しっとり肌の作り方!ポイントはメイク、化粧水?それとも食べ物?

しっとり肌の作り方!
ポイントはメイク、化粧水?それとも食べ物?

女性にとって、理想の美肌と言えば、ハリがあってキメの揃った、もちもち肌でしょうか?

シミやシワがなければ、もっと良いですよね?

そんな美肌の基本になるのが、じつはお肌の水分量!

つまり、水分量の多いしっとり肌をキープすることが、何よりも大切って事なんです。

そこでそこで今回は、しっとり肌の作り方について!

メイクや洗顔石鹸、化粧水や食べ物などの観点から、簡単にまとめてみました。

肌美先生
肌美先生
スペシャリスト

5分ぐらいで、ササッと読み終わるかと思います。
じっくり読んで、しっとり肌をキープしましょう!

お肌をしっとりさせるメイクのポイントは?

お肌をしっとりさせるメイクのポイントは?

さてさて、まずはメイクについて!

しっとり肌をキープするために、チェックするべきポイントは以下の4つ。

    お肌をしっとりさせるメイクの4つのポイント
  1. メイクをしない
  2. 成分を見る習慣をつける
  3. ウォータープルーフやシリコン系は避ける
  4. 下地の前に化粧水と保湿クリームを多めに使う

1,メイクをしない

お肌を乾燥させてしまう一番の原因が、じつはファンデーションとクレンジング!

ですので、お肌をしっとりさせたいなら、まずはメイクをしないのがベストです。


2,成分を見る習慣をつける

もし、どうしてもメイクが必要なら、最低でも化粧品の成分を見る習慣をつけましょう!

そのうえで、乾燥やトラブルを起こしやすい、紫外線吸収剤、乳化剤、合成ポリマーなどの成分は避けると良いでしょう。


3,ウォータープルーフやシリコン系は避ける

とくに避けたいのは、ウォータープルーフなど、シリコン系のポリマー を配合しているファンデーション!

このタイプのファンデは、とても落ちにくいので、それだけ洗浄力の強いクレンジングが必要になります。

洗浄力の強いクレンジングは、お肌の乾燥を急加速させてしまうので注意が必要です。


4,下地の前に化粧水と保湿クリームを多めに使う

ファンデーションには、お肌の水分や油分を吸い取って、乾燥させる性質があります。

しっかり下地を作ったつもりでも、すぐに乾燥してしまうのは、じつはこの辺りが原因です

一番の対策は、ファンデーションに吸着される分を、あらかじめ計算してあげること!

下地を塗る前に、化粧水をたっぷり入れて、メイクがヨレない程度に、保湿クリームを塗ってあげると良いでしょう。

しっとり肌のための洗顔石鹸の選び方&使い方

しっとり肌のための洗顔石鹸の選び方&使い方

しっとり肌をキープするため、メイクの次に気をつけるべきは洗顔石鹸!

選び方や使い方で、大切なポイントが4つあります!

    お肌をしっとりさせる洗顔石鹸の選び方&使い方
  1. 合成界面活性剤の入っていないものを選ぶ
  2. オリーブオイルベースの物を選ぶ
  3. 1度洗いで済ませる
  4. すすぐ時のお湯の温度に気をつける

1,合成界面活性剤の入っていないものを選ぶ

合成界面活性剤は、洗浄力が強すぎてお肌を乾燥させてしまいます。

洗顔石鹸を選ぶ時は、合成界面活性剤の入っていないもの、できれば純石鹸や無添加石鹸がおすすめです。


2,オリーブオイルベースの洗顔石鹸を選ぶ

純石鹸や無添加石鹸の中でも、オリーブオイルが主成分のアイテムは、特にお肌をしっとり洗い上げてくれます。

成分をよく見て、オリーブオイルベースの洗顔石鹸をチョイスすると良いでしょう。


3,一度洗いで済ませる

オリーブオイルベースの洗顔石鹸を選んでも、何度も何度も洗顔してしまったら、やっぱりお肌を乾燥させてしまいます。

強く擦りすぎないように気をつけながら、一度洗いでしっかり汚れを落とすように心がけましょう。


4,すすぐ時のお湯の温度に気をつける

石鹸をすすぐ時のお湯の温度が高すぎると、お肌を乾燥させてしまいます。

洗顔時の水温は、シャワーのように温かいと感じる温度だとちょっと高すぎ!

適温は30〜35度くらいの、少しヒヤッとするくらいの温度にすると良いでしょう。

しっとり肌のための化粧水の選び方&使い方

しっとり肌のための化粧水の選び方&使い方

洗顔石鹸の次に、気をつけたいのは化粧水!

しっとりお肌をキープするためには、以下4つのポイントがあります。

    お肌をしっとりさせる化粧水の選び方&使い方
  1. 乳化剤の入っていないものを選ぶ
  2. 収れん化粧水は使わない
  3. 化粧水は少量ずつ重ね付けする
  4. 過乾燥に気をつける

1,乳化剤の入っていないものを選ぶ

乳化剤は、合成界面活性剤と同じ成分です!

乳化剤が入っていると、お肌を乾燥させてしまうので、入っていない化粧水を選ぶと良いでしょう。


2,収れん化粧水は使わない

肌を引き締めるため、収れん化粧水を使っている!というお話を聞くことがあるのですが。

収れん化粧水には、大量のアルコールが入っているので、お肌の乾燥を招きます。

しっとり肌を目指すなら、収れん化粧水は使わないようにしましょう。


3,化粧水は少量ずつ重ね付けする

化粧水を肌に入れる時は、たっぷり入れてあげるのが基本ですよね?

でも、一度にたっぷり入れると、手からこぼれてしまったり、蒸発してしまったりします。

そこで、少量ずつ何度かに分けて、重ね付けしてあげると良いでしょう。


4,過乾燥に気をつける

化粧水を重ね付けしても、フタをしなかったり、フタをするまで時間がかかってしまうと、かえって乾燥してしまいます。

過乾燥状態を防ぐためにも、化粧水をお肌に入れたら、なるべく早くオイルやクリームなどの油分のアイテムで、しっかりフタをしてあげましょう。

お肌をしっとりさせる食べ物は?

お肌をしっとりさせる食べ物は?

ではでは、最後は食べ物について!

お肌の中で、水分をキープしてくれるのは、セラミドやNMFなどの天然保湿因子!

お肌をしっとりさせる食事を考えるなら、セラミドやNMFを増やす食べ物を考えてあげれば良いですよね?

そんな風に、食べ物や栄養を考えて行くと、こんな感じになります。

    お肌をしっとりさせる食べ物と栄養素
  1. セラミドの原料になるオメガ3とビタミンD
  2. NMFの原料になる必須アミノ酸
  3. ビタミンA,B群,C,E

オメガ3とビタミンD

セラミドの原料になるのが、オメガ3脂肪酸とビタミン D。

オメガ3脂肪酸は、魚、亜麻仁油、えごま油などに多く含まれています。

ビタミンDは、魚に多く含まれています。


このあたりの食材を、意識して摂りたいところですね。


必須アミノ酸

NMFの原料になるのは、20種類のアミノ酸 !

このうちの9種類は、必須アミノ酸と呼ばれ体内で作ることができません。

しっとりお肌の素のNMFを増やすには、 魚類、肉類、卵、牛乳、ヨーグルトなど必須アミノ酸が多く含まれる食材を、意識して摂ると良いでしょう。


ビタミンA,B群,C,E

お肌の代謝やターンオーバーを整えて、セラミドやNMFを増やすサポートをしてくれるのが、ビタミンA,B群,C,Eなどのビタミン類。

毎回の食事で、ビタミン類を豊富に含む新鮮な緑黄色野菜を、バランス良く摂ると良いでしょう。

まとめ

肌美先生
肌美先生
スペシャリスト

さてさて!
少し長くなりましたので、この辺でまとめますね!

お肌をしっとりさせるメイクの方法は?
・メイクはしない
・成分を見る習慣をつける
・シリコン系は使わない
・下地の前に化粧水と保湿クリームを多めに使う
上手な洗顔石鹸の選び方&使い方
・合成界面活性剤の入っていないものを選ぶ
・オリーブオイルベースの物を選ぶ
・1度洗いで済ませる
・すすぐ時のお湯の温度に気をつける
上手な化粧水の選び方&使い方は?
・乳化剤の入っていないものを選ぶ
・収れん化粧水は使わない
・少量を重ね付けする
・過乾燥に気をつける
お肌をしっとりさせる食べ物は?
・セラミドの原料になるオメガ3とビタミンD
・NMFの原料になるの必須アミノ酸
・ビタミンA,B群,C,E

っとこんな感じで、しっとり肌の作り方ついて、お話させて頂きました!

さてさて次は!
もうワンステップ進んで、お肌のキメを整える方法についてです。

ポイント

オーガニックスキンケアの目次に戻る


  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!