肌の乾燥を気にして鏡を覗き込む女性

肌の乾燥で顔がヒリヒリ痛い!なんて時の対策とスキンケア法

先日、乾燥で顔がヒリヒリ痛いというお客さまに、オイルケアをオススメしたところ。

こんなご質問を頂きました・・・

さっそくオイルケアを試してみましたが、これならヒリつく時も沁みずに保湿出来るようです。

このまま早く回復したいと思っているのですが、この他には気をつけるべき点はありませんか?

日常生活で出来る対策とか、スキンケアで気をつける点があれば教えてください。

乾燥でお肌がヒリヒリになってしまった時!

オイルやクリームなどの油性アイテムで、保護してあげるだけで、お肌がしっかり自己修復してくれるケースも多いかと思います。

でも、ちょっとしたポイントをおさえてあげれば、確かにもっと回復が早まるかも?

そこでこのページでは!
肌の乾燥で顔がヒリヒリ痛い!なんて時の対策とスキンケア法についてまとめてみました。

肌美先生
肌美先生
スペシャリスト

4分ぐらいで、簡単に読み終わるかと思います。
どうぞ最後までおつき合いください!

そもそも肌の乾燥で顔が痛くなる原因は?

鏡で肌をチェックする女性とひび割れた大地のイメージ

肌が乾燥し始めると、お肌はカサカサとかさつき始めます。

そして、さらに乾燥が進むと、だんだん粉を吹いて来るんですよねー。

コレって、表面の角質が、少しずつ剥がれている状態。

薄ーく薄く皮が剥けている状態!って事ですよね?

つまり、何が言いたいかというと・・・

乾燥が進むと、顔が軽く擦りむけたような状態になってしまう!という事。

これでは、乾燥で顔がヒリヒリ痛くなるのも当然ですよね?


ではでは!
実際に顔がヒリヒリ状態になってしまったら、どんな風に対策すれば良いのでしょうか?

乾燥で顔がヒリヒリする時の対策は?

加湿器とエアコンの風量調整

自分で出来る対策は、大きく分けると次の4つ!

    顔がヒリつく時の4つの対策!
  1. これ以上乾燥させない
  2. 油膜で保護する
  3. 刺激を与えない
  4. 角質を修復する
知美さん
知美さん
アシスタント

それぞれ、見て行きましょう!


1,これ以上乾燥させない

まずは当然ですが、これ以上乾燥させないこと!

加湿器やディフューザーを導入して湿度を管理したり、暖房やエアコンなどの風が直接顔に当たらないようにしたり。

日常生活でできる、当たり前のことで、まずはお肌の乾燥を防いであげましょう。


2,油膜で保護する

擦りむけ状態のお肌に、一番良いのは実は油膜!

乾燥を防ぎながら、傷んだお肌を保護してくれます。

オイルやクリームなどの油性のアイテムを使って、しっかりお肌を保護してあげましょう。


3,刺激を与えない

痛みがある時は、これ以上お肌を刺激しないことも大切!

ヒリつきがあるのに、紫外線に当たったりしないこと。

また、ヒリヒリしているのにピーリングをしたり、パックをしたり余計なケアをしないこと。


4,角質を修復する

そして、「これ以上乾燥させない」「油膜で保護する」「刺激を与えない」の3つの対策を辛抱強く続けて、角質を修復してあげること!

すると、ヒリヒリとした痛みは徐々に引き、お肌はだんだんふっくらした状態に戻っていくかと思います。

顔がヒリヒリ痛い時の具体的なスキンケア法は?

洗顔する女性と美容オイルと保湿クリーム

ではでは、顔がヒリヒリしている時の、スキンケアのポイントは?

メイク、洗顔、保湿の面からそれぞれ見ていきましょう!


1,ヒリつき時のメイクについて

顔がヒリヒリしている時は、出来ればメイクはしないのが、回復の早道!

「メイクしても、そんなに変わらないでしょ?」なんて意見もあると思います。

でも、メイク自体がお肌を乾燥させますし、落とす時のクレンジングがまた、ひどい乾燥を招きます。

もし、どうしてもメイクしなきゃ!なんて時も、できれば水で落ちるメイク、少なくとも軽い石鹸洗顔で落ちるようなメイクを心がけましょう。


2,ヒリつき時の洗顔法について

洗顔も出来れば、しない方がお肌のヒリつきが早くおさまります。

もしどうしても、洗わないと気持ち悪い!なんて時は、洗顔料を使わずに水や30~35度ぐらいの少しヒヤッとするようなぬるま湯だけで、洗顔すると刺激や乾燥が少なくて済みます。

メイクをした時でも、石鹸洗顔までにとどめるようにしてあげると良いでしょう。


3,ヒリつき時の保湿について

保湿といえば、化粧水や美容液で水分や有効成分などをたっぷり補って、オイルや保湿クリームなどでピタッとフタをする!というのが基本ですよね?

でも、顔がヒリヒリしている時は、水分のアイテムが沁みてしまうケースがよくあります。

そんな時は!
オイルと保湿クリームだけでケアしてあげると、痛みや刺激がなくバッチリ保湿出来ます。

育子ちゃん
育子ちゃん
@勉強中

なるほど!
美容オイルで油膜を張って→保湿クリームでピタッとフタ!という感じね?

痛みが引かない時、かゆみや赤みやがヒドい時は?

赤みがひどくなった皮膚と皮膚科の問診

っとこんな感じで!
肌の自己修復力をサポートするケアで、お肌のヒリヒリとした痛みは改善されるケースがほとんどかと思います。

それでも、どうしても痛みが引かない時。

かゆみや赤みがヒドい時は、かかりつけの皮膚科の先生に相談されるのも良いかと思います!

何か別の肌トラブルのケースも、ありますので・・・。

まとめ

肌美先生
肌美先生
スペシャリスト

さてさて!
少し長くなりましたので、この辺でまとめますね!

肌の乾燥で顔がヒリヒリ痛くなる原因は?
乾燥で角質が剥がれ、軽く擦りむけたような状態になるから!
対策は?
1,これ以上乾燥させない
2,油膜で保護する
3,刺激を与えない
4,角質を修復する
具体的なスキンケア法は?
1,メイクはなるべくしない
2,洗顔もしないか、洗顔料は使わず水またはぬるま湯のだけの洗顔に
3,水分が沁みる場合は、美容オイル→保湿クリームだけの保湿ケアを

さてさて、次は!
お肌のかさつきは、殺菌と洗い過ぎが原因?なんてお話!

チェック

乾燥肌についての目次に戻る


  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!