2つのタイプのお肌のしっとり感

化粧水は浸透するのに、しっとりしない? 『化粧水は浸透が良くて、この点ではビックリしたのですが、乾燥肌のせいか、しっとり感が感じられません。

何か良い方法はないですか?』

先日お客さまから、こんなお問い合わせを頂きました。

ピュアノーブルの化粧水をお使い頂くと分かると思うのですが、 角質に浸透して表面がサラッとした感じになるかと思うんです。

それで『あれ?もしかして乾燥してる?』なんて感じてしまうのかもしれません。

でも、しっとり感には、実は2つのタイプがあるってご存じでしたか?

2つのタイプのしっとり感とは?

1つ目のタイプは、お肌の表面が潤うようなしっとり感!
こちらは、ジェルタイプの化粧品で、合成ポリマーなどポリマー様の成分を使って、お肌の表面ををコーティングするようなタイプの基礎化粧品に多いようです。

もう1つのタイプは、お肌の内側が潤うようなしっとり感!
こちらは、当店の基礎化粧品のように、角質に浸透していくタイプ!

それぞれの特徴なのですが、表面しっとりタイプの方は、 感覚的なしっとり感というか満足感が得られるのですが、逆にその満足感のために、お肌の内側が乾いている事に気づかずに、インナードライに陥ってしまうケースが多いようです。

逆に、内側しっとりタイプの場合は、水分がお肌の角質に浸透してしまうので、インナードライに陥る心配はないのですが、表面がサラリとしてしまい!クリームでフタをしても、何かしっとり感が物足りないというか、満足感がないような感じがするんですよね?

お肌の表面が潤うタイプと内側が潤うタイプ

それじゃあ、どちらのタイプを選べば良いの

さてさて、この2つのしっとり感のうち、どちらのタイプを選ぶのかは、各化粧品のコンセプトによるところが大きいようです。

正確に言うと、「満足感を得る」という使用感の良さも、「角質に浸透する」という機能性も、どちらも化粧品にとって重要なファクターですから、どちらか一方を選ぶというよりも、バランスを考えながらもどちらによりウェイトを置くかという事になるのでしょうか?

どちらのタイプのしっとり感をお選びになるか?という選択も、好みに応じて『満足感を重視したい!』という方は、表面しっとりタイプ! そして、『角質の潤いを重視したい!』という方は、角質浸透タイプをお使いになると良いと思います。

当店の基礎化粧品の場合は、使用感よりも角質に浸透するという機能性を重視するという考え方をしております。

このため、化粧水を使った後は、表面がサラリと乾燥したような感覚に陥るかと思うのですが、しっかり角質に浸透してお肌に潤いを与えてますので、その辺りはどうぞご安心頂ければと思います。

そして、化粧水が終わったら、すぐに美容液→クリームとお使い頂いて、
潤いをしっかりお肌に閉じ込めてあげてください!

それでも、お肌が乾燥している気がする!
そんな時は、下記のページをもう一度チェックしてみてください!

CHECK!
肌の乾燥が改善されない5つの理由とは?

角質の潤いを重視する化粧品と満足感を重視する化粧品

  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line
  • メールマガジン