朝夜の洗顔と乾燥しない洗顔方法について

『乾燥しない、洗顔方法はありますか?
また、朝と夜と同じ洗顔をして良いですか?』


先日お客さまから、こんなお問い合わせを頂きました。朝と夜の洗顔イメージ

お肌を客観的に見た時に、お肌を乾燥させてしまったり、傷めてしまう一番の原因って、ある意味『洗顔・クレンジング&メイク』だったりしますよね?

朝の洗顔で、顔の油分をしっかり落とした上に、顔に粉を塗ります。
お肌は、その顔に塗った粉に1日中水分と油分を奪われてしまって、夜にはパサパサになってしまいます。

その夜になると、今度はその粉と一緒に、クレンジングと洗顔でまた顔の油を落とす訳ですね。

そして、寝る前には、昼間過酷に扱ってしまったお肌に、反省の意味を込めて、化粧水&美容液でお肌に水分補給!
クリームで油分の保護膜を張ってあげる。

っと、お肌は、毎日こんなサイクルを繰り返している訳ですね!

さてさて、お客さまのご質問にお答えせずに、どうしてこんな話をし始めたかというと、実は、お肌の毎日のサイクルの中に、ご質問の答えがあるからなんですね。

乾燥しない洗顔方法とは?

つまり、洗顔とは元々お肌を乾燥させる物なんだという事。
ですから、乾燥しない洗顔方法とは。。。


Good!
乾燥しない洗顔方法 =
洗顔・クレンジング&メイクの刺激 < 基礎化粧品の保護力 + お肌の回復力


NG!
乾燥する洗顔方法・お肌を傷める洗顔方法 =
洗顔・クレンジング&メイクの刺激 > 基礎化粧品の保護力 + お肌の回復力


お肌への刺激だけを考えれば、メイクさえやめてしまえば、洗顔やクレンジングを念入りにする必要がなくなるので、一番良いのですが、仕事の問題や紫外線対策を考えると、やっぱりなかなかそうも行かないですよね?

そこで、次善の策として
洗い過ぎない事・汚れが落ちるギリギリのラインを狙って洗顔する事!
また、メイクを落ちやすい物に変える事!


やはり、この辺りの事に気をつけるのが、大切になるのかな?と思います。
(この辺の詳細は下記のページをご参照下さいませ。)

理想の洗顔法を探すコツとは?

朝と夜の洗顔法の違いについて

さてさて、次に朝と夜の洗顔法の違いについてなのですが、
朝の洗顔には、メイク落としやクレンジングはありませんので、
当然夜の洗顔とは違って来ますよね?

朝の洗顔では、前日の基礎化粧品を落とすギリギリのラインを狙って、最低限の洗浄力で洗顔する!

夜の洗顔では、メイクとお肌の汚れを落とすギリギリのラインを狙って、最低限の洗浄力で洗顔する!


という感じが、ポイントになるでしょうか?

具体的な洗顔方法と気を付けるべきポイント

ではでは、今度は実際に具体的な洗顔方法について。

気を付けるべきポイントは以下の3つです!

1.お湯の温度
2.洗う順番
3.お肌を強く擦らない


洗顔の3つのポイント
1.お湯の温度
熱すぎるお湯は、必要な皮脂まで洗い流してしまいます。
洗顔に使用するお湯は、『ぬるすぎる』と感じるかなぁ?
と感じるぐらいがちょうどいいぐらい♪
30〜34度が良いとされています!

2.洗う順番
ベタつき・皮脂を感じやすいところから、
乾燥しやすい目のまわりを、最後にするように洗いましょう。

3.お肌を強く擦らない
石鹸をある程度泡を立て、円を描くように優しくこすり洗い!
人差し指、中指、薬指の腹の部分だけを使い、爪は絶対にたてないように。

洗顔後は、タオルでゴシゴシ拭くのは×。
軽く押すように、水滴をタオルに吸わせるイメージで♪

  • このページをはてなブックマークに追加

使い方など!

Follow Me!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line
  • メールマガジン