メラニン生成が止まらない? メラノサイトの暴走とは?

メラニンの生成とメラノサイトの暴走について

このページでは、お医者さま監修のもと、メラニンの生成の仕組みとメラノサイトの暴走についてお話します。
(→メラニン色素とは?

メラニンがお肌に沈着してしまう理由を考えると、結局・・・

    POINT!
  • 不要になったメラニンの排出に問題がある
  • 不要なのに、メラニンの生成が続いている

という2つの理由に絞られて来ると思います。


肌の細胞は、体の部位による違いや個人差はあるものの約28-56日で、新しい物に変わってターンオーバーして行きます。
28日経ってもシミが消えないのは?
という事は、年齢にもよりますが、仮にお肌にシミがあったとしても、数十日で無くなるのが普通の状態ですよね?


それなのに、いつまで経っても消えないという事は・・・

    POINT!
  • メラニンの排出が出来ない
  • メラニンの生成が止まらない

のどちらかの理由になるという訳です。

このページでは、メラニンの生成にスポットを当てて、簡単にお話ししたいと思います!

メラニン生成のメカニズムとは?

紫外線や強い刺激が加えられると、お肌は、ダメージから細胞を守ろうとメラノサイトという色素細胞でメラニンを生成します。

通常、その刺激が取り除かれれば、メラニンの生成も止まるはずなのですが、中には、そのままメラニンが量産され続けてしまうケースがあります。

一般的には、メラノサイトの暴走なんて言われますが、実は、これがシミの原因になっているんです。

刺激がなくてもメラニンの生成が続く

つまり、シミが消えない原因は、いつもソコにシミがあるからではなく、量産されたメラニンが留まっているからという事なんです。


ではでは、このメラノサイトの暴走という現象、なぜ起こってしまうのでしょうか?

メラノサイトが暴走する理由とは?

紫外線などで、お肌がメラニンを量産した後に、さらなるダメージがお肌を襲った時が問題なんです。

お肌は、度重なるダメージにトラウマ状態となってしまいます。

そして、今度は皮膚を厚くして、お肌をダメージから守ろうとしはじめます。


皮膚を厚くするために、お肌の中では急激な細胞分裂が始まります。

ところが、大量のメラニンを抱えている細胞は、分裂能力が落ちています。

そこで、代わりの細胞を分裂させて、急速に皮膚を厚くする訳です。

この代わりの細胞が、じつは大問題!
この時、分裂した細胞が、じつは「メラニンを作れ!と命令する細胞」のことがあるんです。

つまり、皮膚を厚くするのは良いのですが、お肌の中でメラニンを作れ!と命令する細胞が大増殖してしまいます。

まとめ

紫外線などの強烈なダメージ

お肌がメラニン色素を量産

メラニン色素を大量に抱えた細胞の分裂能力が低下

お肌にさらなるダメージ

皮膚を厚くしようと、急速な細胞分裂

メラニンを作れ!と命令する細胞が増殖

メラニン増産の命令がボリュームアップ

さらに、メラニンが大量生産


っと、こんな感じでメラノサイトの暴走状態が起きてしまう訳です。

こうなってしまうと、もはや紫外線を浴びなくても、お肌はメラニンを作り続けてしまいます。

メラノサイトが暴走する理由をチャートで説明

暴走を防ぐ対策って?

ではでは、メラノサイトの暴走を防ぐには、具体的にどうしたら良いのでしょうか?

「お肌への度重なるダメージ」や「お肌のトラウマ」を防いであげれば良いわけですよね?
つまり、下記2点に気をつけてあげれば良い訳です!

1,お肌への強いダメージに繋がる紫外線を大量に浴びない事。

まずは、当然ながらお肌のダメージを防いであげれば良い訳ですよね?

特に紫外線は、メラニン生成に繋がるだけではなく、メラノサイトの暴走につながる強いダメージをお肌に与えてしまいます。

日傘や帽子、日焼け止めなど、しっかりとUVケアをしてあげる事が大切です。

2,紫外線を浴びてしまったら、念入りにケアしてあげる!

それでも、紫外線をたくさん浴びて日焼けしてしまったら、少なくとも1週間ぐらいは、お肌をいたわりながら念入りに保湿ケアしてあげてください。

そうする事で、乾燥などのさらなるダメージとお肌のトラウマを防ぎながら、お肌がメラニンを排出しやすい環境を整える事が出来ます。

なお!
メラニンの排出について、詳しくは下記を参照してください!

チェック

聴診器

監修:大塚真紀(医師・医学博士)
東京大学大学院医学系研究科卒。
内科、腎臓、透析の専門医。
現在は育児の傍ら、医師という職業を生かし、医療系記事の執筆・監修、最新医学論文の翻訳、医療コラムの作成に従事。


  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!