スキンケアを考える時、切っても切り離せないのが食事の問題!
特に気をつけたいのが、じつは「油」。。。

そう、食用油です!

皮脂などは特に、この油の影響をモロに受けて、量や質が変化し、お肌を守る存在になったり、逆にトラブルを起こしてしまったりします。

でも、じつは!
問題は、それだけじゃないんですよー。

っという事で、今回は!
お肌と体に良い油をランキング形式でまとめてみました。

それでは、さっそく詳しく見ていきましょう!



いわしのオイル漬け


第1位:EPA・DHA(オメガ3)

お肌や体に良い油の第1位は、何と言ってもEPA・DHAという必須脂肪酸を多く含む油!

お肌の細胞膜を柔軟にしてくれるのが、じつはこのEPA・DHA。

肌細胞が柔らかくなると、老廃物の排出がスムースになり、シミが消えたり出来にくくなります。

そして、コラーゲンを作る細胞が柔らかくなると、コラーゲンの生成がスムーズになり、お肌のシワが消えたり、ハリや弾力がアップしたりします。

さらに!
細胞膜を作った後に余ったEPA・DHAは、炎症やアレルギーを抑えるホルモンの材料になります。

シミやシワに良く、ハリや弾力をアップして、肌トラブルを防いでくれるなんて、まさに魔法のような油ですよね?


さんまは良質なEPA・DHAを含む


○EPA・DHAのお肌への働き
  • シミが消えたり出来にくくなる
  • シワが消えたり出来にくくなる
  • お肌のハリや弾力がアップする
  • 炎症やアレルギーを抑え、肌トラブルを防止する

○EPA・DHAの体への働き
  • 血をサラサラにする
  • 血圧をさげる
  • 脂肪の蓄積を抑える
  • 免疫を強くする
  • 炎症やアレルギーを抑える
  • ガンを予防する
  • 神経や精神を安定させ、うつ症状を軽減する
  • 記憶力や学習能力を高める

○EPA・DHAを多く含む食品
  • サンマ、サバ、イワシ、アジなどの青魚
  • サケ、マス、タイ、ウナギなど


第2位:α-リノレン酸(オメガ3)

EPA・DHAは、魚に多く含まれている動物性の必須脂肪酸でしたが、α-リノレン酸は植物の種子や抽出した油などに多く含まれています。

じつは、このα-リノレン酸が体内に取り込まれると、体の中でEPA→DHAという順に変換されます。

つまり、α-リノレン酸は1位のEPA・DHAと同じ事なのですが、変換される割合が10%程度と少ないため2位とさせて頂きました。

とは言っても!
α-リノレン酸は、リノール酸に対抗して働くようで、アトピーや花粉症のようなリノール酸過多によるアレルギー症状には、EPA・DHAよりも、α-リノレン酸を直接摂取した方が良い!なんてデータもあるようです。

お肌や体への働きは、1位のEPA・DHAと同じです。

なお、非常に酸化しやすい性質を持っているので、ドレッシングなど、生で食べるのがオススメです。


亜麻仁油


○α-リノレン酸を多く含む油
  • 亜麻仁油(フラックスシードオイル):約60%
  • エゴマ油(シソ油):約60%
  • チアシード油:約60%

美肌も作る!亜麻仁油の5つの効能&効果



●第3位:オレイン酸(オメガ9)

お肌や体に良い油の3位は、オレイン酸を多く含む油!

オレイン酸の体への効果として、一番特徴的なのが、悪玉(LDL)コレステロールを抑える作用です。

これにより、動脈硬化や心疾患、脳疾患、血管の老化などを防ぎます。
また、血管の老化を防ぐ事から、体やお肌のあらゆる老化を防ぐ事になります。

さらに、活性酸素の攻撃から体を守る性質があるため、体やお肌の酸化を防いでくれます。

また、胃腸の働きを良くするため、便秘や消化不良などが解消されるそうです。

なお、オレイン酸は非常に酸化しにくいため、生食はもちろん、加熱調理に活用できるのも特徴です。


オリーブオイル


○オレイン酸のお肌への働き
  • 肌の老化を防ぐ
  • 肌細胞の酸化を防ぐ
  • 便秘解消による美肌作用

○オレイン酸の体への働き
  • 悪玉(LDL)コレステロールを抑える
  • 活性酸素の活動を阻害し、酸化・老化を防ぐ
  • 動脈硬化、心疾患・脳疾患を予防する
  • 腸の働きを活発にさせ、便秘を解消する

○オレイン酸を多く含む油
  • ツバキ油:約85%
  • オリーブ油:約70%
  • こめ油:40%

※紅花油ひまわり油には、オレイン酸含有率70%以上のハイオレイック種がありますが、有害成分が判明しているので外しています。
※菜種油は、オレイン酸約60%ですが、元々燃料として使われ、品種改良されたキャノーラ油にも有害成分が判明しているので外しています。



まとめ

ポイント

さてさて、こんな感じで見てくると。。。

  1. 動物性タンパク源には、肉類よりも魚類をチョイス!
  2. サラダのドレッシングには、亜麻仁油やエゴマ油を選ぶ!
  3. そして、加熱調理する際には、オリーブ油などを主に使う!
  4. (食用椿油は超高級品のため)

。。。というスタンスで行くと、お肌や体に良い油を選ぶ事が出来そうですね?


ちなみに、食べてはいけない油のお話はコチラ!

お肌と体に悪い油ワースト3




調味料と美肌の関係



noriko


coupon

○キレイの裏ワザをメルマガで無料配信しています!

ご購読はこちらから >>



------>8-------- チョキチョキ -------->8------


○今月の割引クーポン

※有効期間:2017年10月31日23時まで

下記クーポン番号をお買い物かごの
ところにある「クーポン番号」記入欄にご記入ください。

全ての商品を3%引きとさせていただきます。

今月の番号は・・・

1813

です。


今すぐ!



------>8-------- チョキチョキ -------->8------

ページの先頭に戻る