そもそもお肌が乾燥する原因は?

乾燥肌のスキンケア その前に!

これから、乾燥したお肌のスキンケア方法をお話して行くのですが、っとその前に「そもそもお肌が乾燥する原因って、何なの?」

こちらのページでは、まずはそんなお話をしたいと思います!

まずは、一番乾燥しやすい手について考えてみよう!

お肌の乾燥と聞いてまず思い浮かべるのは「カサカサ」とか「ガサガサ」なんて表現???

で、お肌の中で、一番カサカサとかガサガサになりやすいのが、手ですよね?
っという事は、手がガサガサになる原因を考えてあげれば、
乾燥の原因もハッキリ分かりそうですよね?

まずは、手がガサガサになる原因の1番手は、何と言っても水仕事!
何度も何度も手を洗ったり、ずっと水にさらしていると、すぐに手がカサついてきます。

使っているのが、お湯だったりすると、さらにカサつきがひどくなります!

次に、手がガサガサになる原因の1番手は、庭仕事や土いじりじゃないでしょうか?

昼間土をいじった夜に手を見ると、ガサガサのシワシワ!
これ以上ないぐらい、お肌が乾燥していますよね?

そして、最後!

冬などに、乾燥した空気の中、ハンドクリームなんかを塗らずに手を大気にさらしていと、これもやっぱり、かなりカサカサになってしまいます。

こうやって考えてみると、手がガサガサになる原因って下記の3つ

    POINT!
  1. 水仕事で何度も水洗い(お湯だとさらに)
  2. 土いじり
  3. クリーム無しで乾燥した大気にさらす

手がガサつく原因

でも、この3つ、実は全部同じ原因だったりするんですよー。
キーワードは『油膜』と『水分』です!


水仕事の場合は、手を何度も水洗いする事で、手の油膜(皮脂膜)を洗い流してしまいます。

そして、油膜のフタを失った肌から、水分が蒸発するという形で肌の乾燥が進んで行く訳です。

水仕事の場合

土いじりの場合は、土という粉体が手の油膜(皮脂膜)を吸着して剥がしてしまいます。

さらに、油膜を突破した粉体が、今度はお肌の水分を吸着してしまい、お肌の乾燥が進んでいく訳です。

土いじりの場合

乾燥した大気の場合は、シーズンはほぼ冬になると思います。
冬などの寒い季節は、皮脂の分泌が少なく、お肌を保護する油膜の形成不十分になります。

こんな時は、油性のクリームでお肌を保護してあげるのがセオリーなのですが、それを怠る事で、お肌から水分が奪われてしまい乾燥が進んで行く訳です。

つまり、何が言いたいかというと、お肌から「油膜」が無くなり「水分」が奪われる事が、 乾燥の本当の原因って事!

乾燥した大気の場合

「えっ?そんなの知ってるよ! そんな事言うために、こんなに長々説明したの?」
実は、もう一つ言いたい事があったんですね。

女性ってお肌を酷使しているんです!

    お肌を酷使するワースト3
  1. 1日に、何度も顔をお湯で洗う
  2. ファンデーションなどの土のような粉体を毎日顔に塗る
  3. 油性クリームを使わずに、ジェルやオールイン・ワン化粧品で済ませる

NGです!
ねっ、けっこうヒヤッ!としませんか?
女性って、かなりお肌を酷使しているんですよー。

お顔を乾燥させるような事を、毎日一生懸命やっていますよね?

お肌の乾燥を防ぐスキンケアは、コレの逆をやれば良い訳ですよね?
つまり、こんな考え方が基本になります。

    POINT!
  • 何度も顔を洗わない、高温のお湯を使わない
  • ごく薄いメイク、少なくとも洗い流しやすいメイクを心がける
  • 油性クリームを使った、しっかりとした保湿を心がける

こんな考え方を基本にして、以下のコンテンツをお読み頂ければ幸いです!

  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line
  • メールマガジン