ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは、酸を使って、古い角質を剥離・除去するピーリングの一つの方法。
(→ピーリング

ケミカルピーリングは、酸をお肌に塗る角質ケア

グリコール酸(フルーツ酸)や乳酸(フルーツ酸)、サリチル酸(植物酸)などの酸を、お肌の表面に塗り、角質を溶解するというよりも角質細胞同士の結合を弱くさせる事で、少しずつ角質を剥離・除去します。

お肌のトラブルが集積した角質を剥離させる事で、お肌のトラブルを改善させるとともに、肌細胞の代謝を活性化してお肌の肌理やハリを取り戻す事を目的としている。

ケミカルピーリングが適していとされる適用やお肌の状況は、ニキビ、毛穴の詰まり、くすみなど。

また、コラーゲンの再生を促したり、お肌のふっくら感を出したい時などにも有効とされています。

ただし、手法としては、通常のピーリングや顔剃りなどと同じで、強引に一皮むくようなイメージ!

角質が薄くなっている方はとくに、回数や頻度などに注意が必要です。

また、お肌が敏感な方は、荒れてしまったりヒリヒリ痛んだりといった副作用が出るケースもあります。

失敗を防ぐ意味でも、販売店やサロンの方などと良く相談しながら進めた方が良いかもしれませんね。

  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!