カモミールの効果や効能って?

カモミールは、お肌に対してどんな効果や効能があるの?

カモミール
  • お肌の柔軟性を保つ
  • 保湿作用
  • お肌を保護する作用

カモミールってどんなハーブ?

カモミールはヨーロッパ原産の多年草で、マーガレットに似た花を咲かせるハーブです。

ハーブとしてのカモミールの歴史は古く、ヨーロッパでは2千年以上に渡って使われていました。

カモミールは、古代アングロサクソンの9つの聖なるハーブの1つとされ、「メイセン」と呼ばれ、とくにイギリスでは、最も古くから用いられた植物のひとつです。

中世のヨーロッパでは、好んでスキンケアに用いられたハーブの一つです。

17世紀の植物学者ニコラス・カルペッパーも、その著書でカモミールについて、様々な記述を残しています。

日本では「カミツレ」として知られていますね。
ハーブティや基礎化粧品、入浴剤などに好んで使われています。

特にスキンケアやヘアケアではカモミールの本領発揮!
髪やお肌の色つやを保ったり、カサカサになったお肌を守ったりと大活躍しています。

カモミールは歴史の古い聖なるハーブの1つ

語源は地面のリンゴ? 〜エピソード〜

カモミールの花の芳香は、じつは青りんごに似ているんです。

この事から、ギリシャで「カマイ・メロン」(地面のリンゴ)と呼ばれ、英語の「カモミール」となったんだそうです。

古代エジプトの時代では、別名「マザーハーブ」と呼ばれていたそうです。

エジプトでは、マザーハーブとも呼ばれていました。

正式には?

カモミール
学名:Anthemis nobilis
科名:キク科
カモミールの花って、こんな花です。

どんな香り?

フルーティで青リンゴに似た香り

お肌への効果や効能

お肌の柔軟性を保つ作用、保湿作用、お肌を保護する作用

カモミールのお肌への効果や効能

  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line
  • メールマガジン