インナードライと化粧水!つけすぎはダメ?おすすめタイプは?

インナードライと化粧水!
つけすぎはダメ?おすすめタイプは?

「インナードライ肌に、化粧水をつけすぎるとよくないって本当ですか?」

「インナードライには、どんなタイプの化粧水がおすすめでしょうか?」

どんなタイプの化粧水が良いの? 当店の化粧品をお試しになる前のお客さまから、よくそんなご相談を受けます。

よくよくお話を聞いてみると…

肌が皮脂でベタついているのに、肌の乾きを感じてしまう。

ひどい時には、化粧水が浸透しないし、乾燥でつっぱり過ぎて痛い!なんて方も…


確かにこれでは、どうやってケアして良いか、分からなくなってしまいますよね?

そこでこのページでは、インナードライにおすすめの化粧水の使い方や選び方についてお話したいと思います。

肌美先生
肌美先生
スペシャリスト

4分ほどで簡単に読めると思います。
どうぞ、最後までお付き合いください!

そもそもインナードライ肌って、どんな肌質?

さてさて、まずは「インナードライ肌って、どんな肌質?」なんてお話から!

「もう知ってる!」なんて方も多いと思いますが、簡単に整理していきましょう!

インナードライ肌とは、肌表面は皮脂でベタついているのに、肌の内側が乾いている状態の肌の事。
(→インナードライ

『ベタベタなのに、乾燥???』

一見矛盾しているように見えますが、どうして、そんな状態になってしまったのでしょうか?

じつは、肌の水分量が少ないため、これ以上の水分蒸発を防ごうと、肌が過剰に皮脂を分泌してしまっているんですね。

つまり、インナードライ肌とは、『肌の中の水分不足が原因で、皮脂過剰になった肌!』の事。

インナードライ肌の断面図

ではでは、そんな肌状態で化粧水を使うとき、どんな点に注意すればよいのでしょうか?

目次に戻る

インナードライに化粧水のつけすぎはよくないって本当?

インナードライに化粧水のつけすぎはよくないって本当?

一番の注意点は、インナードライの時は化粧水をつけすぎないこと!

「えっ?肌の内側が乾いてるんだから、化粧水をタップリつけた方が良いのでは?」

なーんて声も聞こえて来そうですね。

確かに化粧水はタップリ使った方が良いのですが、つけすぎるとかなりの量が肌から蒸発します。

じつはこの時に、肌の中の水分も、一緒に連れて蒸発してしまうんです。

その結果、肌は化粧水をつける前よりも乾燥してしまう!なんてことになりかねません。


まずは、化粧水をつけすぎないこと!

それでも、どうしても化粧水をタップリつけたい!なんて時は、乾燥を防ぐために少量ずつ重ねづけすること。

    POINT!
  • 化粧水をつけすぎないこと!
  • タップリつけたい時は、乾燥を防ぐために少量ずつ重ねづけすること!
知美さん
知美さん
アシスタント

インナードライ肌の方は、保湿のしすぎに注意!
この2点、気をつけたいですね。

目次に戻る

インナードライ肌におすすめの化粧水はどんなタイプ?

インナードライ肌におすすめの化粧水はどんなタイプ?

ではではつぎに!

インナードライ肌には、どんなタイプの化粧水がおすすめなの?なんてお話。

まずは、保湿化粧水から見ていきましょう!

目次に戻る

保湿化粧水の2つのタイプ

エイジング対策や美白系、収れんタイプや拭き取りタイプetc.

化粧水にも色々ありますが、インナードライのケアに適しているのは、もちろん保湿化粧水や一般化粧水と呼ばれる、ノーマルタイプのアイテムです!

さらに、この保湿化粧水も、じつは、ザックリ分けると2つのタイプがあるんですね。

    保湿化粧水の2つのタイプ
  1. 肌の角質に浸透していくタイプ(角質浸透タイプ)
  2. 高分子のポリマーで肌の表面を覆うタイプ(表面しっとりタイプ)

「角質浸透タイプ」の方は、浸透しやすいように分子サイズが小さく(低分子)、肌に浸透させた後は、素早くクリームや乳液などでフタをして、潤いを肌に閉じ込めるタイプ!

浸透しやすい、サラサラなテクスチャーのアイテムが多いようです。

一方、 「表面しっとりタイプ」の化粧水は、水分を吸着した高分子のポリマーで、肌をスッポリ覆って、肌を保護したり、水分蒸発を防いだりするタイプ!

テクスチャーはいわゆる「トロトロ」で、とろみが付いてる感じでしょうか?

表面しっとりタイプの化粧水と角質浸透タイプの化粧水

目次に戻る

結局どのタイプがおすすめ?

ではでは、インナードライに適しているのは、「角質浸透タイプ」なのでしょうか?

それとも、「表面しっとりタイプ」なのでしょうか?

どちらも、角質を保護し、肌からの水分蒸発を防ぐという意味では、目的は同じなんですよね。

じつは、この辺りは化粧品会社の考え方や、各化粧品のコンセプトによる部分が大きいんです!

「角質浸透タイプ」の方が、肌の保護力や水分蒸発を防ぐチカラが強いので、インナードライに良いと考える化粧品やメーカーもあります。

逆に、「表面しっとりタイプ」の方が、より肌の保護力や水分蒸発を防げるので、インナードライに良いという考え方を持っている化粧品やメーカーもあります。

ピュアノーブルは角質浸透タイプ

当店の場合は。。。
「角質浸透タイプ」の方がインナードライに良いのではないか?という考え方を持っております!


角質の内側に化粧水を浸透させ、それを皮脂に近いワックス成分の保湿クリームで閉じ込める。

そして、自然に近い状態で、肌が自らのチカラで潤うのを待つ!

そんな保湿ケアが、インナードライ肌には良いのではないかと考えています。

なお、インナードライのスキンケアや化粧水については下記を参照してください。

目次に戻る

よくあるご質問

よくあるご質問

ではでは最後に、よくある質問をちょっとだけ!

一問一答形式で、まとめてみました!


インナードライ肌に収れん化粧水を使っても大丈夫?

収れん化粧水は、あまりおすすめできません!

収れん化粧水は、アルコールを多く含んでいるため肌を乾燥させる傾向があります。

インナードライ肌は、乾燥が原因になっているので、さらにヒドくなる可能性があります。

化粧水選びの際は、収れん化粧水ではなく、普通の保湿化粧水を選びましょう!

目次に戻る


インナードライと拭き取り化粧水の相性は?

インナードライ肌の場合、拭き取り化粧水もおすすめできません!

拭き取り化粧水は、アルコールを多く含んでいるうえに、どうしても肌を擦ってしまいます。

インナードライ肌の場合は、乾燥しているうえに、角質が薄くなり敏感肌に傾いているケースも多いようです。

拭き取り化粧水は、乾燥と角質剥がれを助長してしまうので、あまりおすすめできません!

目次に戻る


インナードライで敏感肌です。化粧水は使った方が良いですか?

インナードライの場合は、化粧水を使った方が皮脂が早くおさまるケースが多いです。

ただし、敏感肌に傾いていて、化粧水が沁みる場合などは、化粧水を使わずに、オイルとクリームを使った保護ケアを続けて、化粧水が沁みなくなってから化粧水を使うようにすると良いでしょう。

目次に戻る


さてさて、こんな感じでインナードライにおすすめの化粧水についてお話してきました。

次は!
肌のほてりやつっぱりと、インナードライの関係について!

チェック!

オーガニックスキンケアのコツに戻る

動画での解説

なお、ここまでの内容を、ご紹介した動画もご用意しています。

知識をしっかり整理したい!なんて方は、ぜひご覧ください!

目次に戻る

ヨシ

この記事の監修:日暮芳久(ヨシ)
スキンケアアドバイザー
1999年バリ島に渡り、美容グッズや化粧品販売・貿易会社を設立。その後2009年、日本にて化粧品販売会社『ピュアノーブル』を設立、オーガニック化粧品ブランド『マザーウッドシリーズ』を立ち上げ現在にいたる。


  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!