おでこのぬるぬる脂の抑え方!ペッタリ前髪をサラサラにする対策

おでこのぬるぬる脂の抑え方!
ペッタリ前髪をサラサラにする対策

皮脂に関するお悩みで、多いのがおでこの脂について!

『おでこの脂がすごくて、前髪がベタベタ』

『お昼過ぎや夕方頃には、汗かいてるみたいにペッタリ…』

『前髪が束になって、すだれみたいになっちゃう』

なーんて。

確かに前髪って、女性にとってすごく大切!

ふんわり&サラサラな感じを、キープしたいところですよね?


そこでそこで今回は…

おでこのぬるぬる脂の抑え方!

そして、ペッタリ前髪をサラサラにする対策についてまとめましたー。

肌美先生
肌美先生
スペシャリスト

5分ほどで、簡単に読めるかと思います。
どうぞ最後までおつき合いください!

おでこの脂で前髪がペッタリしてしまう原因

前髪がペッタリと脂っぽくなってしまう原因

ではでは、まずは!
おでこの脂で前髪がペッタリしてしまう原因って、何なのでしょう?

これには、じつは3つの理由があります!

    POINT!
  1. そもそも皮脂が多い
  2. 髪の洗い方やシャンプー選びが間違っている
  3. ヘアケアが間違っている

そもそも皮脂が多い

1つ目の原因は、そもそもおでこが脂の多い場所だから!

とくに真ん中の髪がかかる部分は、おでこの中でもとくに皮脂が多いんだとか。

2002年の研究では、おでこの真ん中が脂が多いので「Tゾーン」ではなく、今後は「Iゾーン」と呼びましょう!なんて発表があったほど。


※参考(外部リンク PDF)
顔面皮脂量の部位差について


髪の洗い方やシャンプー選びが間違っている

髪の洗い方やシャンプー選びが間違っている

2つ目の原因は、髪の洗い方やシャンプー選びが間違っているから!

髪の毛を洗う際に、洗い足りなければ、当然脂っぽくなりますよね?

でもじつは!
洗い過ぎた場合も、やっぱり髪の毛が脂っぽくなってしまうんです。


洗い過ぎの乾燥から、頭皮を守ろうとして、皮脂が増えてしまうからなんですね。

そして、刺激が強いシャンプーや、自分に合わない洗浄剤を使っている場合も同じ!

刺激から頭皮や髪を守ろうとして、皮脂が多くなるケースがあります。


ヘアケアが間違っている

そして3つ目の原因は、ヘアケアが間違っているから!

これは、コンディショナーの量が多すぎるとか、ベタつきやすいコンディショナーを使っているようなケース。

さらに、おでこに髪がかかるようなセットも、前髪がペッタリする原因になりますよね?

おでこの脂のぬるぬるを抑える対策

知美さん
知美さん
アシスタント

ではでは、次は対策について!

もともと多いおでこの脂を、少しでも抑えるにはどうしたら良いでしょうか?

次の4つの方法があります!

    POINT!
  1. 応急処置としておでこにベビーパウダーを塗る
  2. 刺激と乾燥を防ぐスキンケア
  3. 良質な油を摂る
  4. 生活習慣を整える

応急処置としておでこにベビーパウダーを塗る

応急処置としておでこにベビーパウダーを塗る

おでこの脂があまりにもすごい時は、応急処置としてベビーパウダーをはたくのがおすすめ!

ベビーパウダーって言うと「あせもやおむつかぶれ防止の、赤ちゃん用の粉でしょ?」なんて方もいるかと思いますが…

丁寧に薄くはたいてあげると、おでこがかなりサラッサラな感じになります。

メイク用のルースパウダという手もありますが、ベビーパウダーで充分!

プレスドタイプのベビーパウダーもあるので、外出先で使いたいという方や、かさばるとか飛び散るのがイヤという方には、そちらがおすすめかも?


刺激と乾燥を防ぐスキンケア

ただし、ベビーパウダーは、とりあえずの応急処置!

あんまり長く続けたり、はたきすぎたりすると、乾燥や刺激でさらにおでこの脂がひどくなってしまいます。

基本は、いじり過ぎない・洗い過ぎない・油性のアイテムをしっかり使う!

そんな、刺激と乾燥を防ぐスキンケアを心がけましょう!


具体的には…

  • あぶらとり紙やティッシュなどで皮脂を何度も拭き取らない
  • 何度も顔を洗わない
  • 水分と油分のアイテムを使ってしっかり保湿をする
知美さん
知美さん
アシスタント

さらに詳細は!
下記からどうぞー。


良質な油を摂る

良質な油を摂る

摂る油を良質な油に切り替えるのも、皮脂を抑えるうえでは有効です!

2015年の研究発表では、トランス脂肪酸がお肌の乾燥を招く可能性が指摘されています。

なんでもトランス脂肪酸が、お肌の天然保湿因子のセラミドを変性させてしまうんだとか。

その結果、お肌は乾燥して皮脂が出やすい状態になってしまう訳ですね。

トランス脂肪酸を避けて…

生食の場合はオメガ3系の油、火を通す場合は、ココナッツオイルやオリーブオイルや低温圧搾の油などを摂るように心がけると良さそうですね。



※トランス脂肪酸とは
マーガリンやショートニングなどの硬化油、高温抽出法や溶剤抽出法で作られた食用油。
成人病や様々な肌トラブルの原因になるという研究結果が報告されている。

※参考 論文(外部リンク PDF)
環境因子がアレルギーに及ぼす影響の可能性


生活習慣を整える

皮脂の分泌に深く関わっているのが、黄体ホルモンと男性ホルモンという2つのホルモン!

睡眠不足やストレス状態が続くと、この2つのホルモンのバランスが崩れて、皮脂の量が増えてしまいます。

生活のリズムを整えて質の良い睡眠をとり、適度な運動などで上手にストレスをコントロールしましょう。


※参考 論文(外部リンク PDF)
男性ホルモンの脂腺細胞に及ぼす影響について

サラサラの前髪をキープするための対策

サラサラの前髪をキープするための対策

知美さん
知美さん
アシスタント

ではでは、最後に!
サラサラの前髪をキープする対策について!

ヘアケアは、どんな感じにすれば良いでしょうか?

ポイントは次の3つ!

    POINT!
  1. 髪の洗い方やシャンプーを変えてみる
  2. 前髪だけコンディショナーをつけない
  3. 前髪をカールさせておでこから浮かせる

髪の洗い方やシャンプーを変えてみる

1度洗いで脂っぽくなる方は、2度洗いに変えてみる!

2度洗いで脂っぽくなってしまう方は、逆に1度洗いに変えてみるなどして、様子を見てみると良いでしょう。


それでも、やっぱりベタつく!なんて時は、シャンプーが合っていない可能性があります。

そんな時は、前髪のベタつきを見ながら、色々シャンプーを変えてみましょう。


前髪だけコンディショナーをつけない

コンディショナーが補給する水分や油分が、前髪のベタつきの原因になっているケースがあります。

そこで、前髪や前頭部のあたりは、思い切ってコンディショナーをつけない!

そんな方法で様子を見るのも、良いかもしれないですね。


前髪をカールさせておでこから浮かせる

髪のセットの仕方が、前髪のベタつきの原因になっているケースもあります!

前髪がおでこにかかって、おでこの脂を吸い取っちゃっているようなケースですね?

そんな時は、おでこから前髪を浮かすようなセットを心がけましょう!

カーラーなどを使うのも、良いかもしれません。


前髪をカールさせておでこから浮かせる

まとめ

肌美先生
肌美先生
スペシャリスト

さてさて!
少し長くなりましたので、この辺でまとめますね!

前髪がペッタリと脂っぽくなってしまう原因は?
そもそも皮脂が多い
髪の洗い方やシャンプー選びが間違っている
ヘアケアが間違っている
おでこの脂のぬるぬるを抑える対策
おでこにベビーパウダーを塗る
刺激と乾燥を防ぐスキンケア
良質な油を摂る
生活習慣を整える
サラサラの前髪をキープするための対策
前髪をカールさせておでこから浮かせる
髪の洗い方やシャンプーを変えてみる
前髪だけコンディショナーをつけない

。。。っと、こんな感じでしょうか?

ではでは、次は…
肌が乾燥してるのに皮脂が多い時どうする?なんてお話です!

チェック

皮脂についての目次に戻る


  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!