ゆらぎ肌の原因と対策&改善法

「ゆらぎ肌で悩んでいます」
「こちらのスキンケアで、対策出来ますか?」
もしかして?

季節の変わり目になると、そんなお問い合わせを頂く事が多くなります。

もちろん、バッチリ対策出来ますよー (*^^*)v

でも、その前に!
「ゆらぎ肌」って、一体どんな肌タイプなんでしょうか?

そもそも、ゆらぎ肌ってどんな肌?

「ゆらぎ肌」は、気温や湿度の変化、環境の変化などで、急に敏感に傾いてしまう肌質の事。

ここ数年、言われるようになった新しい肌タイプなので、「初耳です!」なんて方も多いかもしれません。

急な肌荒れ、ニキビや吹き出物。

中には、昨日まで使っていた化粧品が急に合わなくなってしまったり、化粧水が滲みるようになった!なんてケースもあるようです。

突然敏感肌になるのが特徴!

環境ガラッと変わる春に特に多いのですが、夏・秋・冬と「各季節の変わり目」にも多くなります。

季節の変わり目に、急に肌の調子が悪くなったら、それは「ゆらぎ肌」かもしれませんね。

ゆらぎ肌の本当の原因って?

「ゆらぎ肌」の原因は、気温・湿度・紫外線・花粉・環境変化によるストレスなど、色々言われています。

ゆらぎ肌のきっかけ
気温&湿度、紫外線&花粉、環境の変化
でも、これって、きっかけであって、本当の原因ではないですよね?

ではでは、「ゆらぎ肌」の本当の原因って?

じつは、ちょっとした変化に順応出来ないほど、お肌のバリア機能が低下していることにあるんです!


ゆらぎ肌の原因は、バリア機能の低下!

ゆらぎ肌の対策&改善法

っという事で、「ゆらぎ肌」の対策&改善法は、1にも2にも、お肌のバリア機能を高めてあげる事ですよね?

お肌のバリア機能を高めるためには、下記の3つの流れを作ってあげる事が理想的です。

バリア機能アップの流れ
第1段階
お肌の常在菌を育て、しっかり皮脂膜を作ってもらうこと!

皮膚常在菌と皮脂膜

第2段階
常在菌を妨げない保湿アイテムと皮脂膜で、角質をガードすること!

ナチュラルな保湿アイテム

第3段階
強く育った角質で、お肌全体をガードすること!

強い角質=強い肌

つまり、常在菌を育て、皮脂膜を育て、角質を育ててあげれば良い訳ですね?

この流れを作る具体的なスキンケア対策としては、下記3つが有効です!

    POINT!
  1. お肌の殺菌や合成界面活性剤、防腐剤、保存料などの殺菌成分は控える
  2. 洗い過ぎやクレンジングなど洗浄力の強い洗顔料を控える
  3. 皮膚常在菌のバランスを崩さないアイテムで保湿・保護してあげる

まとめ

さてさて、この辺でまとめます!

「ゆらぎ肌」とは、季節の変わり目などに、急に敏感に傾いてしまう肌タイプの事!

改善法は、常在菌を育て、皮脂膜を育て、角質を育てること!

具体的なスキンケア対策としては・・・

殺菌しない!洗い過ぎない!常在菌のバランスを崩さないアイテムで保湿&保護!

・・・っと、こんな感じで良いでしょうか?

殺菌しない!洗い過ぎない!常在菌のバランスを崩さない!

CHECK!
《参考》バリア機能を回復し高める5つの方法

  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line
  • メールマガジン