普通の白樺化粧品とココが違うっ!

さてさて、ここまで読んで頂いて、白樺化粧品のスゴさを分かって頂けたかな?なんて思っています。

簡単にまとめると。。。

まずは、ピュアノーブルで使用している白樺樹液は、化粧品材料として販売されている物ではなく、人の手の入っていない白樺の自然林から採取した物!

オーガニックの上を行く、ワイルドという等級に当たるでしょうか?

そして、そんな白樺樹液には、色んな栄養素がたっぷりで、新しい細胞を分裂させるパワーが溜め込まれている!

しかも、お肌の成分に近くて、分子のサイズが小さいから化粧品のベースとして優れている!

なんてお話でしたよね?

でもでも、そんな白樺化粧品にも、じつは大きな欠点があるんですよー。

それは、変質しやすい事!

完全に生モノの上に、栄養素がたっぷりなので、安定性が悪く、雑菌が繁殖しやすいんですね。

実は、そんな理由から、普通の白樺化粧水や白樺美容液などは。。。

○加熱処理をしてしまっていたり
○防腐剤・保存料(キャリーオーバー成分)が入っていたり

そんなタイプの物が多いんですよー。


でもでも、ピュアノーブルの白樺化粧品、じつは、普通のとはチョット違うんです!

なぜなら、どちらの方法も短所があるからなんですね。

加熱処理をしてしまうと、生きている酵素などが死滅してしまい、生きたままお肌に!という部分が消えてしまいます。

防腐剤、保存料、キャリーオーバー成分を配合してしまったら、その時点で、本気モードのオーガニック化粧品ではなくなってしまいます。

非加熱と同じく酵素が生きたまま、しかも無添加でお届けしています!

白樺化粧品の酵素を生かしたまま、しかも、防腐剤、保存料、キャリーオーバー成分を使わずに、さらに変質を抑える事が出来ないかと試行錯誤の結果。。。

ハーブを蒸留する際の、温度と時間を工夫する事でこれが可能になる!という事に辿り着くんですねー。

酵素などを生かしたまま、雑菌のみを滅菌する低温蒸留という方法です。

この技術のおかげで、白樺化粧水を非加熱と同じく生きたまま、しかも無添加のまま、変質しにくいように処理する事が可能になっております。

つまり、ピュアノーブルの白樺化粧品は。。。

○非加熱と同じく生きたまま
○防腐剤・保存料(キャリーオーバー成分)も無添加
○人の手の入っていない自然林から採取したオーガニック&ワイルド

っと、この辺が普通の白樺化粧品との違いなんですよー。

  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line
  • メールマガジン