お肌の乾燥が改善されない5つの理由とは?

最近、良くいただくお問い合わせの中に『お肌の乾燥がなかなか改善されない!』なぜ改善されないの?
っというのが多いんですね。

それで、色々お話を聞いてみると、次の5つのパターンが多いようなんです!

5つのうち、何個かが乾燥の原因になっていたり、たった1個を改善してみたら、お肌の乾燥も改善された!という事も多かったです。

さっそく、5つのパターンをチェックしてみてください!

    乾燥が改善されない5つの理由!
  1. 洗顔する時の水温が高過ぎる
  2. クレンジング + 石鹸洗顔のいわゆるダブル洗顔をしている
  3. 洗顔や入浴の後、スキンケアまでにかなり時間が空いている
  4. 化粧水や美容液は使うが、クリームは使わない
  5. クリームは使うけど、ベタ付きがイヤなので、ほんのチョットにしている

『ヤバッ!けっこう当てはまったかも?』なんて方は、さっそく下の解説を見ながら、習慣を変えちゃってください!

経験上、かなりの確率で、乾燥が改善されると思いますよー。

洗顔する時の水温が高過ぎる

洗顔する水温が高すぎると、お肌の脂を抜き切ってしまいます。

これを繰り返してしまうと、
お肌のバリア機構やお肌の保湿機構を壊して行ってしまいます。


洗顔後のお肌の断面図
台所で皿洗いなどをする時に、冷たいからといって高温のお湯で洗っていると、どんどん手が荒れて行きますよね?

顔の上でも、それと同じ事が起きているという事ですね。

ちなみに、洗顔するお湯の温度は、バスタブのお湯やシャワーのお湯と同じ温度だと、実はかなり高過ぎます。

バスタブやシャワーの温度は、今の季節だと40度強になると思いますが、洗顔に適してるのは30〜35度ぐらいまでです。

これは、温水プールの温度ぐらいで、顔に付けると冷たい?
と感じる程度のぬるま湯になりますので、この点注意が必要かもしれませんね。

高温のお湯とぬるめのお湯

クレンジング + 石鹸洗顔のいわゆるダブル洗顔をしている

クレンジング→石鹸洗顔 のいわゆるW洗顔は、あまりオススメできません。

洗浄力が強すぎて、お肌のバリア機構や保湿機構を壊して行ってしまいます。


ダブル洗顔後のお肌の断面図

洗浄力をなるべく抑えてあげる事で、お肌への刺激や乾燥を抑える事が出来るかな?
なんて思っています。

基本的には、落ちやすい薄いメイクをして、1度の石鹸洗顔だけでメイク落しを済ませてしまうというのが、 一番お肌に刺激が少ないと思います。どうしても、クレンジングを使う場合は、クレンジングの後は石鹸を使わずに、 ただのぬるま湯で洗顔すると良いかと思います。

(コレは、クレンジングの種類にもよります。中にはそのままお肌に残っていると刺激が強いタイプもありますので、そのあたりはお使いのクレンジングの説明書を確認してみてください。)

とにかく洗い過ぎない事が重要です!

洗顔や入浴の後、スキンケアまでにかなり時間が空いている

空気の湿度が30%以下になると、空気はお肌から水分を奪おうとします。

ただ、人間の肌は、皮脂膜という油膜のバリアを持っているため、乾燥時期でも水分を維持出来ています。

洗顔や入浴をすると、お肌のバリア「皮脂膜」も一緒に洗い流してしまうので、スゴイ勢いでお肌から水分が抜け出ています。

入浴や洗顔の後に、間髪入れずにスキンケアをすることで、お肌からの水分の蒸発を、少しでも防いであげましょう!

なるべく急いで化粧水・美容液とお肌に入れて、最後にクリームでピタッとフタをする!
こうしてあげれば、乾燥した時期でも、お肌からの水分の蒸発を最小限に防げますよね?

湿度が低い際のお肌の断面図

化粧水や美容液は使うが、クリームは使わない

クリームを使わない? 最近、お客さまの中で、「クリームを使わない!」という方が多い事に、少しビックリしています。

コレは、ジェルや粘度の高い化粧水などが、人気になっていたり、一部のメーカーさんなどが謳っている、オイルは使わない方が良いという、アンチオイルキャンペーンのせいなのでしょうか?

いずれの場合も、オイルを使わないためには、ジェル系の物が使われる場合が多いんですね。

ジェル系の基材の中身って、合成ポリマーと言って、簡単に言うと紙オムツの中身やサランラップみたいな物。

お肌の内側が砂漠化 ジェル系の化粧品を使うと、肌がツルツルになった感じがするのは、サランラップでコーティングしたような状態になるからなんです。

さらに、紙オムツの中身のように、たくさんの水をまとってコーティングするので、
何かプルプルになった感じもするんですね。

ココまでの説明で分かると思うのですが、ジェル系のスキンケアって、メイクアップ的な発想のスキンケアなのかも?本当の肌がキレイになる訳じゃなく、コーティングを使って、お肌がキレイになったように見せかけるスキンケア?

「別にメイクアップ的なスキンケアでも良いじゃない!」なんて方も、いらっしゃるかと思います。

でも実は、水分を含んだジェルでお肌をコーティングしていると、見かけはプルプルなのですが、その裏でお肌から水分が抜けて砂漠化してしまってる事に気付かない場合が多いんですね。

なぜそうなるかと言うと、お肌の水分蒸発を防ぐのは油膜以外にはないからなんです。ジェルなどの水性の膜だと、水分蒸発を上手に抑えられないからなんです。

当店が、クリームやオイルなどの油性化粧品をオススメするのはココに理由があるんです!

クリームは使うけど、ベタ付きがイヤなので、ほんのチョットにしている

上の2つの項目で、クリームやオイルなどの油性化粧品の重要性をご理解頂けたと思います。

スキンケアの仕上げにクリームを使って、フタをするのは、実はお肌の表面にある皮脂膜の代わりをさせようとしている訳ですよね?

夏などの暑い時期には、皮脂がたくさん分泌されるので、皮脂膜はお肌を厚く覆っています。

ですので、この時期は、クリームも少なめで良いと思うんですね。

ところが、寒くなるにつれて、皮脂膜が薄くなって行くんですね。
しかも、薄くなる時期が一番乾燥が激しい時期だったりする訳です。

この時期にクリームを薄く塗っていたら、お肌から水分が蒸発して行ってしまいますよね?

ですので、そんな時はやや厚めにクリームを塗ると良いと思います。

ベタ付がイヤという場合でも、こんな感じで調整すると良いかな?なんて思っています。

夏のお肌と冬のお肌

  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line
  • メールマガジン