ラベンダーの効果や効能って?

ラベンダーは、お肌に対してどんな効果や効能があるの?

ラベンダー
  • お肌を健やかに保つ
  • お肌を保護する
  • 皮脂のバランス調整

ラベンダーってどんなハーブ?

ラベンダーは地中海地方原産で、青紫色の小さな花をたくさん咲かせるハーブ。

ラベンダーは、間違いなく最も頻繁に使われるハーブで、アロマテラピーの世界では「万能ハーブ」とも呼ばれています。

その名の通り、ルームコロンとして使用したり、香水やスキンケアなど様々な用途で使われています。

ラベンダーは、まさに万能ハーブ!

語源はランドリーと同じ? 〜エピソード〜

古代ローマの人々は、ラベンダーを浴槽に入れて沐浴し体を洗うのに利用していました。

この事から、ラベンダーの名前はラテン語で「洗う」という意味の「ラワーレ」から由来していると言われています。
また、洗濯室を意味する「ランドリー」も同じ言葉から来ているそうなんです。

さすが、「洗う」ハーブという感じですよね?

1920年代、フランスの化学者「ルネ・モーリス・ガットフォセ」が研究中に事故を起こしました。

この事故の際に、ラベンダーのエッセンシャルオイルを用いたことから、アロマテラピーが始まったそうなんですよ。

そう、ラベンダーって、じつはアロマテラピーの起源の植物でもあるんです!

ラベンダーの語源は洗う!

正式には?

ラベンダー
学名:Lavandula officinalis
科名:シソ科
ラベンダーの花って、こんな花です。

どんな香り?

ハーブ調でフローラルな香り

お肌への効果や効能

お肌を健やかに保つ、お肌を保護する、皮脂のバランス調整

ラベンダーのお肌への効果や効能

  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line
  • メールマガジン