美肌のための正しい洗顔方法

美肌のためにおすすめの正しい洗顔方法って?

「美肌作りにおすすめの、洗顔方法を教えてくださいー」

「正しい洗顔方法って、あるんですか?」

自分に合った洗顔法イメージ最近、こんなお問い合わせをたくさん頂いています!

うーん。
この問題、じつはなかなか難しいんですよー。

ズバリ正解を言ってしまうと…

全員に当てはまる正しい洗顔方法って、無かったりします。


そういうマニュアル的な考え方よりも…

  • 汚れ具合に応じて、柔軟に変化する
  • 自分に合った洗顔方法を身につける

そんなイメージの方が、近いと思うんですね。

育子ちゃん
育子ちゃん
@勉強中

えーと…
柔軟で、自分に合った洗顔方法?
まだちょっと、ピンと来ないかも。

そこで、このページでは!
美肌のためにおすすめの正しい洗顔方法について、簡単にお話させて頂きたいと思います。

3分ほどで、簡単に読み終わると思います。

どうぞ最後までお付き合いください!

1日の過ごし方で、洗顔方法も変わります!

汚れ方が違うイメージ さてさて、さっそくですが洗顔って、顔の汚れを落とすためにするものですよね?

その汚れ自体に、かなりの個人差があるとしたら、洗顔方法も変わって来ると思いませんか?

たとえば!
泥んこ遊びで、顔中泥だらけになってしまった子供と、部屋で積み木遊びをしていた子供では、当然、洗顔の仕方が変わると思うんですね。

ここまで極端じゃなくても、スポーツをしたり、屋外で活動する時間の多い方と部屋の中で過ごす時間が多い方では、お肌の汚れ具合は変わって来ると思います。

お肌の汚れ具合が違うという事は、当然、その汚れを落とす洗顔方法も変わって来ますよね?

さらに、もう少し考えてみると・・・

メイクアップ方法でも、洗顔方法が変わります!

メイク法も色々です

人によって、使っているメイクアップ用品や方法も千差万別ですよね?

毎日すっぴんで過ごしてしまう方や、簡単に落ちる軽いメイクをされている方、そして、バッチリメイクをされる方などなど。

さらに、同じ人でも、日によって違うと思うんです。

ウィークデーは、しっかりメイクアップするけど、週末はスッピンで過ごす事が多いとか?

しっかりメイクアップをしていれば、それだけしっかり洗わなければなりませんし、軽いものだったら、洗顔も軽くて済むと思うんです。

っと、こんな感じで、メイクのやり方でも、洗顔方法は変わってきますよね?

同じ方法で洗ったら?汚れが残ったり、洗い過ぎに…

さてさて、こんな感じで見てくると…
全員に当てはまる、正しい洗顔方法はない!って意味、ご理解頂けたかな?なんて思うんです。

汚れ方も人それぞれですし、メイクのやり方もお肌の状態もそれぞれです。

もし、同じ方法で洗顔してしまったら、汚れが残ったり、逆に洗い過ぎになってしまいます。


これでは、美肌も正しい洗顔も、ほど遠いですよね?

洗い過ぎ&汚れが落ちていない

ではでは、実際に自分にピッタリ合った正しい洗顔方法を身につけ。

美肌をキープするめには、どうしたら良いんでしょうか?

美肌のためにおすすめの正しい洗顔方法

美肌のためにおすすめの正しい洗顔方法

ポイントは2つあります!

    POINT!
  1. 洗顔は諸刃の剣であると知ること
  2. 洗顔は最小限で済ませること
肌美先生
肌美先生
スペシャリスト

それぞれ、見ていきましょう!


洗顔は諸刃の剣であると知ること

洗顔は、お肌の汚れや雑菌を洗い流してくれる、素晴らしいスキンケアである反面。

皮脂膜や善玉菌を洗い流し、一時的にお肌を乾燥させ、ガード力を弱めてしまというマイナス面もあるんですね。


まずは、この点をしっかり理解しておきましょう!


洗顔は最小限で済ませること

そうやって考えれば、洗顔はなるべく最小限に済ませた方が良いわけですよね?

洗い過ぎに充分注意しながら、汚れだけはしっかり落としてあげる!

そんな洗顔方法が、ベスト!って事ですよね?


っとこんな感じで、「諸刃の剣」「最小限」この2つの基本を、しっかり頭の片隅に置きながら…

「洗顔料は何を使う?」とか「泡立て方はどうする?」とか、細かい方法を考えていくと間違いなさそうですね。

例えば、洗顔石鹸ならこんな感じ…

    洗顔石鹸を使った洗顔方法
  1. 30〜34度ぐらいまでのぬるま湯で顔を濡らす
  2. 石鹸を軽く泡立てる
  3. 顔全体を手のひらで優しくこすり洗い
  4. 30〜34度ぐらいまでのぬるま湯で洗い流す
  5. ゴシゴシ擦らずに、タオルで押さえるように水気を拭きとる

っとこんな感じで!
美肌のためにおすすめの正しい洗顔方法について、お話させて頂きました。


さてさて次は!
正しい洗顔の回数は?洗浄力はどうする?なんてお話!

このページの内容を、さらに進めた考え方になってます。

ポイント

無添加洗顔石鹸に戻る


  • このページをはてなブックマークに追加

使い方など!

Follow Me!