インナードライと化粧水

インナードライ肌におすすめの化粧水って、どんなタイプ?

「インナードライ肌に効く化粧水って、どんなタイプですか?」

「私のような肌質には、どんなタイプの化粧水がおすすめでしょうか?」

どんなタイプの化粧水が良いの? 当店の化粧品をお試しになる前のお客さまから、よくそんなご相談を受けます。

よくよくお話を聞いてみると。。。

お肌が皮脂でベタついているのに、お肌の乾きを感じてしまう。

ひどい時には、乾燥でつっぱり過ぎて痛い!なんて方も…


確かにこれでは、どうやってケアして良いか、分からなくなってしまいますよね?

っという事で!
このページでは、インナードライと化粧水、そして、上手な保湿ケアについてお話したいと思います。

そもそもインナードライ肌って、どんな肌質?

肌美先生
肌美先生
スペシャリスト

さてさて!
まずはインナードライ肌って、どんな肌質?なんてお話から!
『もう知ってる!』なんて方も多いと思いますが、簡単に整理していきましょう!

インナードライ肌とは、肌表面は皮脂でベタついているのに、お肌の内側が乾いている状態のお肌の事。
(→インナードライ

『ベタベタなのに、乾燥???』

一見矛盾しているように見えますが、どうして、そんな状態になってしまったのでしょうか?

じつは、お肌の水分量が少ないため、これ以上の水分蒸発を防ごうと、お肌が過剰に皮脂を分泌してしまっているんですね。

つまり、インナードライ肌とは、『お肌の中の水分不足が原因で、皮脂過剰になったお肌!』の事。

インナードライ肌の断面図

ではでは、そんな状態のお肌には、どんな化粧水が向いているのでしょうか?

保湿化粧水の2つのタイプ

エイジング対策や美白系、収れんタイプや拭き取りタイプetc.

化粧水にも色々ありますが、インナードライのケアに適しているのは、もちろん保湿化粧水や一般化粧水と呼ばれる、ノーマルタイプのアイテムです!

さらに、この保湿化粧水も、じつは、ザックリ分けると2つのタイプがあるんですね。

    保湿化粧水の2つのタイプ
  1. お肌の角質に浸透していくタイプ(角質浸透タイプ)
  2. 高分子のポリマーでお肌の表面を覆うタイプ(表面しっとりタイプ)

「角質浸透タイプ」の方は、浸透しやすいように分子サイズが小さく(低分子)、お肌に浸透させた後は、素早くクリームや乳液などでフタをして、潤いをお肌に閉じ込めるタイプ!

浸透しやすい、サラサラなテクスチャーのアイテムが多いようです。

一方、 「表面しっとりタイプ」の化粧水は、水分を吸着した高分子のポリマーで、お肌をスッポリ覆って、お肌を保護したり、水分蒸発を防いだりするタイプ!

テクスチャーはいわゆる「トロトロ」で、とろみが付いてる感じでしょうか?

表面しっとりタイプの化粧水と角質浸透タイプの化粧水

結局、インナードライ肌におすすめの化粧水って、どんなタイプ?

ではでは、インナードライに適しているのは、「角質浸透タイプ」なのでしょうか?

それとも、「表面しっとりタイプ」なのでしょうか?

どちらも、角質を保護し、お肌からの水分蒸発を防ぐという意味では、目的は同じなんですよね。

じつは、この辺りは化粧品会社の考え方や、各化粧品のコンセプトによる部分が大きいんです!

「角質浸透タイプ」の方が、お肌の保護力や水分蒸発を防ぐチカラが強いので、インナードライに良いと考える化粧品やメーカーもあります。

逆に、「表面しっとりタイプ」の方が、よりお肌の保護力や水分蒸発を防げるので、インナードライに良いという考え方を持っている化粧品やメーカーもあります。

ピュアノーブルは角質浸透タイプ

当店の場合は。。。
「角質浸透タイプ」の方がインナードライに良いのではないか?という考え方を持っております!


角質の内側に化粧水を浸透させ、それを皮脂に近いワックス成分の保湿クリームで閉じ込める。

そして、自然に近い状態で、お肌が自らのチカラで潤うのを待つ!

そんな保湿ケアが、インナードライ肌には良いのではないかと考えています。

なお、インナードライのスキンケアや化粧水については下記を参照してください。


  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!