夏から秋にかけてのお肌のかゆみの原因と対策について

春先から、こちらの化粧品を使わせて頂いていて、ずっと調子が良かったのですが、このところ急にお肌の一部かカサついたり、痒みを感じたりし始めました。

何が原因か分からないのですが、心当たりがあれば教えてください。

痒みの原因は角質剥がれ 夏から秋にかけての暑い季節、いつもと同じようにスキンケアしているのに、お肌の一部が突然お肌がカサついてしまったり、急にあちこち痒くなってしまったり。

そんな事って、けっこうありますよね?

実は、このお肌のカサつきや痒みの正体、角質層が何らかの原因で剥がれてしまった時に起こる症状なんですよー。

「いつもと同じようにお手入れしてるのに、どうして?」って感じですが、夏から秋にかけての今の季節ですと、以下4つのケースが多いようです。

    POINT!
  1. 汗の拭き過ぎ
  2. 洗顔の回数が増えた
  3. ファンデーションや日焼け止めを落ちにくい物に変えた
  4. エアコンの乾燥と外気のベタつき感の問題

それぞれ、詳しく見て行きましょう!

ケース1 汗の拭き過ぎ

汗でふやけた角質層は、脆く非常に剥がれ落ちやすくなっています。

この状態でゴシゴシ汗を拭くと、角質が剥がれお肌は軽く擦りむいた状態、または、軽く火傷したような状態になってしまいます。


このような状態の時のお肌では、汗や化粧品などが沁みて痒みなどが出る場合があります。

汗でふやけた肌をタオルで擦ると、簡単に角質が剥がれてしまう。

ケース2 洗顔の回数が増えた

気温が上がると汗で顔がべた付くため、念入りに洗い過ぎたり、洗顔の回数が増えたりしてしまいがちです。

洗い過ぎ状態になってしまったお肌は、皮脂膜が洗い流され、お肌の内側から水分の蒸発が進みます。

汗でふやけた角質層は、剥がれ落ちやすくなっているため、洗顔による擦り過ぎや乾燥で簡単にお肌から剥がれて行きます。

洗い過ぎでも、簡単に角質が剥がれてしまう

ケース3 ファンデーションや日焼け止めを落ちにくい物に変えた

ウォータープルーフや落ちにくいメイクや日焼け止めはNG 汗ばむこの季節は、ファンデーションや日焼け止めを落ちにくい物やウォータープルーフなどに変える方も多いかと思います。

落ちにくい物を使用するという事は、それだけ落とすのに洗浄力が必要になって、結果またお肌が洗い過ぎの状態に陥ってしまい、角質層を傷めてしまう訳ですね。

ケース4 エアコンの乾燥と外気のベタつき感の問題

夏の乾燥でも角質は剥がれます この季節、空気がベタベタと湿っているので、ついベタ付く使用感の保湿クリームは使うのをやめてしまったりします。

この状態のままエアコンの効いた場所に行くと、 中は真冬並みの乾燥状態。

お肌から水分が奪われて、角質表面は汗でふやけて水分があるように見えますが、実はカサカサの乾燥状態になってしまいます。


こうなると、洗顔やタオルで擦るなどのちょっとした刺激で、角質が傷んだり剥がれてしまいます。

暑い季節の痒みの原因を知って、しっかり対策を練りましょう!

さてさて、こんな感じで、いつもと同じようにお肌のお手入れをしているつもりでも、気温や湿度などの影響で、知らず知らずにお肌への刺激が増えていたという事なんですね。

これからの時期は、お肌の夏の疲れがドッと出ますので、もし痒みなどを感じたらこの辺を気にしながらお手入れしてあげてください。

なお、角質が剥がれてお肌のキメが不揃いになってしまった!なんて時は、下記も参考に対策してみてください。

CHECK!
《参考》お肌のキメを整える方法とは?

  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line
  • メールマガジン