イランイランの効果や効能って?

イランイランは、お肌に対してどんな効果や効能があるの?

イランイラン
  • 保湿作用
  • お肌の柔軟性を保つ
  • お肌を保護する

イランイランってどんなハーブ?

イランイランは、熱帯地方原産。 木からぶら下がるように、様々な色の花を咲かせるハーブです。

古くからヘアケアやスキンケアクリームの原料として用いられて来ました。

また、ビクトリア王朝時代のイギリスでは、毛髪ケア用品の原料として使われていた事でも有名ですね。

現在では、香水のベースノートとしても盛んに用いられ、『香りの女王』の異名もあるほどです。

イランイランは、古くからヘアケアや保湿クリームの原料に!

古来から、スキンケアクリームに使われて来ました! 〜エピソード〜

イランイラン語源は、マレー語のアランイラン。
木からぶらさがって咲く花々の姿を指して言った「花の中の花」という意味なんだそうです。

イランイラン花は、男女や夫婦を象徴する花でもありました。
このためかどうか、インドネシアでは、結婚式を挙げたばかりの夫婦のベッドにイランイランの花を撒いておくという習慣が現在でも続いています。

また、インドネシアの人達は、イランイランとココナッツオイル、ウコンの花から「ボリボリ」と呼ばれるスキンケア・クリームを作り、幅広い用途に利用していました。

ラテン語で花の中の花

正式には?

イランイラン
学名:Cananga odorata
科名:バンレイシ科
イランイランの花って、こんな花です。

どんな香り?

甘く濃厚で、官能的な香り

お肌への効果や効能

保湿作用、お肌の柔軟性を保つ、お肌を保護する

イランイランのお肌への効果や効能

  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line
  • メールマガジン