正しい日焼け止めの選び方!成分と数値から考えてみよう
このところ頂くお問い合わせの中で、増えて来ているのが、日焼け止めの選び方について。

お客様の中には、選び方を間違えて「肌荒れを起こしてしまった!」とか「にきびや吹き出物が出てきてしまった!」なんてケースもあったそうです(^_^;)

そこで、今回は、日焼け止めの正しい選び方について、簡単にまとめさせて頂きます!

ヨシヨシ

3分ほどで簡単に読み終わると思います。
ぜひ最後までおつき合いください!


成分から考える日焼け止めの選び方

成分から考える日焼け止めの選び方

日焼け止めを選ぶ時は、まずは何より成分を見て選ぶのがオススメ!

日差しから肌を防御する成分についてなのですが、これには大きく分けて2つの種類の成分があります。

1つは、紫外線を反射させる紫外線散乱剤。

そして、もう1つは紫外線を吸収してしまう、紫外線吸収剤。

それぞれの成分には、こんな短所と長所があります!

紫外線散乱剤
  • 長所:肌への刺激が少ない
  • 短所:白浮きする、紫外線を防ぐ力がそこまで強くない
紫外線吸収剤
  • 長所:紫外線を防ぐ力が強力
  • 短所:肌への刺激が強い
つまり、塗ると白くなっちゃうし、そんなに長く日に当たれないけど、肌に優しいのが、紫外線散乱剤。

逆に、日には長く当たれるけど、肌に刺激が強いのが紫外線吸収剤って事。

っと、ここまで見てくると、日焼け止めで肌トラブルを起こしてしまった理由が、分かる感じがしませんか?

当店のようなナチュラルコスメをお選びになるお客さまって、きっと肌が敏感な方やトラブルを起こしやすい方が多いと思うんです。

そんな方たちが、紫外線吸収剤を多く含んだアイテムを使用したら、きっと肌に刺激になってしまいますよね?

数値から考える日焼け止めの選び方

数値から考える日焼け止めの選び方
では、紫外線吸収剤を多く含んだアイテムって、どんなアイテムかというと、紫外線を防ぐ力が強いのですから、当然SPF値やPA値が高いアイテムですよね?

実際には…

SPF20~30以下・PA++以下
  • 紫外線散乱剤のみを使用して作られた日焼け止め
SPF40前後、PA+++程度
  • 紫外線吸収剤と紫外線散乱剤を併用している日焼け止め
SPF50、PA++++以上
  • 紫外線吸収剤の配合が多く、肌への刺激も強い日焼け止め
っとこんな感じで…

日焼け止めのトラブルを防止を考えるとしたら、日常使いには、SPF20~30以下、PA++以下ぐらい!(紫外線吸収剤不使用=ノンケミカルのアイテム)

テニスやゴルフ、ビーチやプールなど1日中陽射しを浴びる時には、ポイント使いで、SPF40前後、PA+++ぐらい!

…こんな選び方で、良いのではないでしょうか?

上手な日焼け止めの使い方

上手な日焼け止めの使い方
そして、最後に上手な日焼け止めの使い方についてちょっとだけ!

SPF値やPA値の高いアイテムを使用するよりも、やや低めの日焼け止めを使用して…
  1. ムラなく塗ってあげる
  2. こまめに塗り直してあげる(汗や皮脂で流れてしまうため)
こんな風に使ってあげる事が、肌への刺激を抑えつつ、紫外線を防御する、最も効果的な方法ではないでしょうか?

なお、日焼け止め塗り直しなど、さらに詳しい使い方についてはコチラ!


この記事を書いた人 スキンケアアドバイザー 日暮芳久(ヨシ)
スキンケアアドバイザー ヨシ
1999年バリ島に渡り、美容グッズや化粧品販売・貿易会社を設立。その後2009年、日本にて化粧品販売会社『ピュアノーブル』を設立、オーガニック化粧品ブランド『マザーウッドシリーズ』を立ち上げ現在にいたる。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でピュアノーブルをフォローしよう!