肝斑の原因と対策&改善法は?

スキンケアや化粧品だけでは全く歯が立たないシミ
それが、肝斑!


シミのケアって、地道にしっかり保湿を続けると、結構効果を感じられるもの。

でも、時には、いくらスキンケアを工夫しても、それだけじゃ全く歯が立たないシミもあるんですよー。

それが、実は肝斑(かんぱん)なんです!

このページでは、そんな肝斑の原因と対策や改善方法についてお話しします!

肝斑とは?

肝斑の症状 肝斑とは、主に頬骨から目の脇あたりに広範囲にぼんやり広がるシミの事。

額や頬、口の周りに出る場合もあるのですが、大きな特徴は、左右対称って事!

顔の左と右に、同じ位置・同じ大きさで発生します。

年齢層にも特徴があって、肝斑が出来るのは、30代〜50代にかけて。

そして、閉経とともに症状が消えて行きます。

肝斑の原因とは?

肝斑の原因は、3つあります!

    POINT!
  1. お肌への蓄積した刺激
  2. 女性ホルモン
  3. 紫外線

クレンジングや洗顔の摩擦などの刺激がお肌に蓄積したり、女性ホルモンのバランスが崩れているところへ、紫外線が当たると顔の特定の部位に色素沈着が起こってしまう!

どうやら、この3つが絡み合って肝斑が出るというのが本当のところのようです。

このため、妊娠や経口避妊薬(ピル)の服用をきっかけにシミが出始めて、閉経で急にシミが消えるという場合も多いようです。

肝斑の原因

肝斑の治療法や改善方法について

さてさて、ここまで肝斑について簡単にお話して来ましたが、このシミは、スキンケアのみでの改善は難しいですよね?

何と言っても、女性ホルモンが絡んでいますから。

ただですね、この肝斑!実はキレイに消す治療法が確立されつつあるんですよー。

トラネキサム酸やアスコルビン酸(ビタミンC)、漢方などの内服が良く効くそうですので、もしかして肝斑かも?なんて方は、かかりつけの皮膚科の先生に相談されると良いかもしれないですね。

肝斑の治療法と改善法

スキンケアなどで出来る対策や予防法は?

ではでは、次にスキンケアや生活習慣で出来る、肝斑の対策や予防法について!

大きく分けると、お肌への刺激を抑えること、そして、しっかり紫外線対策をする。

この2つがポイントになります!

    お肌への摩擦や刺激を抑える
  • クレンジングや洗顔の際に強く擦らない
  • 落ちやすいメイクを心がけ、洗浄力の弱い化粧落としを使う
  • スクラブやピーリングはなるべく控える
    紫外線対策
  • 日傘や帽子や手袋など、なるべく衣類でガードする
  • 日焼け止めを使う時は、刺激の弱いノンシリコンでSPF20前後のアイテムを使う

肝斑のスキンケア対策と予防法

肝斑としみの違いと見分け方

お客さまから、良く頂くのが「肝斑としみの違いが分からない」とか「肝斑としみの見分け方を教えてください!」なんてお問い合わせ。

そこで最後に、肝斑の特徴をもう1度挙げておきますね!

    POINT!
  • 一生懸命スキンケアしてるのに、ビクともしないシミがある
  • そのシミは、頬骨〜目の脇辺りor頬〜口の周りに左右対称にある
  • 年齢が30代〜50代である
  • そう言えば、妊娠からorピル服用時から、シミが出始めたかも?

こんなシミは、肝斑の可能性があります。

肝斑とシミの違いは?

  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line
  • メールマガジン