お肌のくすみの7つの対策&改善法

「お肌のくすみで悩んでいます・・・」
「上手な対策や改善方法を教えてください!」

寒い時期、くすみで悩んでます
秋や冬など寒い時期の新しいお客さまのお問い合わせで、 案外多いのがそんなご質問です。

じつは、お肌のくすみには、よく言われる血行不良などをはじめ、7つの原因があるってご存知でしたか?

この原因によって対策も、ガラリと変わって来るんですよ!

っという事で、このページではお肌のくすみの7つの対策と改善法を簡単にまとめてみましたー。

さっそく行ってみましょう!

    7種類のお肌のくすみ
  1. 血行不良によるくすみ
  2. 紫外線によるくすみ
  3. 不全角化によるくすみ
  4. 汚れによるくすみ
  5. 古い角質によるくすみ
  6. 肝斑によるくすみ
  7. 老化によるくすみ

原因からもっと詳しく読んでみたい!なんて方は、下記からご確認ください。

1,血行不良によるくすみ対策

まずは、くすみと言えば真っ先に思いつく、血行不良によるくすみについてです。

このくすみが起こる原因は、主に体の冷えや血液・リンパ液の循環不良!

さらにこの体の冷えや血液・リンパ液が滞ってしまう原因を探って行くと。。。

喫煙、体を冷やす食材の取り過ぎ、睡眠不足、不規則な生活リズム、運動不足、ストレス、水分の摂取不足、便秘etc.

そしてそして、これらの原因から考えると、血行不良によるくすみを改善するには下記6個の対策が有効ですね!

    血行不良対策と改善法
  • 喫煙をやめる
  • 水分を充分に摂る
  • 根菜類など体を温め便秘を改善するような食材を多く摂る
  • 生活のリズムを規則的にして、睡眠時間をたっぷり取る
  • 軽い運動などで、ストレス・コントロールをする
  • 保湿をしっかり行い、お肌の水分量をアップしてあげる

血行不良のまとめ

2,紫外線によるくすみ対策

紫外線によるくすみについては、
主に紫外線A波とそれによって発生した活性酸素がくすみの原因になっています。

つまり、紫外線対策と活性酸素対策が、そのままくすみ対策になるという事!

結果、紫外線によるくすみの対策&改善法は下記の3点になります。

    紫外線対策と改善法
  • 日焼け止めはもちろん、日傘や帽子、長袖の着用などで紫外線対策をする
  • ビタミンC・E、ベータカロチン、ポリフェノールなどを含む野菜や果物を多く摂る
  • 保湿をしっかり行い、お肌の水分量をアップしてあげる

紫外線のまとめ

3,不全角化によるくすみ対策

こちらのタイプについては、不全角化自体を何とかしない限り、くすみの改善も望めません!

不全角化対策、つまり、ビニール肌対策が、そのままこのくすみの改善法になります。

ビニール肌の対策は、別のページにもまとめてありますが、簡単にまとめると次の8点になります!
(→ビニール肌の改善法と角質培養について

    不全角化対策&改善法
  • 油性のクリームを使って、乾燥からお肌を保護する
  • 洗い過ぎない
  • 毛穴ケアをしない
  • ピーリングやスクラブをしない = 角質を剥がす行為はしない
  • お肌を拭く時はゴシゴシ擦らずに、タオルに吸い取らせるように優しく拭き取る
  • 化粧水や美容液はハンドプレスで = 叩いたりコットンを使うと刺激になるので避ける
  • お肌に優しく、自分の肌質に合った基礎化粧品を選ぶ
  • お肌に優しく、落ちやすいメイクアップ化粧品を選ぶ

不全角化のまとめ

4,汚れによるくすみ対策

汚れがお肌にたまると、煤けたようにくすんで見えたり、ひどくなると、肌トラブルを引き起こしたりします。

このタイプのくすみについては、結局良く洗えば良い訳なのですが、洗い過ぎてしまうと、今度は肌荒れを起こしたり、ひどくなると不全角化なんて事にも!

つまり、汚れによるくすみの対策&改善法は、下記の1点に絞られます。

    汚れ対策&改善法
  • 汚れが落ちるギリギリのラインを狙って、肌の負担を最小限に抑えて洗顔する

汚れ対策のまとめ

5,古い角質によるくすみ対策

お肌に継続的に刺激を与え続けると、お肌は角質を厚くして自らを守ろうとします。

良くあるケースが、厚いメイク・強い洗浄剤の繰り返し使用、肌がガサガサになったところで、スクラブやピーリングという感じでしょうか?

こういった刺激への防御反応として厚くなってしまった角質は、当然、透明感のようなものとは程遠いですので、強くくすんだお肌になってしまいます。

さてさて、このような状態になってしまったお肌を改善する対策は、下記の4点になるでしょうか?

    古い角質対策&改善法
  • メイクを落ちやすく軽い物に切り替える
  • 洗浄剤や洗顔料を弱い物に切り替える
  • スクラブやピーリングなど、角質に刺激になる事をしない
  • お肌のターンオーバーの正常化を助けるため、しっかり保湿をする

古い角質のまとめ

6,肝斑によるくすみ対策

肝斑とは、頬骨から目の周りにかけて左右対称に広がるシミやくすみ!

スキンケアで対策するのが難しい、という事でも知られていますよね?
ただし、治療法が確立されています。

トラネキサム酸やビタミンCの内服が、かなり効果的なようですので、まずは、かかりつけの皮膚科の先生に相談されると良いかと思います。

っという事で、肝斑によるくすみの対策&改善法は。。。

    肝斑対策&改善法
  • 皮膚科に行って、内服薬をもらって治療する

肝斑のまとめ

7,老化によるくすみ対策

老化によるくすみの特徴は、お肌が黄色く煤けたように見えてしまう事。
いわゆる、黄ぐすみと言われる状態です。
(→黄ぐすみ

この黄ぐすみの主な原因は、活性酸素によるお肌の酸化、そして、体内の余分な糖がタンパク質と結びつくお肌の糖化、さらに、酸化した脂質とタンパク質が結びつくカルボニル化など。
(→肌の酸化 , 肌の糖化 , カルボニル化

つまり、酸化・糖化・カルボニル化対策がそのまま、老化によるくすみの対策&改善法になるという事ですね?

具体的には、以下の7点になるかと思います。

    老化対策&改善法
  • 日焼け止めはもちろん、日傘や帽子、長袖の着用などで紫外線対策をする
  • ビタミンC・E、ベータカロチン、ポリフェノールなどを含む野菜や果物を多く摂る
  • 添加物や農薬などの環境汚染物質を避ける
  • 喫煙をやめる
  • 炭水化物の過剰摂取をしない
  • 脂質の過剰摂取をしない
  • 保湿をしっかり行い、お肌の水分量をアップしてあげる

老化のまとめ

  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line
  • メールマガジン