sweat

洗顔後やお風呂上がりのお肌は、無防備状態。

常在菌や皮脂膜が洗い流されているので、お肌からどんどん水分が蒸発してしまいます。

なるべく早めのスキンケアが、基本ですよね?

でも、夏のお風呂上がりは、次から次へと顔汗がダクダク流れて止まりません!

これじゃあ、スキンケアどころじゃないですよね?

そこでそこで、今回は!

夏のお風呂上がりの汗をピタッと止める!超簡単な裏ワザ的方法を3つご紹介します!


お風呂上がりに手足に冷水

足を冷たいシャワーで流す女性

夏場は、シャワーだけでも汗が引きにくいもの。

そのうえ、当店のお客さまのように、お肌や体に気をつかっている方は、夏場でも代謝を高める意味で、バスタブに浸かるケースも多いとか思います。

こうなると、体の芯まで温まっているので、なかなか汗が止まりません。

そこで、体の芯の温かみと代謝をそのままにして、汗だけを止めるには。。。

  • 足首のくるぶしから先の部分に5~10秒ほど冷水をかける
  • 手首も同じようにくるぶしから先の部分に5~10秒ほど冷水をかける

注意点としては、水をかけるのは、手足の先だけ!

体全体に水を浴びると、体が火照ってしまい逆効果になります。


首の横に濡れタオル

首の横に濡れタオルを当てて冷やす女性

首の横には、動脈が通っているので、お風呂上がりに集中的に冷やすと、面白いようにピタッと汗が止まります。

動脈を冷やすことで、全身を効果的に冷ましてくれる訳ですね?

  • 入浴前に濡れタオルを冷蔵庫で、冷やしておく
  • お風呂上がりに、濡れタオルで首の両脇を冷やす

注意点としては、首の後ろや後頭部は、あまり冷やさないこと!

この部分には、体温調節をする器官があります。

冷やし過ぎると、脳が「寒い」と勘違いして、汗がひくどころか体を熱くしてしまい逆効果になります。


氷を口に含む

キューブ型の氷4個

上記の2つで、ほとんど汗はひいているかと思います。

それでも汗が止まらない場合は、今度は体の中から!

  • お風呂上がりに、氷を1つ口に含みます

注意点としては、1つ溶けたらもう1個みたいに、連続で氷を含まないこと!

気づいた時には、冷えすぎてしまったり、頭が痛くなったりしてしまいます。


まとめ

肌美先生肌美先生

さてさて!
少し長くなりましたので、この辺でまとめますね!

お風呂上がりの顔汗が止まらない時は・・・

  1. お風呂上がりに手足の先に冷水をかける

  2. お風呂を出てから、首の横を濡れタオルで冷やす

  3. それでもダメなら、氷を1個口に含む


・・・っとこんな感じでピタッとひかせる事が出来ます。

ちなみに!
お風呂上がりのスキンケアについての詳細は、こちら!

夏のお風呂上がりのスキンケア!化粧水が汗で流れる時、どうする?


チェック

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でピュアノーブルをフォローしよう!