合成ポリマーとは?

合成ポリマーとは、ポリマー様の大きな分子サイズを持った高分子の合成物質の事。

一般的に合成樹脂、合成セルロース、合成オイルなどを指します。


合成ポリマーは、化粧品では主にジェル基剤に使われています。

ビニールやラップなどのように、どこまでも繋がっているような物をイメージして頂くと分かりやすいかと思います。

化粧品で言うと、ジェル基材などに多く使用されます。


合成ポリマーを化粧品に使うと、肌の表面でコーティングするように肌を覆い、しっとりしたような満足感とツルツルとした感触が得られます。

安くて強力な感触改善力があるため、最近好んで使われる成分でもあります。

合成ポリマー自体に毒性などはありません!

ただし、シリコン系のように落ちにくい合成ポリマーは、洗い流す際に強いクレンジングが必要になるため、肌荒れの原因になることがあります。(→ノンシリコン

また、肌の表面を覆い、強いしっとり感やツルツルした感触が得られてしまうため、肌の乾きに気付かずインナードライなどになるケースも多く見られるようです。

合成ポリマーの化粧品成分名や表記!見分け方は?

ではではつぎに、合成ポリマの成分名や表記、簡単な見分け方について!

合成ポリマーの種類は、ざっくり分けると…

    合成ポリマーの種類
  1. シリコン系ポリマー
  2. ジェル(水溶性ポリマー)

…の2種類があります。

合成ポリマーはかなりの数があるのですが、成分名や表記に特徴があります!

シリコン系ポリマーは、末尾に○○メチコン、○○クロスポリマーという成分名のものが多いのが特徴。

    シリコン系ポリマー
  • 〇〇メチコン
  • ○○クロスポリマー

そして、化粧品の成分名に○○ポリマーやアクリル○○、アクリロイル〇〇、カルボマーという成分があれば、それは水溶性ポリマーです。

    ジェル(水溶性ポリマー)
  • 〇〇ポリマー
  • アクリル〇〇
  • アクリロイル〇〇
  • カルボマー

  • このページをはてなブックマークに追加

スキンケア用語集のトップに戻る

Follow Me!