スキンケア後の火照りや突っ張りとインナードライの関係

先日お客さまから、こんなお問い合わせを頂きました。

先日、こちらの化粧品に切り替えました。

化粧水・美容液・クリームとラインで使っているのですが、スキンケアをしてしばらくすると、火照っているような、突っ張るような感覚がします。

用法・使用量は守っていると思うのですが、私の肌には合わないのでしょうか?

スキンケアをした後に、火照る感じがしたり、突っ張る感じがしたら、やっぱり心配になってしまいますよね?

そこで、こちらのページでは、スキンケア直後の火照りやつっぱり感の原因と対策についてまとめてみました!

お肌に優しい成分ばかりなのに、どうして火照るの?

当店の基礎化粧品の1番の特徴は、何と言っても天然成分100%で、天然成分の中でも、特にお肌に親和性の高い成分のみを選んで使用している事!

このため、当然お肌に優しいはずですので、お肌が敏感なタイプの方でも、ヒリヒリとしみたりせずに使える!というのがウリになっているんですね。

それなのに、火照りや突っ張りを感じるっていうのは変ですよね?

しかも、このようなお問い合わせが、たびたびありましたので、 すぐにメールで詳細の状況をお伺いしたり、対処法のアドバイスをさせて頂いたりと、ヒアリングを重ねて行った結果、どうやら2通りのケースがあるようなんです。

ケース1 お肌が極度のインナードライ状態になっている

1つめのケースが、お肌が極度のインナードライ状態になっているケース!

インナードライと脂性肌の関係

特に油性のクリームの代わりに、ジェル系やオールインワンの基礎化粧品などをお使いになっていた場合、その期間が長ければ長いほど、お肌が傷んでいたり、極度のインナードライに陥っているケースが多いようです。

お肌が極度のインナードライに陥っている場合には、 当店の化粧水や美容液のような、角質に浸透するタイプの基礎化粧品に切り替えた時に、化粧水が浸透する際に、ジンジンしたり熱く感じたりといった感覚になる場合が多いようです。

そんな時には、下記の記事をお読み頂いて 注意点をご参考に2週間ほどしっかり保湿して頂くと、 お肌の内側が潤いはじめると思いますので、感覚が変わって来るかと思います。

CHECK!
お肌の乾燥が改善されない5つの理由とは?

ケース2 アレルギーや体質的にお肌に合わない

アレルギーのイメージ 2つめのケースは、アレルギーや体質的にお肌に合わないケース!

先ほども書きましたが、当店の化粧品は天然成分の中でも、お肌に優しい成分のみを使って作っています。

ただですね、まれにハーブやミツロウに対してアレルギーを持っていたり、合わないという方も居るようなんですね。

そんな場合は、赤みが出たり、カユミや湿疹などが出る場合があります。

お肌の火照り&つっぱり感対策とは?

洗い過ぎのイメージ もちろん、当店の化粧品を使い続けて頂いてるお客さまの場合は、極度のインナードライに陥ったり、天然成分が合わないというケースは関係ない!なんて思いがちもしれません・・・。

ただ、この季節、皮脂が気になって洗い過ぎてしまったり、日焼け止めのファンデが落ちにくいので、クレンジングに強い物を使ったりして、インナードライ状態に陥っていると、火照ったり・突っ張ったりという感覚に陥る事があるかもしれません。

また、季節や体調で、一時的に成分が合わなくなるというケースもあるようです。

火照りや・つっぱり感を感じたら、まずはしっかりと原因を見極めて、インナードライ状態なら、しっかり保湿して頂く事で、火照りやつっぱり感が改善されるかと思います。

ん?お肌に合わなくなったかも?なんて場合は、腕の内側などの目立たないところで再度パッチテストを実施してみてください。

  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line
  • メールマガジン