潤いのヒミツは植物性コラーゲン?

【医師監修コラム】
美容液の潤いのヒミツは植物性コラーゲン?


マザーウッドシリーズのオーガニック美容液をお使いになった事がある方は、「ん? やっぱり化粧水より、かなり潤うなー」なんて感想をお持ちになったと思います。

「化粧水とそんなに成分が変わらないのに、なぜなんだろう???」 なんて不思議に思った方も多いと思うんですね。

じつはじつは!
美容液の潤いのヒミツは、植物性コラーゲンにあったんですよー。

このページでは、お医者さま監修のもと、植物性コラーゲンについてお話したいと思います!

でも、コラーゲンと言ったら動物性でしょ?

コラーゲンと言ったら、サプリでも化粧品でも、豚やサメなど、動物性コラーゲンやマリンコラーゲンがまず思い浮かびますよね?

って言うよりも、コラーゲンは動物独特の物で、植物にはない成分だ!なんていうのが、一般的じゃないでしょうか。

「でも、成分に植物性コラーゲンって書いてあるよ!」
「それはどうして?」

植物性コラーゲンとは?

当店のオーガニック美容液に使われているコラーゲンは、実は、ヤマニンジンから抽出しているんですよー。

コラーゲンの成分としてヒドロキシプロリンというアミノ酸が知られていますが、以前は動物にしか存在しないと思われていた成分です。

ところが、人参の抽出物の中にヒドロキシプロリンが入っている事が分かって、植物由来であることから植物性コラーゲンと呼ばれるようになったんですねー。

「へー、そうなんだー」

「でも、どうして わざわざ植物性コラーゲンを使ったの?」

言いたかったのは、実はソコなんですよ〜

植物にもヒドロキシプロリンが!

美容液に植物性の人参コラーゲンを使った理由とは?

実は、植物性コラーゲンは、 動物性コラーゲンに比べてすごく分子が小さいんですね。

だから、お肌への浸透性がスゴク良いんですっ!


コラーゲン自体がインナードライに良いと言われている成分。

お肌の保水力を高めて、潤いを与えお肌のハリを出し、シワやたるみを解消したい!そんな目的でスキンケア製品に配合される成分ですよね?

だから、しっかりお肌に浸透するという事はスゴク大切な事。

さらに!
人参コラーゲンは、その他のコラーゲンと比べて保水力が10倍もあるそうなんです!


う〜ん、人参コラーゲンってスゴイッ!
これなら、お肌でたっぷり水分をキャッチしてくれそうですよね?

ちょっと見似たような成分でも、一つ一つの成分を良〜く見極めて行くと、細かいところで微妙な違いがあるもの。

マザーウッドシリーズには、こんな細かい工夫がたくさん!

だからこそ、『シンプルでパワフル』が実現出来たんですよ〜。


植物性コラーゲンは角質に浸透しやすい!

マザーウッドシリーズの美容液が潤う理由とは?

さてさて、この辺で簡単にまとめてみますね〜

当店のオーガニック美容液が潤う理由とは。。。

植物性コラーゲンが浸透性の高い白樺の樹液と一緒に、角質にスムーズに浸透!

そして、お肌の中で10倍の保水力を使ってしっかりと水分をキャッチ!

さらに、一部お肌の表面に残った植物性コラーゲンは、強〜い保水力でお肌の表面に保護膜のような物を作って行きます。


角質の中で水分をしっかりキャッチすると同時に、お肌表面に保護膜を張ります!

っという感じで、植物性コラーゲンの潤いのヒミツ、そしてマザーウッドシリーズの潤いのヒミツ!

お分かりいただけましたでしょうか?

さてさて!
そんな、植物性コラーゲンをたっぷり配合した美容液はこちらからー。

チェック

聴診器

監修:大塚真紀(医師・医学博士)
東京大学大学院医学系研究科卒。
内科、腎臓、透析の専門医。
現在は育児の傍ら、医師という職業を生かし、医療系記事の執筆・監修、最新医学論文の翻訳、医療コラムの作成に従事。


  • このページをはてなブックマークに追加

使い方など!

Follow Me!