成分へのこだわりが違うんです!

国産だけじゃない!市販のオーガニック化粧水とココが違う!

オーガニック化粧水や無添加化粧水って、ひと口に言っても色んなタイプがありますよね?

国産のものや海外のもの、それに市販のもの。

普通にケミカル成分がたくさん入ってるタイプや、成分に色々こだわっているタイプ・・・。

そんな中で!

ピュアノーブルの化粧水はどんなタイプかというと。・

天然成分と無添加製法にこだわりまくった、国産のオーガニック化粧水なんです!


まずは、全成分を見てみてください!

<化粧水の全成分>
白樺樹液、シルク溶液、ハーブエキス(カモミール、ローズマリー、ラベンダー)


成分は白樺樹液とハーブ、それにシルクだけ!

しっかり天然成分100%ですよね?

肌美先生
肌美先生
スペシャリスト

さらに、オーガニックという部分にも!
チョット普通の化粧水と違う、こんなこだわりを持っているんですよー。

白樺樹液は、「オーガニック」よりも上の「ワイルド」

白樺樹液は、人の手の入っていない国内の自然林から採取しています!

「自然林だから何なの?」

なんて声もあるかもしれませんが、コレってじつはスゴイ事なんですよー。

3年以上農薬や化学肥料を使っていない畑で、有機無農薬で栽培された植物を「オーガニック」なんて呼びますよね?

でもじつは!
自然林の場合は、それよりもワンランク上の「ワイルド」に当たります。

人の手が入っていないという事は、今までに一度も農薬や化学肥料を使っていないという事ですよね?

つまり「今までに一度も、農薬にさらされていない成分」という事になるんです!

オーガニックとワイルドの違い

さらに、こういう植物自体が少ないので、希少価値というかプレミアも付いてしまいます。

だから、化粧品に使われる「ワイルド」の植物成分は、ものすごく貴重な物になるんですね。

マザーウッドシリーズの白樺化粧水には、こんなに貴重な「ワイルド」の白樺樹液をベースにしているんですよー。

コレって、すごい事だと思いませんか?

普通のオーガニックは3年!マザーウッドシリーズは30年以上!

マザーウッドシリーズの白樺化粧水には、国内で自家栽培した完全有機無農薬栽培のハーブのみを使っています。

でも、でも!
普通の有機無農薬栽培とは、ちょっとこだわりが違うんですよー。

普通にオーガニックと呼ばれる植物は、日本の場合は、3年以上農薬や化学肥料を使っていない畑であればOK!

マザーウッドシリーズのハーブはなんと!

30年以上放置して、残留農薬を完全に排除した畑で栽培しています。


普通のオーガニック化粧水とマザーウッドシリーズの違い

肥料にだって、こだわりました!

肥料の抗生物質残留もありません! さらにさらに!

普通の有機栽培では、肥料に市販の鶏糞を使う場合が多いですね。

でも、鶏糞を使うと、ニワトリのエサに含まれる抗生物質の残留が心配です。

でも、ご安心ください!

マザーウッドシリーズに使用しているハーブは、無菌状態で飼育し、チュラルなエサだけで育ったハトのフンを肥料にしています。

これなら、抗生物質残留の心配もありませんよね?

さてさてこんな感じで!

ピュアノーブルの化粧水と市販のオーガニック化粧水の違い、お分かり頂けたでしょうか?

次は!
化粧水とアルコールについてのお話です!

チェック

無添加化粧水に戻る


  • このページをはてなブックマークに追加

使い方など!

Follow Me!