洗顔石鹸ついての良くあるご質問(FAQ)

無添加洗顔石鹸についての良くあるご質問

こちらのページでは、ピュアノーブルの無添加洗顔石鹸「マザーウッド&シルク・ソープ」について、良くあるご質問をまとめました。

ご参考にされて、色々便利に使ってみてくださいね!

洗顔石鹸についての良くあるご質問(FAQ)

使用方法について

取り扱い&保管方法について

成分などについて


使用方法について

こちらの石鹸は、化粧落としやクレンジング代わりに使えますか?

マザーウッドシリーズの石鹸は、マイナスイオン水とオイルの配合を工夫してありますので、洗い上がりのお肌はしっとりなのですが、しっかりメイクも落とせますよー。

お粉やパウダーファンデーションなどの軽いメイクは、1回の洗顔でしっかり落ちます。
アイシャドーや口紅などラメが残る場合は、ゆっくりマッサージしながら浮かすように洗顔してくださいね。

リキッドファンデーションやコンシーラーの場合も、ゆっくり時間をかけて、汚れを浮かすようにマッサージするか、1度洗い流してから、もう一度洗顔されるとしっかり落ちます。
(2度洗いよりも、1度洗いでしっかり洗顔の方がオススメです。)

もし良かったら、お試しくださいね!

戻る


ボディソープとしても使用出来ますか?

もちろん、ご使用頂けますよ!

洗顔だけで使うより、減りは早くなってしまいますが、アトピー肌や敏感肌のお客さまなどには、特に喜んで頂いています。

なお、バスルームでお使い頂いた場合、溶け出しを防ぐため、ご使用後はバスルームの換気を良く行うか、風通しの良い場所にて保管してください。

戻る


シャンプーとして洗髪に使う事も出来ますか?

もちろんシャンプー代わりにお使い頂く事も出来ますよ!

アレルギーなどでシャンプーを使えないという方にご好評頂いていますし、実は、当店スタッフもこちらの石鹸で洗髪しているんです。

石鹸シャンプーをした場合は、髪の毛がアルカリ性に傾きますので、クエン酸や酢などを水で薄めたものをリンスとして、Phを中和させてあげるのが一般的です。

アルカリ性のままだと髪の毛はゴワつきますが、リンスで中和してあげることで、サラサラに洗い上がります。

戻る


洗顔する時の水温は、どのくらいが良いでしょうか?

洗顔に良い水温は、30〜34度が良いとされています!
コレって実は、顔の表面温度は、体温より低く30〜34度ぐらいだからなんです。

同じような温度で洗えば、刺激が少ないというのもあるのですが、細かく見ると、こんな事情があるんです!

この温度より高い温度で洗顔してしまうと、古い皮脂や汚れはしっかり落ちるのですがお肌に必要なうるおい成分まで洗い流してしまう場合があるんです。

洗顔は、毎日の事ですので、日々これを繰り返してしまうと、乾燥やシワの原因にもなりかねません。

逆に、低すぎる温度で洗った場合は、今度は古い皮脂や汚れが落ち切らない場合があるんですね。

こうなると、にきびや吹き出物など、お肌のトラブルが発生しやすくなりそうですよね?

ですので、洗顔時の水温は顔の温度と同じく30〜34度ぐらいがベスト!

目安としては、温水プールがだいたい30度ぐらいですので、それより微妙に温かい感じでしょうか?

湯船のお湯やシャワーの温度ですと、高過ぎですのでご注意くださいね。

戻る


すすぎの回数はどれくらいですか?

クレンジング剤のすすぎの回数は、最低10回以上とか、すすげばすすぐ程良いとか言われますが、石鹸の場合はクレンジング剤とは少し様子が違います。

石鹸の場合は、水に触れた瞬間に界面活性作用がなくなりますので、すすぐとすぐにヌルヌルとした手触りからキュッキュッという感じの手触りに変わるかと思います。

一方、クレンジング剤の合成界面活性剤は、水に触れても油を溶かし続ける性質を持っていますので、お肌の上でずっとヌルヌルした感じが続きます。

これを、そのままお肌に残しておくと、お肌の油を溶かし続けてしまい、お肌がカサカサになってしまうので、最低10回以上とかすすげばすすぐ程良いという事になります。

石鹸の場合は、このような心配はありませんので、すすぎの目安は3〜4回程度でしょうか?

すすぎの回数と言うよりも、泡が落ちて手触りがキュッキュッと変わるまですすげば問題ありません。

目尻のあたりや口元、髪の毛の生え際などは、泡が落ちにくくヌルヌルが残りやすいと思うので、少し念入りにすすいであげれば良いかと思います。

戻る


石鹸を泡立てる時、どんな方法が一番良いですか?

石鹸の泡については、2つの考え方があるかな?なんて思っています。

1つ目は、「パーッと広がる大きな泡を楽しみたい!」
2つ目は、「キメ細かい泡で優しく洗顔したい」

大きな泡を楽しみたい時には、泡立てネットがオススメです。
泡立てネットに充分に水を含ませて石鹸をこすると、ものの数回でパーッと大きな泡が立ってすごく楽しくお使いになれるかな?なんて思います。

きめ細かい泡が良いなーなんて時は、手を水で濡らしてそのまま手で泡立てみてください。

すぐにパッと軽い泡が立った後、しばらくこするとクリーム状の細かい泡が残ると思うんですね。
こちらの泡を洗顔に使って頂ければと思います。

さらにクリームっぽい泡が良い!なんて時は、手を濡らす水分の量を少なくしてみてください。
大きな泡が立たずに、いきなりクリーム状の泡が立って来るかと思います。

戻る


洗い上がりがしっとりしているのですが、汚れが落ちているか心配です

マザーウッド&シルクソープは、熱処理を使わずに常温でじっくり熟成させるため、
じつは仕上がりまでに1ヶ月もの時間がかかるんですね。

この製法で作った石鹸は、原料のオイルが熱によって酸化する事なく、しっとりとお肌に優しい仕上がりになります。
さらに、こうして出来上がった石鹸には、天然の保湿成分グリセリンがたっぷり入っています。

このグリセリンが、コールド製法独特のしっとり感を生み出しているんですよ。

汚れ落ちにつきましては、製造時の水にマイナスイオン水を使用するため、洗浄力もアップするよう工夫しております。

こんな感じで、しっとり感があるけど、しっかり汚れも落とす!
という独特の使用感を生み出しております。

戻る

取り扱い&保管方法について

消費期限はありますか?

防腐剤や保存料などは、もちろん完全無添加ですので、消費期限があります。

開封前は常温保存で3年、開封後は常温保存で6ヶ月となっています。
さらに詳細は、消費期限についてでご確認くださいませ!

戻る


上手な保管方法を教えてください!

当店の石鹸は、コールド製法の無添加石鹸ですので、通常の物よりも湿気に弱い部分があります。

溶け出しを防ぐため、水切りの良いソープディッシュをお使い頂き、使用後は風通しの良い場所にて保管してください。
(バスルームでお使い頂いた場合などは、ご使用後に洗面所などに移動して保管して頂くと溶け出しを防げます。)

戻る

成分などについて

ラベンダーの香りが、普通と違う気がするのですが

当店の洗顔石鹸に使用しているラベンダー精油は、オーストラリアのオーガニック認証機関ACO(AUSTRALIAN CERTFIED ORGANIC)にて、オーガニック認定を受けた精油のみを使用しております。

ハーブや花のオーガニック精油は、全体的に香りにクセがなく、普通よりも甘い芳香が特徴になっています。

そのため、当店の石鹸の香りも、普通のラベンダーよりも、やや甘い香りがするかと思います。

そんな点も、洗いながら楽しんで頂ければ嬉しいです。

戻る


石鹸の製法はどのようなものですか?

石鹸の製法は、釜で加熱して塩析処理する方法や中和法などと呼ばれる方法が一般的ですが、当店の石鹸はコールド製法(コールドプロセス)と呼ばれる加熱しない方法を採用しています。

普通の製法で作ると、製作工程が1日ほどで済むのですが、コールド製法で作ると、完成までに1ヶ月以上かかってしまいます。

ただ、使って頂いてお分かりになるかと思うのですが、使用後のぷるぷる感が全然違うと思うんですよね。

仕事柄、今までに百種類以上の石鹸を使って来ましたが、このお肌の感触を出せるのは、コールド製法の無添加石鹸だけかな?なんて思っています。

戻る

  • このページをはてなブックマークに追加

使い方など!

Follow Me!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line
  • メールマガジン