お肌のかさつきの原因と対策&改善法

汗ばむ暑い季節を終え、ようやくホッと一息!
心地良い涼風を浴びながら、ふとお肌に触れてみると。。。

「あれ?肌がカサカサ?」

「ちょっと前までは、汗や皮脂でベタつくぐらいだったのに、いつの間にこんなにかさついてしまったの?」

秋になったら、お肌が急にかさつく?

気温が下がったからでしょうか?
それとも、空気が乾燥し始めたから?

このページでは、お肌のかさつきの原因と対策&改善法について、簡単にまとめてみました。

日々のスキンケアの参考に、どうぞー!

そもそも、お肌のかさつきの原因は?

肌は、幾重にも重なった保湿機構を持っています。

その中の最前線で働いているのが、皮脂膜というの天然の保湿膜!

潤いが保たれているお肌は、この薄さわずか0.5ミクロンの皮脂膜で、キレイに覆われています。

ところが、この皮脂膜がしっかり機能しなくなると、水分が蒸発して、たちまちお肌がかさついてしまう訳です。

お肌のかさつきの原因は、皮脂膜が機能しないから!

皮脂膜が機能しなくなる原因は?

ではでは、皮脂膜が機能しなくなってしまう原因って、一体何なのでしょうか?

健康なお肌の表面には、たくさんの皮膚常在菌が住んでいます。

じつは、皮脂膜って、この皮膚常在菌が、皮脂や汗や垢などを原料にして、作り出しているんですよー。

つまり、皮脂膜が機能しなくなる原因って、皮膚常在菌が減ったり、居なくなったりしてしまうからなんですね? 皮脂膜が機能しなくなる原因は、皮膚常在菌が減っているから!

お肌のかさつきの対策&改善法は?

っと、こんな風に考えて来ると。。。

お肌のかさつきの本当の対策や改善法は、健康な皮膚常在菌をたくさん育ててあげる事に尽きるのではないでしょうか?

バリア機能を回復し高める5つの方法

健康な皮膚常在菌を育てるためには、まずはお肌をむやみに殺菌しない事!
合成界面活性剤、防腐剤、保存料なども、殺菌成分ですので、控えた方が良いですよね?

また、洗顔すれば、当然皮膚常在菌も流れてしまうので、洗浄力の強い洗顔料の使用や、ダブル洗顔などの洗い過ぎも控えた方が良いですね。

そして、保湿する際には、皮膚常在菌のバランスを崩さないアイテムをセレクトしましょう!

皮膚常在菌を育てる方法は?

まとめ

さてさて、この辺でまとめます!

お肌のかさつきの原因は、皮脂膜が機能していないから!

皮脂膜が機能しなくなる原因は、皮膚常在菌が減っているから!

お肌のかさつきの対策&改善法は、皮膚常在菌を育てる事!


つまり、お肌のかさつきの対策&改善法は?

    POINT!
  • むやみに殺菌しない
  • 合成界面活性剤、防腐剤、保存料などの殺菌成分は控える
  • 洗浄力の強い洗顔料は控える
  • ダブル洗顔などの洗い過ぎは控える
  • 保湿する際には、皮膚常在菌のバランスを崩さないアイテムで

お肌のかさつきの対策&改善法とは?

お肌のかさつきというと、軽く考えがちです!

でも、カサカサのお肌をそのまま放っておくと、乾燥肌→敏感肌と、どんどんお肌の状況は悪くなってしまいます。

早めのケアが、何よりも回復の早道ではないでしょうか?

  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line
  • メールマガジン