白樺樹液の効果や効能って?

白樺樹液は、お肌に対してどんな効果や効能があるの?

白樺樹液
  • お肌を健やかに保つ
  • お肌にハリと潤いを与える
  • 角質層に無理なく浸透
  • 保湿作用

キシリトールだけじゃないんです!

白樺って言えば、高原や寒い地方に生えているあの樹ですよね?
ガムなどに使われている「キシリトール」でも有名です。

でもこの白樺、キシリトールだけじゃないんですよー
北欧などでは、『母なる樹』とか『森の看護婦』とまで呼ばれているんです。


うーん、何だか優しく癒すような。。。
そんなパワーを感じさせる呼び名ですよね?

ではでは、そんな呼び名になったのは、一体なぜなんでしょうか?

このページでは、『母なる樹』・『森の看護婦』から採れた白樺樹液のパワーについてちらっとご紹介!

コレを読んだら、きっとあなたも白樺通???

白樺の別名は?

新芽を芽吹かせるエネルギーがいっぱい! 〜お肌を健やかに保つ〜

いきなりですが、白樺の樹液が採れるのは、雪解けの1ヶ月間だけ!って知ってました?

「えっ? でも、ソレとお肌にどんな関係があるの???」

ソレが実は大ありなんです!

雪解けが過ぎると、白樺に新芽が吹き出して来ます。
でも、新芽が吹く頃には、もう樹液が採れなくなってしまうのです。


マザーウッドシリーズには、そんな貴重な白樺樹液をたっぷり使っています!
なんでも、最近の研究で分かって来たようなのですが、白樺樹液には、お肌を健やかに保つ働きがあるそうです!

樹液には新芽を吹かせる栄養がいっぱい!

お肌が欲しがる栄養がたっぷり! 〜お肌にハリと潤いを与える〜

白樺樹液には、お肌の欲しがる栄養がた〜っぷり!

お肌にハリと潤いを与えてくれます!

さっすが、『森の看護婦』

お肌にハリと潤い

お肌の成分に近いから 〜角質層に無理なく浸透〜

そして、そして、この白樺樹液の栄養素や組成のバランスがじつは、生物の細胞内の水分にとっても近いんです。

だから、角質層へも無理なく浸透!

ポイント3 食べられるほど肌に優しい

サラサラなのに強〜い保湿力! 〜保湿作用〜

ついに出ました、キシリトール!
うーん、やっぱりただ者じゃなかったんですね〜

キシリトールの何がただものじゃないかって言うと、その保湿効果なんです!

キシリトールの保湿力は、あのグリセリンと同等。
しかも、その使用感はサラサラ〜

白樺樹液の基礎化粧品の『サラサラなのにしっとり♪』は、この辺にヒミツがあるんですよー

お肌を清潔に保つ!

そしてまたまたキシリトール!

虫歯に良いというぐらいですから、お肌に使うとどうなるかっていうと。。。

やっぱり!
お肌を清潔に保ってくれるんです。

白樺樹液のパワー

ココまで読んでみて、いかがでしたか?
少しは、白樺通になれたでしょうか?

でも、でも!
白樺樹液のパワーって、実はコレだけじゃないんですよー

  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line
  • メールマガジン