みつろう(ビーワックス)の効果や効能って?

みつろうは、お肌に対してどんな効果や効能があるの?

みつろう
  • 保湿作用
  • お肌の柔軟性を保つ
  • お肌に優しい
  • お肌を保護する

みつろう(ビーワックス)って何だろう?

みつろう(ビーワックス)とは、その名の通りミツバチが作ったろう(ワックス)。
ミツバチが巣作りをする時、巣を固め守るために作り出しているんだそうです。

ハチミツやローヤルゼリー同様、みつろう(ビーワックス)も、巣を守るための大切な素材の一つ。

古来からヨーロッパでは、そんなみつろうをスキンケアに用いて来ました。

現在でも、クリームや軟膏などの優れた天然材料となっています。

では!
ヨーロッパ人が愛した、みつろう(ビーワックス)の効能って?

みつろうは巣を守り固めるためのワックス

ミツバチの巣を守るバリア効果 〜優れた保湿作用〜

こみつろう(ビーワックス)の効能で一番に挙げられるのが その優秀な保湿作用!

みつろうがミツバチの巣を優しくガードしていたように、お肌にも優しくバリア!

潤いをそっとお肌に閉じ込めてくれます。

ポイント1 優れた保湿力

柔らか〜い唇のヒミツは? 〜お肌の柔軟性を保つ〜

突然ですが!
「リップクリーム」って使った事がありますか?

アレって、冬のカサカサした唇をしっかりガードしてくれますよね?

じつは、リップクリームに使われる天然素材の代表選手がビーワックスなんです。

コレってやっぱり、みつろう(ビーワックス)の持つ、お肌の柔軟性を保つ作用がかわれてるって事ですよね?

って言うことは、柔らかい唇のヒミツは。。。
みつろう(ビーワックス)???


ポイント2 柔軟性を保つエモリエント力

ワックスなのに食べられる? 〜お肌に優しい〜

みつろう(ビーワックス)は、天然のワックスってだけでなく唯一食べられるワックスなんです!

欧米では、ケーキやお菓子作りなどにも使われるんですよー

小さいお子さんが食べちゃっても安心な、みつろうクレヨンなんて物も作られてるそうです。

天然で食べても平気って事は???

やっぱり、お肌にも優しいですよね〜

ポイント3 食べられるほど肌に優しい

ヨーロッパで伝承されて来ました 〜お肌を保護する作用〜

みつろう(ビーワックス)は、ヨーロッパでも古くから使われて来ました。

寒い地方独特の肌荒れや乾燥カサつきなどにも、広くみつろうが使われて来たんだそうです。

やっぱり、お肌を保護する作用が重宝されて来たんですね?

ポイント4 お肌を強力に保護する作用

  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line
  • メールマガジン