すっぴんでもお肌の透明感のある女性

肌の透明感を作るお手入れ方法!
洗顔やスキンケアから食べ物まで

このページでは、肌の透明感を作るお手入れ方法について簡単にまとめました!

色白でシミも少ないのに、何だか透明感がない。

そんな肌質って、けっこうあるものですよね?

先日お客さまから、こんなお問い合わせを頂きました。

この前、久しぶりに会った友人の肌に、びっくりしてしまいました。

テニス焼けで真っ黒なのに、なぜか私より透明感がある気がして。

私の方は、紫外線対策もしっかりしていて、色白でシミも少ないのに…ちょっとショックです。

肌の透明感を出すには、どうしたら良いのでしょうか?

色白の私より、日焼けした友人の方が透明感があるのはナゼ?

うーん…
せっかく頑張って、紫外線対策やスキンケアして来たのに…

これは、ちょっとショックですね?

肌の透明感がほしい!なんて気持ち、お察しします。

肌美先生
肌美先生
スペシャリスト

ただ!
大切なのは、「色の白さ」だけじゃないんですよー!

白さだけじゃない!透明感のある肌とは?

それでは、お肌の透明感の正体って、いったい何なのでしょう?

じつは!
透明感のある肌とは、『光を均一にたくさん反射する肌』の事!


「光をたくさん反射する」という面では、「白さ」はとっても大切ですよね?

でも、「白さ」だけでは、充分じゃない!って事なんです。


きっと、お友達のお肌は、日焼けしていても「光を均一に反射」していたので、透明感があるように見えたんでしょうね?

ではでは、『光を均一にたくさん反射する肌』作りには、どんなお手入れが必要なのでしょうか?

光を均一にたくさん反射して、透明感アップ!
※参考 論文(外部リンク)
肌の透明感における輝度と色の影響

目次に戻る

肌の透明感を作る3つのお手入れ方法

素肌の透明感をアップする3つのスキンケア

光を均一にたくさん反射させ、素肌の透明感をアップさせるには…

以下の3つのポイントをおさえた、お手入れが大切です!

    肌の透明感を作る3つのお手入れ方法
  1. 紫外線対策で美白ケア
  2. 化粧水を上手に使って肌の水分量アップ
  3. 肌のキメを整える洗顔とスキンケア
知美さん
知美さん
アシスタント

それぞれ見ていきましょう!

目次に戻る

1,紫外線対策で美白ケア

まずは、「光をたくさん反射する」ためには、もちろん色の白さも大切ですよね?

外出時には、紫外線対策を怠らない事!

まずは、日傘や帽子、ストールや長袖の衣服、手袋などを使ってしっかり対策しましょう。


日焼け止めについては、「老化防止のために使った方が良い」という意見と「肌の負担になるから、使わない方が良い」という意見があると思いますが…

ちょっとしたお出かけ程度なら、日焼け止めは使わず、日傘などで対策する!

旅行やレジャーなどで、1日中外に居るような時は、SPF15ぐらいの紫外線吸収剤不使用のもので、ウォータープルーフでない日焼け止めを使うのがオススメです。

紫外線対策も大切!

目次に戻る

2,化粧水を上手に使って肌の水分量アップ

色の白さととともに、光の反射量に関わるのが、じつは角質の水分量!

保水力が高く、水分をたっぷり含んだ角質は、たくさんの光を反射してくれます。

逆に、お肌の水分量が低下すると、光の反射が減るので、秋から冬の乾燥期には、お肌がくすんで見える訳です。

化粧水を少量ずつ重ね付けするタップリ保湿で、水分をしっかり補給してあげましょう!

    タップリ保湿のやり方
  1. 1円玉くらいの大きさの量の化粧水を手に取り、ハンドプレス
  2. 3回ほど、感触でお肌が吸い込まなくなるまで重ねづけ
  3. 10円玉くらいの大きさの量の美容液を手に取り、ハンドプレス
  4. 水分が乾ききる前に、小指の先ぐらいの量のクリームを手に取りお肌に塗りこむ

肌の水分量をアップしよう!

目次に戻る

3,肌のキメを整える洗顔とスキンケア

光を均一に反射するためには、凸凹お肌は厳禁ですよね?

そこで、お肌の肌理(きめ)を整えましょう。

お肌の肌理を整えるには、角質を剥がさない洗顔やお手入れを身につけることが大切!

メイクやクレンジングなどのダメージを最小限に抑えて、洗顔の際には洗いすぎない、お手入れの際にはこすらないようにしましょう。

    洗顔時の注意点
  • 強く擦らない
  • ダブル洗顔しない
  • 拭く時もゴシゴシ擦らず、優しく押さえて吸い取らせるように拭き取る
  • 水分が乾ききる前に、小指の先ぐらいの量のクリームを手に取りお肌に塗りこむ
    スキンケア時の注意点
  • クレンジングはなるべく使わない
  • メイクは控えるか、石鹸で落とせる落ちやすいものに変える
  • 合成界面活性剤や乳化剤など、強い刺激成分が入っていない基礎化粧品を選ぶ
  • 化粧水を使う際は手のひらでプレス、コットンで擦ったりパッティングしたりしない

スキンケアで肌理を整えよう!

目次に戻る

肌の透明感をサポートする食べ物や栄養素って?

素肌の透明感をサポートする食べ物や栄養素って?

ではでは、今度は食事について考えてみましょう!

肌の透明感をサポートしてくれるような食べ物や栄養素には、どんなものがあるのでしょうか?

    素肌の透明感をサポートする食べ物や栄養素
  1. 肌の水分量をアップする食べ物
  2. しみ・そばかすに良い食べ物

目次に戻る

1,肌の水分量をアップする食べ物

お肌の水分量を担っているのは、細胞間脂質とNMFという保湿因子!

この2つを増やしてくれる栄養素は、良質なコレステロール、ビタミンD、必須アミノ酸です。

そして、これらの栄養素がバランス良く含まれているのが、じつは魚なんです!

献立に意識して魚を増やしてあげることで、お肌の水分量アップと透明感のケアが出来そうですね?

目次に戻る

2,しみ・そばかすに良い食べ物

しみ・そばかすに良い栄養素としては、最近テレビなどで注目を集めているのがシナモン!

実験では、1日1グラムのシナモンを毎日摂ったところ、なんと1週間でシミやしわが改善されたそうです。

さらに、この他にも…

きのこ類に含まれるβ1・3グルカン、海藻類に含まれるLPS(リポ多糖)、ビタミンCなどが、しみ・そばかすに良い食べ物として知られています。

目次に戻る

肌の透明感をアップする生活習慣って?

素肌の透明感をアップする生活習慣って?

最後は、生活習慣について!

お肌の透明感をアップするためにできる事は、血行不良や冷えの対策です。

スキンケアや食べ物でケアしても、お肌の一部分が淀んでいたり、くすんでいたら、やっぱり透明感がない肌になってしまいますよね?

そこで、生活習慣を見直して、くすみの原因になる血行不良や冷えをケアしましょう!

    素肌の透明感をアップする生活習慣
  1. 適度な運動
  2. 体を冷やさない

目次に戻る

1,適度な運動

まずは、適度な運動をして、体の血行を促してあげましょう!

時速5km/20分程度のウォーキングぐらいで充分です。

最低でも、1日おきくらいには、好みの軽い運動をとり入れましょう!

目次に戻る

2,体を冷やさない

運動不足の他に、血行不良の原因になっているのが体の冷え!

冬はもちろんですが、夏でも室内はとても冷えています。

ひざ掛けやショールなどを使って、とくに下半身や首筋、肩周りを冷やさないように気をつけましょう!

目次に戻る

まとめ

肌美先生
肌美先生
スペシャリスト

さてさて!
少し長くなりましたので、この辺でまとめますね!

透明感のある肌とは?
光を均一にたくさん反射する肌の事!
お肌の透明感をアップするスキンケアは?
1,紫外線対策
2,お肌の水分量アップ
3,お肌の肌理(きめ)を整える
素肌の透明感を作る食べ物は?
魚、シナモン、きのこ類、海藻類、ビタミンC
素肌の透明感を作る生活習慣は?
1,一日おきくらいの適度な運動
2,夏でも体を冷やさない

っとこんな感じで、お肌の透明感の出し方についてお話をしてきました。

さてさて次は!
夕方に肌がくすむのはなぜ?なんてお話です。

チェック

お肌のくすみケアについての目次に戻る

動画での解説

なお、ここまでのさらに詳しい内容を、ご紹介した動画もご用意しています。

もっと詳しく知りたい!なんて方は、ぜひご覧ください!

ヨシ

この記事の監修:日暮芳久(ヨシ)
スキンケアアドバイザー
1999年バリ島に渡り、美容グッズや化粧品販売・貿易会社を設立。その後2009年、日本にて化粧品販売会社『ピュアノーブル』を設立、オーガニック化粧品ブランド『マザーウッドシリーズ』を立ち上げ現在にいたる。


  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!