合成ポリマー

合成ポリマーとは、ポリマー様の大きな分子サイズを持った高分子の合成物質の事。

一般的に合成樹脂、合成セルロース、合成オイルなどを指します。


合成ポリマーは、化粧品では主にジェル基剤に使われています。

ビニールやラップなどのように、どこまでも繋がっているような物をイメージして頂くと分かりやすいかと思います。

化粧品で言うと、ジェル基材などに多く使用されます。


合成ポリマーを化粧品に使うと、お肌の表面でコーティングするようにお肌を覆い、しっとりしたような満足感とツルツルとした感触が得られます。

安くて強力な感触改善力があるため、最近好んで使われる成分でもあります。

合成ポリマー自体に毒性などはありません!

ただ、肌の表面を覆い強いしっとり感やツルツルした感触が得られてしまうため、お肌の乾きに気付かずインナードライなどになるケースも多く見られるようです。(→ノンシリコン

  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!