角栓や毛穴の黒ずみの本当の原因と改善法

先日お客さまから、こんなお問い合わせを頂きました。

『最近、小鼻の角栓や毛穴の黒ずみが目立つようになって来たので、先日からこちらの無添加化粧品に切り替えました。

普通のスキンケアの他にも、毛穴シートパックを使ったり、クレンジングで念入りに洗ったりして取っているのですが、一向に変化がありません。

何か良い改善法があれば、教えてください!』

角栓や毛穴の黒ずみって、やっぱり気になりますよね?
お肌がポツポツして、何だか汚らしく見えたりして(汗)

こうなると、ついつい慌てて毛穴用のシートパックを使ったり、何度も何度も洗ったりしてしまいがちです!

でも、コレ、実は全て逆効果なんですね。

毛穴シート・良く洗顔する・無理なスクラブはNGです!

そもそも、毛穴に物が詰まるのが問題なの?

角栓が詰まったり毛穴が黒ずむのは、何かが毛穴に詰まるから!
だから、詰まった物を取り除けば良い!という考え方、確かに分かるような気がします!

でも、良く考えると、毛穴に何かが詰まるのが問題なのではなく、そもそも、物が詰まるほど毛穴が開いているのが問題なんですよね?

だから、毛穴シートパックやクレンジングで角栓や黒ずみを取り除いても、問題は解決しない!という事になってしまうのではないでしょうか?

毛穴の汚れ取っても、また詰まる!

角栓や毛穴の黒ずみの本当の原因って?

さてさて、毛穴に物が詰まるのが問題なのではなく、毛穴が開いているのが本当の問題だって事、ご理解頂けたと思います。

ではでは、毛穴ってどうして開いてしまうんでしょうか?

角栓と毛穴の黒ずみの本当の原因は、乾燥による毛穴の開き この辺の事は、上記のページで詳細をお話していますが、実は、毛穴が開いてしまう原因には、3つの段階があるんですよー。

3つの段階を簡単にまとめると。。。
乾燥 → 乾燥による皮脂の過剰分泌 → 乾燥による不全角化


つまり、毛穴の開きの原因は、乾燥って事!

と言う事は、乾燥と角質が剥がれ落ちるのを防いであげる事が、角栓や毛穴の黒ずみの本当の解消法!って事ですよね?

角栓や毛穴の黒ずみの本当の改善法とは?

こうやって考えると、毛穴シートパックや念入りのクレンジングが
全くの逆効果だって分かって頂けると思うんですね。


例えば、毛穴シートパックでしたら、お肌に貼り付けてペリッと剥がす感じですので、
確実に角質を剥がしてしまいますよね?

保湿ケアが一番の毛穴の黒ずみ&角栓対策 クレンジングを念入りにしたり、何度も洗ったりしたら、乾燥も進ませてしまいますし、
ゴシゴシ擦ったりしたら、やっぱり角質を剥がしてしまいます。

では、では、この辺でまとめます!

角栓や毛穴の開きの本当の原因は、お肌の乾燥!
改善法のポイントは、毛穴&角栓ケアをやめて、徹底した乾燥対策をする事!

    毛穴&角栓ケアをしない
  1. 毛穴シートパックなどで、むやみに角質を剥がさない!
  2. 強いクレンジングを使ったり、洗顔回数を増やして、肌の乾燥を進行させない!
    徹底した乾燥対策をする!
  1. 洗顔の際の水温を30〜35度のぬるま湯にする
  2. 洗顔料を洗浄力が弱く刺激が少ない物に変える
  3. メイクを落ちやすい物に切り替える
  4. 角質に水分をたっぷり入れてあげる
  5. クリームの油膜でしっかりフタ
  6. 洗顔からスキンケアまでの時間を縮める

この辺は、インナードライ対策やニキビ対策とも重なる部分もありますので、下記のページも併せてお読み頂ければと思います。

小鼻の周りを念入りにケア でも、それだけじゃあ・・・なんて方のために、
じつは、乾燥や角質剥がれを防ぎ、毛穴を閉じるとっておきの方法があるんです!

化粧水→美容液と入れて頂いたあとに、気になる小鼻のあたりにだけもう一度化粧水をハンドプレス!

すぐに、クリームで顔全体にピタッとフタをしますよね?
その後に、もう一度だけ小鼻の上にチョンとクリームをつけ、厚めにしてあげます。

「えー?小鼻の辺りは皮脂でテカテカなのに、クリームたくさん塗るの?」
なんて思うかもしれませんが、騙されたと思って、1ヶ月続けてみてください!


これは夏の暑い季節でも使える方法です。
1ヶ月後には、かなり変化を実感できるかと思います!

「えー?1ヶ月も待てないよー。」
「今すぐ黒ずみを何とかしたい!」なんて方には、お肌の乾燥を進ませず、角質も剥がさずに角栓や黒ずみを取る!
そんな方法をご紹介します。

ただし、この方法で角栓や毛穴の黒ずみを取り除いても、毛穴が開いていれば、またすぐに溜まってしまいます。

このページの毛穴を閉じるスキンケアと並行して行うと理想的かもしれませんね?

  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line
  • メールマガジン