油焼けとは?

先日、お客さまから頂いたメールの中に。

油焼けって何? 「オイルやクリームを使うと油焼けすると聞いたのですが、本当ですか?」

「また、油焼けって、どんな状態の事ですか?」

油焼けって本当にあるの?というご質問がありました。

油焼けについては、今までにも多数頂いてますので、こちらのページで少し詳しくお話させて頂きますね。

油焼けとは?

油焼けとは、主に下記の2つの状態を指す事が多いようです。

    POINT!
  1. 太陽光の紫外線や熱などが、油を酸化させ色素沈着を起こす
  2. 肌にオイルを塗っていると、日焼けしやすくなる

油が酸化するから?それともオイルで焼けやすくなるの?

1については、油に混入している不純物が問題になっています。

まだ石油の精製技術が未熟だった時代に、石油由来のミネラルオイルやワセリンなどには、不純物がつきものでした。

この不純物を多く含んだオイルを肌に塗って直射日光を浴びると、不純物が酸化して、色素沈着を起こす原因になっていた訳です。

油に含まれる不純物が原因

これらの石油由来系オイルも、今では精製技術が格段に進歩していますので、不純物が原因でシミや色素沈着を起こす事はなくなって来ました。

ただですね、最近では食用の天然オイルなどで手作り化粧品をされている方などを良くお見受けします。

そんな時は、酸化しやすいオイルや不純物が多く含まれているオイルを避け、良くお調べになってからされると良いかと思います。


2については、サンオイルから生まれた都市伝説かもしれないですね。

お肌にオイルを塗っても、特に日焼けしやすくなるという事はないかと思います。

ただですね、石油由来のオイルの方は、今度は精製技術が良くなり過ぎて、完全に透明なので、紫外線を全部通してしまう!という部分があります。

植物オイルなどの天然オイルの方は、完全に透明ではないので、多少なりとも紫外線を防いでくれる!という部分はあるかもしれませんね。

石油由来オイルと植物由来オイル

さてさて、こんな感じで基本的に油焼けは、太陽光による不純物の酸化が原因となってますので、酸化しにくいオイルであれば、特に問題はないかと思います。

もちろん、当店のクリームに使っているホホバ油は、植物油の中で、最も酸化しにくいオイルですし、蜜蝋も防腐剤の代わりに使われるほど、抗酸化力が強いワックスです。

ですので、油焼けについては、どうぞご安心頂ければ幸いです。

マザーウッドシリーズは大丈夫!

  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line
  • メールマガジン