メラニンって本当に悪者?

メラニンって、実はお肌を守る存在!

紫外線は、遺伝子も傷つける しみの原因と言えば、すぐにメラニンが挙げられてしまいますが、メラニンって本当に悪者なんでしょうか?
(→メラニン色素とは?

メラニンが生成されるのは、肌が強い刺激を受けた時。

例えば、叩く・擦るなどの物理的な刺激を続けた時もうそうですが、特に紫外線に強く反応するようになっています。

と言うのも、紫外線は肌や細胞を傷つけるどころか、遺伝子までも傷つけてしまうような、ケタ外れのチカラを持っているからなんです。

お肌にとっては、ある意味、放射能並の破壊力を持っている訳です。

この強烈な光線が肌に当たると、そのままでは皮膚の中に透過して、細胞核や遺伝子が傷ついてしまいます。

メラニン色素がお肌を守る そこで、お肌はメラニンを分泌して、紫外線を吸収させてしまいます。

つまり、お肌は『細胞核や遺伝子を守るためにメラニン色素を生成している』ということ!

メラニンって、お肌にとって悪者どころか、盾の役割をしてくれる大切な存在なんですね。

でも!
お肌を守ってくれる存在なのに、どうして悪者になっちゃうの?

メラニンが悪者にされちゃう理由って?

紫外線や強い刺激が肌に襲いかかると、お肌はメラニンを分泌してお肌を守ろうとする。

ココまでは、OKなんです!
OK!というより、お肌を守る上で無くてはならない機能ですよね?


問題はその後!

肌細胞を守るために、表皮の基底層という部分に広がったメラニンは、お肌に対する刺激がなくなれば、必要がなくなるので消えて行くはずですよね?

ところが、お肌に居座ってしまう場合があるんです。

この居座ってしまったメラニンが『しみ』という事で、すご〜く嫌われる存在なんです。

お肌に居座ったメラニンがしみになる

つまり、『肌を守るためにメラニンが分泌されるのはOK!』
でも『用もないのに居座るメラニンはNG!』って事ですよね?


ではでは、メラニンはどうしてお肌に居座ってしまうのでしょうか?

  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line
  • メールマガジン