touka

老化によるくすみについてですが、「酸化」は聞いたことがあるのですが、「糖化」や「カルボニル化」は、初めて聞く言葉でした。

「糖化」すると、お肌はどうなるのでしょうか?
また、オススメの対策はありますか?


先日、お客さまから、そんなご質問を頂きました。

まずは、お肌のくすみについては、さっそく今月のコラムに、対策&改善法をまとめましたので、ご参考に~(o^-‘)b

お肌のくすみの7つの対策&改善方法


つぎに、本題のお肌の糖化対策について!

お肌の糖化とは、体内の余分な糖がタンパク質と結合して、化学反応を起こし変質・劣化してしまう事。

つまり、糖化の原因は、体内の余分な糖という事!

変質・劣化したタンパク質は、機能不全を起こしたり、機能停止してしまったりするのですが。。。

さらに悪い事に!
変質したタンパク質が正常なタンパク質に触れると、変質を起こしてしまうのです。


そんな、化学反応がお肌の中で起こってしまったら、コラーゲンが連鎖的に変質・劣化して、ハリや弾力、柔軟性を失ったり、変色してしまいますよね?

これが、糖化によるくすみや老化です!

(→用語集:お肌の糖化とは?


そして、一度糖化して変質してしまったタンパク質は、元には戻りませんので、改善方法と言っても、ターンオーバーを待つ以外は難しいのが現状です。

つまり、糖化の一番の対策は予防!という事になる訳ですね!


ではでは、糖化の予防法って?

糖化の原因は、体内の余分な糖ですから、
余分な糖を減らせば、糖化を予防できる訳ですよね?

つまり、糖化の予防法は血糖値のコントロール!って事。

そこでそこで、今回は!

糖化の予防&対策法として、『血糖値を上げない食事法』を4つのポイントに分けてご紹介!



1,食事前・食事中に水やお茶を飲む

食事前や食事中に水やお茶を飲む事で、血糖値の急激な上昇を抑える事が出来ます。
あまり大量に飲み過ぎると、消化が悪くなってしまいますが、適度にカロリーのない水分を摂取すると良いでしょう。

2,食べる順番を考える
野菜や繊維質、肉・魚などのタンパク質を先に胃に敷き詰めて、
血糖値を上げる炭水化物を最後にする事で、血糖値の急激な上昇を抑える事が出来ます。
下記のように食べる順番を変えると良いでしょう。

野菜→味噌汁・スープ→肉・魚→ご飯、パン、麺

3,良く噛んでゆっくり食べる
良く噛んでゆっくり食べる事で、血糖値の急激な上昇を抑える事が出来ます。
ご飯・パン・麺などの最後のシメに辿り着くまでに、20分程度を目安にすると、より血糖値の上昇を抑えられます。

4,食事の時間を考える
できれば、寝る3時間前には、食事を終わらせるコト。
満腹のままで眠ってしまうと、血糖値が高い状態で眠ってしまうため、糖化が起こりやすい状態が長時間続いてしまいます。


さてさて、糖化の対策&予防法、いかがでしたか?
ぜひぜひ、毎日の老化防止のスキンケアにお役立てくださいね!


noriko


coupon

○キレイの裏ワザをメルマガで無料配信しています!

ご購読はこちらから >>



------>8-------- チョキチョキ -------->8------


○今月の割引クーポン

※有効期間:2017年10月31日23時まで

下記クーポン番号をお買い物かごの
ところにある「クーポン番号」記入欄にご記入ください。

全ての商品を3%引きとさせていただきます。

今月の番号は・・・

1813

です。


今すぐ!



------>8-------- チョキチョキ -------->8------

ページの先頭に戻る