鏡でお肌をチェックする20代女性

20代の正しいエイジングケア

ニキビ・乾燥・脂性・シミ・シワ…女性の肌トラブルの悩みは、尽きません。

お肌の状態は、さまざまな要因が絡まって、かなりの個人差が出るもの。

決して、若ければ肌が綺麗と言うわけではありませんよね?

まだ若い20代!エイジングケアには早すぎると思う方もいるでしょう。

でも!
お肌を守るバリア機能は、20代から低下しはじめています。


20代前半から注意しておかないと、30代40代と年齢を重ねるにつれ、はっきりとした差が出てしまいます。

その時になってから『慌てふためいても、時すでに遅し…』

なんてならないためにも、きちんとケアしておきたいものですよね?

そこで、このページでは!

20代女性の正しいエイジングケアの方法について、詳しく解説していきます!

肌美先生
肌美先生
スペシャリスト

今回のレッスン!
キーワードは『ナチュラル』です。
どうぞ最後までお付き合いくださいね!

20代からエイジングサインがあるってほんと!?

SOS

25歳を過ぎれば、ターンオーバーが乱れはじめ、お肌の曲がり角に差しかかります。

とは言っても、あまり気づかないのが普通でしょう。

エイジングサインがはっきりと現れるのは、30代を過ぎてから。

多くの20代女性が「まだ大丈夫!」と考えますよね?

でもじつは!
エイジングサインは、20代でもお肌の内側で着々と進行しています。


エイジングサインは、肌が出しているSOSのサイン!

表面上では分からないサインなので、私たちは通常気づきません。

知らない間に進行するなんて、怖いですよね?

「助けて」と小さく囁いている声に、耳を傾ける必要があるんですね。

「私まだ若いのよ!」と怒られてしまいそうで、控えめなサインにしているのかもしれませんね。

ただ!
よく気をつけていれば、そんな小さなエイジングサインにだって気づいてあげられます!

    20代によくあるエイジングサイン
  • 口元や頬が乾燥している
  • 毛穴が目立つ気がする
  • ファンデーションのノリが悪い
  • メイク後、すぐに皮脂が出てくる

一つでも思い当たる事がある場合、エイジングサインだと考えましょう。

20代のエイジングケアの一番重要な基本って?

メイク道具

20代と言えば、誰もが夢中になるメイク。

20歳になって間もない若さで「絶対ノーメイクでは大学には行けない!」という女性もいますよね。

  • ニキビや毛穴が、目立たないように重ねるコンシーラー
  • 少しでも小顔に見えるように、シェーディングやチークでつける影
  • 憧れの外人風の彫り深デカ目にするための、ダブルライン

綺麗になりたい一心で、メイクに余念のないのが20代女子!
誰もが通る道です。

でも、本来20代前半は、何もしなくても美しいはずなんです。

ナチュラルメイクが、もっとも女性を美しく魅せると言えるほど。

若い男性も、多くが『すっぴんに近いナチュラルメイクが好み』です。

過剰な毎日のメイク、さらにメイク落としでの負荷!

20代の若い肌とはいえ、お肌に大きな負担がかかり、悲鳴をあげています。


基本ナチュラルメイクで、とにかく刺激を抑える!

この辺の考え方を、まずはしっかり理解しておいてくださいね。

若いうちから、メイクやクレンジングの刺激を最小限に抑えることが、そのままエイジングケアの一番の基本になりますので!

肌美先生
肌美先生
スペシャリスト

出来れば、メイクをしないのがベスト!
無理なら、せめてメイク休養日をつくって、お肌を休ませてあげると良いかもしれませんね?

20代から必須!お手入れの基礎をチェック

メイクを落とす女性

20代になったら、とりあえずお肌のお手入れの基礎ぐらいは、おさえておかないといけませんよね?

常識的な事になりますが、ざっとあげるとこんな感じになります!

    POINT!
  • メイクをしたまま寝ない
  • 洗浄力の強いクレンジングは、なるべく避ける
  • クレンジングはゴシゴシせず、乳化させてから流す
  • 洗顔は強く擦らずに優しく洗う
  • 化粧水はたっぷり染み込ませる
  • 乾燥は大敵!保湿のため乳液やクリームでしっかり蓋をする

若い20代でも!
これぐらいのお手入れの基礎は守れないと、肌の劣化を加速させてしまいます。


特に気をつけたいのが、クレンジングの洗浄力!

実はオイルクレンジングは、油性マジックを溶かすほどの威力を持っています!

毎日のメイク落としに、強すぎるクレンジングを使っていると、肌荒れやお肌の劣化の原因になりかねません。

「私はまだ、エイジングケアとは無関係!」
なーんて高を括っていると、おそるべき肌の40代を迎えるハメになりかねません!

知美さん
知美さん
アシスタント

ポイントは、刺激を抑えながらきれいにメイクを落とすこと!
そして、メイクで奪われたお肌の水分と油分を、しっかり補ってあげることかしら?

化粧品に含まれる成分をチェック

無添加化粧水

メイクの刺激をおさえ、お手入れの基礎をクリアしても、他にもまだ肌の劣化を進行させる要素があります。

それが、化粧品に含まれている多くの化学物質!

添加物が、思わぬお肌の刺激になるケースもあります。


メイクにクレンジング、それだけでもお肌に刺激を与えているのに…

日頃使っているスキンケア用品にお肌を痛めつける成分が潜んでいるとしたら、お肌もチョットつらいですよね?

少しでも綺麗な肌であるようにと、日々努力することは、もちろん大変重要です。

でも!
化粧品の成分選びを間違えてしまったら・・・

正しいエイジングケアをしてるつもりなのに、逆にお肌の刺激になり、お肌の劣化や加齢に繋がってしまう!なんて事にも。

育子ちゃん
育子ちゃん
@勉強中

なるほど!
知らない添加物や化学物質は、なるべく避けた方が良いかも?

    よくある化粧品の添加物
  • 泡立てや皮脂を取り除く【合成界面活性剤】
  • 化粧品の保存期間を伸ばす【防腐剤・殺菌剤】
  • 使い心地を良くする【感触改良剤・乳化剤】
  • 香りや色を良くする【合成香料・着色料】

スキンケア用品の消費期限も、大きく関係しています。

CHECK!
化粧品の消費期限について

どれだけ肌に良い成分が入っていようと、多くの余分な成分が刺激になるなら、正しいケアにはなりませんよね?

そのため、できるだけお肌に安心な成分の化粧品を、使用しなければならないんですね。

ピュアノーブルの基礎化粧品『マザーウッドシリーズ』は、無添加・オーガニック化粧品!

お肌に安心の成分で作られているんですよ。

CHECK!
オーガニックコスメへのこだわり

20代の正しいエイジングケアのまとめ



さてさて、いかがでしたでしょうか?

良かれと思っている毎日のメイクやスキンケアが、逆に肌の劣化を招いている!って事、お分かり頂けたと思います。

少し長くなりましたので、この辺でもう一度ポイントをまとめてみますね!

20代の正しいエイジングケアのポイントは・・・

    POINT!
  • メイクを止めるか優しいナチュラルメイクをする
  • メイクをしないお肌のお休みの日をつくる
  • 正しいスキンケアをする
  • お肌にとって安心な化粧品でお手入れする

もちろん睡眠不足などの不摂生、精神的な悩みなど、エイジングケアにはさまざまな要素が関係しています。

規則正しい生活はもちろん、脂っこい食べ物や甘いものを控えるのも当然。

逆に無理なダイエットも、お肌を劣化させてしまいます。

お肌はとっても敏感。女心と同様、優しく扱ってあげなければいけません。

自分のお肌を守れるのは、自分だけですよ。

後で後悔しないためにも『20代からのエイジングケア』真剣に考えていきましょう!

ちなみに!
20代のエイジングケアにもおすすめの、お肌に安心な基礎化粧品はこちら!

チェック

エイジングケアについての目次に戻る


  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!