肌荒れをファンデーションで隠す女性

敏感肌の原因!
ゆらぐ理由はスキンケア?それともストレス?

敏感肌とは、バリア機能が弱くなり、異物が侵入しやすくなった肌のこと。

角質が薄くなってしまったり、角質細胞が隙間だらけの状態のことですよね?

ではでは!

角質はどうして薄くなったり、隙間だらけになってしまうのでしょうか?

原因はストレスや睡眠不足など、一部内的なものもあります。

でも、じつは!
多くの場合、刺激の強いスキンケアなど、外的なものが原因。

つまり!

敏感肌の原因は、洗浄力の強いクレンジング、毛穴ケア、ピーリング、スクラブ、顔剃りetc….


こちらのページでは、この辺の事情を簡単にまとめました!

肌美先生
肌美先生
スペシャリスト

3分ほどで読めるかと思います!
どうそ、最後までおつき合いください!

敏感肌の原因は、刺激の強いスキンケア?

バリア機能の低下と敏感肌

ではではまずは、敏感肌の原因は刺激の強いスキンケアかも?なんてお話から!

刺激の強いスキンケアを続けると、肌表面の成熟した角質細胞がどんどん剥がれ落ちていきます。

そして代わりに、未熟な角質細胞が肌表面に押し上げられます。

未熟な角質細胞は、形も不揃いなうえに薄く貧弱なため、見た目にも肌理が揃っていません。

さらに悪いことに、バリア機能も弱く、水分保持力も極端に弱くなっています。

肌の水分が減り乾燥すると、角質の細胞と細胞の間に隙間ができ始めます。

そして、細胞の間をとりもつセラミドという脂質まで減ってしまいます。

分かりやすくまとめると、こんな感じでしょうか?

刺激の強いスキンケアを続けると?
成熟した角質が剥がれる
肌の肌理が乱れる
バリア機能と水分保持力が弱くなる
角質の隙間が広がる
セラミドが減る
さらに乾燥し角質が剥がれる

こうなってしまうと、肌のバリア機能はボロボロ!

水分と脂質でしっかり張られていた肌の表面のバリアは、見るかげもありません。

未熟で薄い、そして隙間だらけの角質をすり抜けて、異物がどんどん肌に入って来てしまいます。

これって、もう完全に敏感肌ですよね?

目次に戻る

洗いすぎ・いじりすぎなど体の外側にある原因

それじゃあ、敏感肌の原因って? さてさてこんな感じで、敏感肌にはスキンケアが大きく関わっていることが分かりました。

それでは実際に、どんなスキンケアが問題になっているのでしょうか?

じつは、「洗いすぎ」「いじりすぎ」などの間違ったスキンケア!

やりすぎスキンケアが、大きな問題になっているんです。

知美さん
知美さん
アシスタント

敏感肌の外的な原因!
やりすぎスキンケアについて、簡単にまとめました。

    敏感肌の原因になるやりすぎスキンケア
  • 洗浄力・脱脂力の強い、合成洗剤や洗顔料の使用
  • 刺激の強い化粧品や肌に合わない化粧品の使用
  • 過度の洗顔や、刺激の強い洗顔方法
  • 毛穴ケア、ピーリング、スクラブなど角質を剥がす行為

敏感肌の原因となるスキンケアとは?

目次に戻る

ストレスなど体の内側にある敏感肌の原因

そしてもちろん、敏感肌の原因はスキンケアだけではありません!

体の内側にも、じつはたくさんの原因があります。

1997年の論文によると、ストレスで肌のバリア機能が大きく下がることが指摘されています。

肌美先生
肌美先生
スペシャリスト

ストレスの他にも、遺伝や食習慣、生活習慣なども関係しています。
それぞれ見ていきましょう!

    体の内側にある敏感肌の原因
  • ストレスの増加
  • 遺伝的体質(アレルギー体質など)
  • 年齢的に起こる乾燥肌
  • ホルモンバランスの異常
  • 睡眠不足
  • 内臓の機能障害
  • 栄養バランスの崩れ
  • 運動不足による血行不良
  • 便秘
  • 喫煙 etc.

敏感肌の原因となる生活習慣とは?

さてさて!
こんな感じで、このページでは、敏感肌の原因についてまとめて来ました!

ではでは、敏感肌を改善するには、どんな対策をすれば良いの?

そんな時は、コチラ!

チェック

敏感肌についての目次に戻る

※参考 論文(外部リンク)
ストレスと皮膚―過密ストレスモデルによる皮膚生理学的変化―

ヨシ

この記事の監修:日暮芳久(ヨシ)
スキンケアアドバイザー
1999年バリ島に渡り、美容グッズや化粧品販売・貿易会社を設立。その後2009年、日本にて化粧品販売会社『ピュアノーブル』を設立、オーガニック化粧品ブランド『マザーウッドシリーズ』を立ち上げ現在にいたる。


  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!