果糖ぶどう糖液糖(異性化糖)って危険?体に悪いって本当?
前回、白砂糖に関する記事を投稿したところ、好評でかなり反響を頂きました。

その中に「清涼飲料水などの果糖ぶどう糖液糖(異性化糖)の方が問題では?」というご指摘を頂きましたので、今回は異性化糖についてお話します。

まずは、前回の記事の要点を簡単にまとめると。。。

白砂糖や上白糖を食べると、活性酸素による酸化と糖化のダブルパンチで、あらゆる成人病の元になり、シワやシミが発生し、炎症やアレルギーを起こしやすくなる。

その主な理由は、精製過程で酵素・ビタミン・ミネラルを失った純粋な糖のため、血糖値を急激に上昇させ、糖の分解消化に必要な酵素・ビタミン・ミネラルを体から奪い取ってしまうから。
(→ 酸化とは? , 糖化とは?

つまり、一番問題なのは、精製されている事と血糖値の急激な上昇という事ですね?

ではでは、このあたりにポイントをおいて、異性化糖を見て行きましょう!

果糖ぶどう糖液糖(異性化糖)とは?砂糖との違いは?

果糖ぶどう糖液糖(異性化糖)とは?砂糖との違いは?

さてさてまずは、果糖ぶどう糖液糖(異性化糖)とはいったい何?砂糖との違いは?なんてお話から。

甘いものと言えば、まず最初に思いつくのが砂糖ですよね?

砂糖は、サトウキビやてんさい糖を精製して作られますが、果糖ぶどう糖液糖(異性化糖)の材料はでんぷん!

おもに、トウモロコシやジャガイモのでんぷんを加工して作られています。

まずは、でんぷんを酵素で分解して、ブドウ糖を作ります。

ただし、このままでは甘さが足りないので、半分程度を果糖に分解(異性化)させます。

この時に、ブドウ糖の方が多ければ「ぶどう糖果糖液糖」、さらに甘さを強めるため果糖の方が多くすれば「果糖ぶどう糖液糖」になります。

果糖ぶどう糖液糖の作り方
  • でんぷんを酵素で分解→ブドウ糖→果糖
こうして出来た異性化糖は、液体で砂糖より甘みが口に残りにくく、砂糖とは逆に低温で甘みが増し、コストが安いのが特徴になります。

清涼飲料水に使われる甘味料や、最近のガムシロップの原料!

あれが、果糖ぶどう糖液糖(異性化糖)になります。

白砂糖と同じように精製されているうえに甘みも強いので、ちょっと危険な香りがする甘味料ですよね?

果糖ぶどう糖液糖(異性化糖)の危険性!体への影響は?

果糖ぶどう糖液糖(異性化糖)の危険性!体への影響は?
さてさて、そんな果糖ぶどう糖液糖(異性化糖)ですが。

ご指摘頂いたとおり、血糖値の急上昇の他にも、最近さかんに危険性が叫ばれています!

さまざまな機関や大学などで、さかんに研究が行われていまして、その結果…

果糖ぶどう糖液糖の体への影響
  1. 血糖値上昇の原因になる
  2. 内臓脂肪を増やす
  3. 血圧上昇の原因になる
  4. 尿酸値上昇の原因になる
こちらは、2010年と2012年の論文で指摘されている内容でしたが、もっと簡単に言えば…

果糖ぶどう糖液糖(異性化糖)を摂り続けると、糖尿病やメタボ、高血圧や痛風のリスクが高くなる!ということ。

うーん…

高純度の果糖が危険!と言われる理由、分かる気がしますね?

※参考 論文(外部リンク)
The role of high-fructose corn syrup in metabolic syndrome and hypertension
Effects on uric acid, body mass index and blood pressure in adolescents of consuming beverages sweetened with high-fructose corn syrup

果糖ぶどう糖液糖(異性化糖)の肌への影響

果糖ぶどう糖液糖(異性化糖)の肌への影響
つぎに、果糖ぶどう糖液糖(異性化糖)の肌への影響について!

スキンケアの観点から見ると、肌の糖化のリスクがなんとブドウ糖のの100倍!なんてデータがあります。

さらに2017年の論文によると、果糖ぶどう糖液糖(異性化糖)が、終末糖化産物(AGE)を生成し、肌の糖化、炎症、酸化の原因になり、ミトコンドリア代謝を減退させることが分かっています。

つまり簡単に言うと、純度の高い果糖が、肌を糖化させて黄ぐすみや深いシワの原因になったり。

肌荒れやニキビ、アレルギーのような炎症を起こしやすくしたり。

肌を酸化させ、代謝やターンオーバーを鈍らせて、シミや老化の原因になる!ということ。

果糖ぶどう糖液糖の肌への影響
  1. 肌を糖化させ、黄ぐすみや深いシワの原因になる
  2. 炎症を起こしやすさせ、肌荒れやニキビ、アレルギーの原因になる
  3. 肌を酸化させ、代謝を鈍らせてシミや老化の原因になる
そしてさらに、異性化糖の原料の多くは、遺伝子組み換えのトウモロコシであるという事も問題です!

遺伝子組み換え作物の長期的なリスクは、まだ証明されていませんが、食べると腸内細菌が死んでしまうという事は良く知られ、訴訟問題が起こったりしています。

腸内細菌が居なくなるという事は、免疫が下がり、肌のバリア機能が下がるということ!

肌のバリア機能が下がれば、当然色んな肌トラブルが起こりやすくなってしまいますよね?

※参考(外部リンク)
Dietary Sugars and Endogenous Formation of Advanced Glycation Endproducts: Emerging Mechanisms of Disease(論文)
実は危険、肥満を招く「果糖」ジュースに気をつけて

精神的な部分にも影響が…

精神的な部分にも影響が…
さらに、最新の研究では、果糖ぶどう糖液糖(異性化糖)が精神的な問題も引き起こすことも分かっています。

2021年の論文によると、純度の高い果糖が攻撃的行動、注意欠陥・多動症(ADHD)、双極性障害などの一因になることが指摘されています!

つまり、キレたり、行動障害を起こしたり、精神疾患につながる可能性もある!っということ。

うーん、これはちょっと怖い内容ですね(汗)

っという事で…

スキンケアやエイジングケアの観点から考えても、ダイエットや体調管理の面から考えても、果糖ぶどう糖液糖(異性化糖)は白砂糖以上に避けた方が良い食材のようですね?

ちなみに、白砂糖の体や肌への影響についてはこちら!

白砂糖が体に悪いって本当?それとも嘘?よくない理由7つ

チェック
※参考 論文(外部リンク)
Fructose and uric acid as drivers of a hyperactive foraging response: A clue to behavioral disorders associated with impulsivity or mania?



動画での解説

なお、ここまでの内容を、動画でも解説しています。

知識をしっかり整理したい!なんて方は、ぜひご覧ください!



この記事を書いた人 スキンケアアドバイザー 日暮芳久(ヨシ)
スキンケアアドバイザー ヨシ
1999年バリ島に渡り、美容グッズや化粧品販売・貿易会社を設立。その後2009年、日本にて化粧品販売会社『ピュアノーブル』を設立、オーガニック化粧品ブランド『マザーウッドシリーズ』を立ち上げ現在にいたる。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でピュアノーブルをフォローしよう!