水道水ってそのまま飲んでも大丈夫?塩素の害って肌や体にないの?

先日、当店のスキンケアコラムで「水道水と肌荒れ」についてお話しました!

水道水の塩素が、肌荒れの原因になっているケースがよくある!なんてお話でしたね。

水道水の塩素が肌荒れの原因になるって本当?簡単な対策は?

すると、コラムを見たお客さまから、こんなお問い合わせを頂きました!

…いつもメルマガ、ありがとうございます。

すごく勉強になっています。

ところで質問なのですが、水道水はそのまま飲んでも大丈夫なものでしょうか?

肌荒れの原因になるもの、飲んでいて平気なのか気になったもので。

検索してみると、飲んでも大丈夫なようですが、飲むと害になるという内容もあります。

実際のところ、皆さんどうされてますか?

こちらこそ、いつもありがとうございます!

さてさて、さっそくですが…

ズバリ結論から言ってしまうと、水道水はそのまま飲んでも大丈夫ですし、害もないそうです!

ただしボクの場合、かれこれ20年以上、そのままでは飲んでいません!

スタッフも全員、弊社勤務になってからは浄水器などを使っています。

『えっ?害がないのにどうして?』なーんて、ツッコミが入りそうですね?

そこでそこで、今回は!

水道水ってそのまま飲んでも大丈夫?塩素の害って肌や体にないの?なんてお話!

ヨシヨシ

3分ほどで簡単に読み終わると思います。
ぜひ最後までおつき合いください!


そもそも水道水ってそのまま飲んでも大丈夫なの?

水道水と行政機関

それではまずは、水道水はそのまま飲んでも大丈夫なの?なんてお話から!

水道水の問題で一番気になるのは、残留塩素の問題ですよね?

WHO(世界保健機関)の飲料水水質ガイドラインによると、水道水の残留塩素が100リットル中5g(5mg/L)以下であれば、毎日飲み続けても健康に影響はないとされています。

これに対し、日本の水道水の場合、例えば東京都なら、残留塩素の量を0.1mg/L~0.4mg/Lに設定しているそうです。

WHOのガイドラインに比べたら、わずか2%から12.5%のわずかな量!

これなら、安全性に問題はなさそうですね?

実際に残留塩素の安全性については、厚生労働省をはじめ、各都道府県の水道局にもハッキリと表記がありますので、まず問題はないかと思います!

※参考(外部リンク)
残留塩素の低減化 | 東京都水道局
水道法第4条及び第22条等の関係について | 厚生労働省

どうして水道水をそのまま飲まないの?

どうして水道水を浄水器にかけるのか?

ではでは、なぜ安全なのに水道水をそのまま飲まないのか?

理由は3つあります!
 
安全でも水道水をそのまま飲まない理由
  1. 肌荒れする水は飲みたくない
  2. 腸内の善玉菌は大丈夫なのか?と考えた
  3. 台所漂白剤を薄めて飲みたくない
(※これはボク自身の好みの問題で、とくに根拠があるという訳ではありませんので、その辺はあらかじめご了承ください!)

肌荒れする水は飲みたくない

1つ目の理由が、やっぱり肌荒れする水は飲みたくない!と考えたから!

20年前頃2000年の時点でも、水道水は安全だというアナウンスはありました。

ただし一方で、美容部員の間では、残留塩素がしばしば肌トラブルの原因になることは、けっこう有名なお話でした。

そうなると、お問い合わせ頂いたお客さまのように…

やっぱり「肌荒れの原因になるもの、飲みたくないなー」と感じますよね?

腸内の善玉菌は大丈夫なのか?と考えた

水道水と腸内フローラ

そして2つ目の理由が、腸内の善玉菌は大丈夫なのか?と考えたから!

1990~2000年頃はちょうど、腸内細菌が免疫や体、肌のコンディションに影響を与える!という考え方が、医師を中心に紹介されはじめた頃でした。

現在では常識的なお話ですが、当時のボクは今ほど詳しい知識はないものの、漠然と…

「殺菌剤の入った水道水をそのまま飲んで、腸内細菌は大丈夫なの?」と考えた訳です。

台所漂白剤を薄めて飲みたくない

3つ目の理由が、これが決め手になるのですが、台所漂白剤を薄めて飲みたくないと考えたから!

じつは、水道水を消毒している「次亜塩素酸ナトリウム」は、台所漂白剤やお風呂のカビ取り剤などの主成分なんです。

そういった物を、いくら安全な濃度だからといって、あまり飲みたくないなと感じたから!

言われてみれば、なるほど!という感じですよね?

ではでは次に、水道水の塩素をめぐる、最近の動きを見ていきましょう。

水道水の塩素をめぐる最近の動き

水道とドイツ議会

まずは、海外の動きから…

ドイツやオランダでは水道水に塩素を入れるのは禁止

ヨーロッパでは、水道水を塩素で消毒しない方向に動いているようです。

ドイツでは、1991年の水道法改定で、飲料水の塩素消毒は一切禁止されています!

代わりに、オゾン処理や紫外線処理など、新たな消毒技術が導入されています。

オランダでも2005年を最後に、次亜塩素酸ナトリウムでの消毒を全面的に停止しています。

現在は、ニ酸化塩素と紫外線照射を併用して消毒を行い、将来的に塩素の完全不使用に向けて動いているようです。

※参考(外部リンク)
ドイツの硬水と健康 – ドイツ生活情報満載!ドイツニュースダイジェスト
オランダにおける塩素を使用しない水道システムの管理(論文 PDF)

日本でも塩素を使わない水道水消毒の技術を模索中

さらに、日本でも現在、塩素を使わない水道消毒技術の開発!

そんな動きが、活発化しているようです。

残留塩素ゼロを目指して、様々な研究開発が進んでいるようです。

我が国の技術力ならきっと、世界一美味しくて世界一安全な水道水を供給してくれるのではないでしょうか?

※参考 研究発表(外部リンク PDF)
残留塩素に依存しない新しい水道システムの構築に向けて

動画での解説

なお、ここまでのさらに突っ込んだ内容を、動画でも解説しています。

もっと詳しく知りたい!なんて方は、ぜひご覧ください!
 

まとめ

さてさて「水道水ってそのまま飲んでも大丈夫?塩素の害って肌や体にないの?」なんてテーマでお話してきました!

世界中を見回しても、安全でそのまま飲める日本の水道水って素晴らしいと思います!

ただし、世界や最近の日本の動きを見る限り、まだまだベリーベストではないのかもしれませんね?

そこで!
対策の必要を感じるかも?なんて方は、塩素を除去できる浄水器のような物を設置しても良いかもしれませんね?


高価なものじゃなくて、リーズナブルなものでかまいませんし。

ウォーターサーバーのように、ランニングコストが高いものも必要ありません!

このページが健やかな肌のインナーケアのために、少しでも参考になれれば嬉しいです。

ヨシヨシ

ではでは、お次は冒頭でも触れました『水道水の塩素が肌荒れの原因になるって本当?』なんてお話です。
こちらも、ぜひ読んでみてください!


水道水の塩素が肌荒れの原因になるって本当?簡単な対策は?

この記事を書いた人 スキンケアアドバイザー 日暮芳久(ヨシ)
登場人物B
1999年バリ島に渡り、美容グッズや化粧品販売・貿易会社を設立。その後2009年、日本にて化粧品販売会社『ピュアノーブル』を設立、オーガニック化粧品ブランド『マザーウッドシリーズ』を立ち上げ現在にいたる。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でピュアノーブルをフォローしよう!