや花粉症のようなリノール酸過多によるアレルギー症状には、EPA・DHAよりも、α-リノレン酸を直接摂取した方が良い!なんてデータもあるようです。

お肌への働きは、1位のEPA・DHAと同じ!

こちらもやっぱり、女性にとって素晴らしいオイルですね?

α-リノレン酸を多く含む油

α-リノレン酸を多く含むのは、どんな油なのでしょうか?

じつは、以下3つの油がダントツです!

α-リノレン酸を多く含む油
  • 亜麻仁油(フラックスシードオイル):約60%
  • エゴマ油(シソ油):約60%
  • チアシード油:約60%
食生活にうまく取り入れて、上手に摂っていきたいところですよね?

α-リノレン酸のオイルを摂る時は、2つだけ注意点があります!

非常に酸化しやすいので…

1,加熱や火は通さずにドレッシングなど、生で食べるのがオススメ
2,開封後は、必ず冷蔵庫で保存すること


※なお、α-リノレン酸系のオイルについて、もっと詳しく知りたい!なんて方は、下記も参照してみてください。

美肌も作る!亜麻仁油の5つの効能&効果

第3位:オレイン酸(オメガ9)

オメガ9脂肪酸のオレイン酸をたくさん含むオリーブオイル
お肌に良い油の3位は、オレイン酸を多く含む油!

オレイン酸を多く含む油の効果として一番有名なのが、悪玉(LDL)コレステロールを抑える作用!

オリーブオイルが、動脈硬化や心疾患、脳疾患、血管の老化など防ぐ!

なんてテレビや雑誌の特集を、耳にしたことがあるではないでしょうか?

もちろん、体だけではなく、お肌にも素晴らしい効能があるんです!

オレイン酸のお肌への働き

オレイン酸の働きは、おもに以下の4つ!

これも女性にとって、素晴らしいオイルですね?

オレイン酸のお肌への働き
  1. 抗酸化作用でシワなどの老化を防ぐ
  2. 糖化による黄ぐすみを防ぐ
  3. 肌トラブルを改善する
  4. シミそばかすを防ぐ

抗酸化作用でシワなどの老化を防ぐ

2002年の論文には、こんな報告があります。

16人の男女に一週間オリーブオイルを摂らせ続けた結果、体内の抗酸化力がアップしたそうです。

抗酸化力がアップするということは、シワなどの老化を防いでくれるって事ですよね?

※参考 論文(外部リンク)
Postprandial and short‐term effects of dietary virgin olive oil on oxidant/antioxidant status

糖化による黄ぐすみを防ぐ

また2010年の論文では、オレイン酸にはタンパク質の糖化を防ぐ作用があると報告されています。

つまり、これは糖化による肌の黄ぐすみを防いでくれるということ!

※参考 論文(外部リンク)
Monoacylglycerol (MAG)-Oleic Acid Has Stronger Antioxidant, Anti-Atherosclerotic, and Protein Glycation Inhibitory Activities than MAG-Palmitic Acid

肌トラブルを改善する

オレイン酸たっぷりのオリーブオイルと肌トラブル
さらに、2014年の論文によると…

火傷を負った100人にオリーブオイルを摂取させたところ、早く治ったそうです。

つまり、オリーブオイルの摂取には、火傷などの炎症を改善する効果が期待できるということ。

ニキビなど炎症を伴う肌トラブルの改善にも、効果を発揮してくれそうですね?

※参考 論文(外部リンク)
Effect of oral olive oil on healing of 10?20% total body surface area burn wounds in hospitalized patients

シミそばかすを防ぐ

そして2017年の論文では、ツバキ油に抗酸化作用とメラニン形成を阻害する作用があることが指摘されています。

コレってつまり、老化によるシミやそばかすを防いでくれるって事!

女性にとっては、何とも嬉しい働きですよね?

※参考 論文(外部リンク)
Melanogenesis Inhibitory and Antioxidant Effects of Camellia oleifera Seed Oil

オレイン酸を多く含む油

ではでは、そんなオレイン酸を多く含むのは、どんな油なのでしょうか?

じつは、以下3つの油です!

α-オレイン酸を多く含む油
  • ツバキ油:約85%
  • オリーブオイル:約70%
  • こめ油:40%
なお、オレイン酸は非常に酸化しにくいため、生食はもちろん、加熱調理に活用できるのも特徴です。

※紅花油ひまわり油には、オレイン酸含有率70%以上のハイオレイック種がありますが、有害成分が判明しているので外しています。
※菜種油はオレイン酸約60%ですが、在来種は問題ないのですが、品種改良されたキャノーラ油に有害成分が判明しているので外しています。

動画での解説

なお、ここまでの内容を、動画でも解説しています。

知識をしっかり整理したい!なんて方は、ぜひご覧ください!

まとめ

ヨシヨシ

さてさて!
お肌に良い油ベスト3いかがでしたか?


こんな感じで見てくると…
  1. おもなおかずを肉類から魚類に切り替える!
  2. サラダのドレッシングには、亜麻仁油やエゴマ油を選ぶ!
  3. 加熱調理する際には、オリーブ油などを主に使う!
    ※食用椿油は超高級品のため
そんなスタンスで行くと、お肌や体に良い油を選ぶ事が出来そうですね?

ちなみに!
逆に、肌に良くない食べてはいけない油ってどんなの?

なんて方は、コチラをどうぞー。

トランス脂肪酸がニキビや肌荒れ、アトピーの原因になるって本当?

お肌と体に悪い油ワースト3



そしてそして!

油の他の調味料選びはどうする?なんて方は、コチラをどうぞ!


調味料と美肌の関係

この記事を書いた人 スキンケアアドバイザー 日暮芳久(ヨシ)
登場人物B
1999年バリ島に渡り、美容グッズや化粧品販売・貿易会社を設立。その後2009年、日本にて化粧品販売会社『ピュアノーブル』を設立、オーガニック化粧品ブランド『マザーウッドシリーズ』を立ち上げ現在にいたる。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でピュアノーブルをフォローしよう!