kafun

先日、お客さまから、こんなお問い合せを頂きました。

最近、花粉症で鼻をかみすぎて肌荒れがひどく、鼻の回りだけ乾燥してカサカサになったり、皮がむけたりしてしまいます。

そんな時に、お肌に良いスキンケアの方法はありますか?

このページでは、お医者さま監修のもと、花粉症など、鼻のかみすぎで皮がむけてしまった際のスキンケアについてお話します!

私の方は、花粉症はないのですが、風邪をひくと長い上に鼻に来てしまいます。

鼻のかみすぎでカサカサと皮むけになってしまう!そんなお気持ち分かりますよー(^_^;)

鼻の周りのカサカサ&ヒリヒリ、1番の対策は?

鼻水が出ると、対処法はやっぱりティッシュで拭いたり鼻をかむしかないのですが、そうなると、どうしてもクリームのフタや皮脂、そしてお肌の水分を吸い取ってしまうんですよね。

結果、鼻の周りがカサカサしたり、赤くなったり。

それがひどくなると、今度は皮がむけ、ヒリヒリしたりかさぶたになってしまったり・・・。

kafun

さてさて、こんな時なんですが、保湿クリームを持ち歩いて、こまめに塗ってあげるのが一番なんですよね。

女性の場合、メイクをしている時などは、さらに下地を塗りなおして、メイクを直すという形になってしまうと思うのですが。

小さな容器にクリームを小分けして頂くと便利かと思います。

小さなクリーム容器

化粧水や乳液を含ませた、便利なティッシュなども販売されているようですね?

ただ、界面活性剤が多く含まれていることもあるようですので、個人的にはあんまりおすすめ出来ないかな?なんて思っております。

就寝前のケアは念入りに!

そして、最後にもう1点気オススメなのが、就寝前のケアを念入りにしてあげること。

乾燥肌の方のスキンケアのように、お肌に送り込む水分は多めに、そして、やや多めのクリームでお鼻の周りに保護膜を張ってあげる。

こうして、寝てる間に、少しでも鼻周りのお肌の回復を促してあげましょう!


ただし!
荒れすぎて水分が沁みてしまう場合は、化粧水や美容液などの水分系のアイテムは使わずに、保湿クリームだけを荒れてる部分に塗って、しっかりお肌を保護ケアをしてあげましょう。

古典的な方法でがっかりされるかもしれませんが、こんなスキンケアが、回復への一番の早道かな?なんて思っています。

ちなみに!
保湿クリームやさらに詳しい乾燥と肌荒れ対策は、下記からどうぞー。

ナチュラルな保湿クリームで肌荒れケア!

乾燥肌の3つの原因と8つの対策&改善法


チェック

聴診器

監修:大塚真紀(医師・医学博士)
東京大学大学院医学系研究科卒。
内科、腎臓、透析の専門医。
現在は育児の傍ら、医師という職業を生かし、医療系記事の執筆・監修、最新医学論文の翻訳、医療コラムの作成に従事。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でピュアノーブルをフォローしよう!