顔のテカリの原因と正しい対策&防止法って?

先月から、化粧品を使わせて頂いております。

実は、脂性肌で顔のテカリで悩んでいるのですが、何か良い方法はないでしょうか?

洗顔の回数を増やしたり、こまめに拭きとったりしているのですが良くなりません・・・。

テカテカ肌の原因って? 先日、お客さまから、こんなメッセージを頂きました。

皮脂とか顔のテカりって、けっこう気になる部分ですよね?
温かい季節になると、特にテカテカ&ベタベタ気味に。

「ひゃー テカテカ!」なんて思いながら、何度も何度も洗ったり、ゴシゴシ拭きとったり。

色々やってみるんですけど、皮脂を抑えるどころか、最後には洗ったり擦ったりし過ぎて、ヒリヒリになってしまう・・・。

そんなケースって、けっこうありがちですよね?

そこでそこで、このページでは、顔のテカリの原因と正しい対策&防止法について簡単にお話します!

そもそも、顔のテカリの原因って?

暑い季節は特に、皮脂のテカテカが気になり出すと、ついつい、何度も顔を洗ったり拭き取ったりしてしまうんですよね?

確かに、ほんの一時的には、この方法でテカリを抑える事は出来るかもしれません。
でも、この方法って、長い目で見ると逆効果になる事の方が多いんですよー。

なぜなら、皮脂が過剰に分泌されるのはおもにに以下の2つが本当の原因だからです!

    顔のテカりの原因
  • 乾燥からお肌を守るため
  • 刺激からお肌を守るため

つまり!
何度洗っても、何度拭き取っても、お肌を乾燥と刺激から守ってあげない限り、皮脂はたくさん出続ける!って事。

皮脂とテカリを抑える正しい対策&防止法は?

もちろん、気温とか体質・年齢なども皮脂の量に関わっていますが、それらの関わる変化は微々たるもので、過剰に分泌される理由にはなりません。

それよりも、チェックすべきなのは。。。

「汗と皮脂のベタつきの裏で、お肌がインナードライになっていないか?」
「洗顔のし過ぎや、顔の拭き過ぎ・剃り過ぎなどで、お肌に刺激を与えていないか?」

。。。っという事ですよね?



こうして、しっかり保湿をして、洗い過ぎや拭き過ぎなどに気を付けてお肌から「乾燥」や「刺激」を取り除いてあげる事が大切です。

すると、お肌を守る必要がなくなるので、皮脂が自然と少なくなって、顔のテカリも解消されて行くという事なんです。


水分不足の肌と水分たっぷりな肌

もちろん、応急処置として、あぶらとり紙等でゴシゴシ擦らずに押すようにして皮脂を抑えるような方法は良いと思いますし、適度な洗顔も必要な事は言うまでもありませんが・・・。

とりあえず!

「私は脂性肌で、体質だから顔のテカテカは治らない!」なんて思い込んでる方も、実は、乾燥や刺激を取り除いてあげると「あれ テカリが収まった!」なんて事も多いんですよー。

具体的な方法は、下記の8つになりますので、まずはチェックしてみてください!

テカリを抑える正しい方法

    皮脂対策をしない!
  1. 油紙やティッシュなどで皮脂を拭き取らない!
  2. 顔を良く洗ったり、洗顔回数を増やしたりしない!

皮脂対策はNG

    徹底した乾燥対策をする!
  • 洗顔の際の水温を30〜35度のぬるま湯にする
  • 洗顔料を洗浄力が弱く刺激が少ない物に変える
  • メイクを落ちやすい物に切り替える
  • 角質に水分をたっぷり入れてあげる
  • クリームの油膜でしっかりフタ
  • 洗顔からスキンケアまでの時間を縮める

徹底した乾燥対策がテカリ防止のポイント!

そう!

乾燥性脂性肌やインナードライの対策と同じって事なんですね。
っという事で、さらに詳しい解説は、下記のページを参照してください!

  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line
  • メールマガジン