保湿クリームの上手な使い方

そもそも、保湿クリームの役割って?

クリームの役割を知って、使い方を学ぼう! このページでは、マザーウッドシリーズ無添加みつろうクリームの上手な使い方について、簡単にお話させて頂きます。

その前にちょっとだけ!
そもそもクリームの役割って何でしょうか?

クリームと言えば保湿クリームなんて呼ばれ方をするので、きっとお肌の水分に関わっているんですよね?

化粧水で角質の上層部に水分を補って、美容液でしっかりそれをキャッチする。
それでは、クリームの役割は。。。

じつは、油分の保護膜を張って、水分の蒸発を防ぐ事にあるんですね。


「えっ? でもお肌には、皮脂膜っていう油分を含んだ保護膜があるでしょ?」

確かにそうなんです!
でも、年齢を重ねるごとに皮脂の分泌は少なくなってしまうんです。

「だから、年とともにお肌がカサカサになってしまうんだー。」

年とともにお肌がカサつく理由とは?

年齢を重ねるごとにお肌がカサついてしまう原因は、実は角質上層部の水分量が少なくなってしまうからなんですね。

ではでは、どうして年とともに、お肌の水分量が少なくなってしまうのでしょうか?

この理由は2つあります!

1つは、お肌の中で水分をキャッチしてくれる、天然保湿成分NMFが少なくなってしまうから。

そして、もう一つの理由が、皮脂の分泌が少なくなってしまうから。

角質上層部にあるNMFが減る事で、お肌に水分を留めるのが難しくなってしまい、さらに、皮脂の分泌が少ないので、油分の保護膜がしっかり形成されずに、お肌からどんどん水分が蒸発してしまうんですねー。

そんなこんなで、年齢とともにお肌がカサついて行きます。

でも!
そこで、登場するのが基礎化粧品という訳なんです。

化粧水でしっかり水分を補った後に、NMFの代わりの役割をするのが美容液!
そして、油分の保護膜の役割をするのが、保湿クリームというわけなんですね。

こんな事をふまえながら、当店のみつろうクリームをお使い頂ければと思います。

年齢肌と若々しい肌

無添加保湿クリームの上手な使い方

保湿クリームの役割が整理出来たところで、今度は上手な使い方!

無添加で乳化剤などは使っていませんので、のばし方などにちょっとしたコツがあります。

でも!
慣れればすごくシンプルですので、ぜひぜひ参考にしてみてくださいね。

    上手な使い方
  • 化粧水や美容液をお使い頂いたすぐ後、小指の先ぐらいの量のクリームを手にとります。
  • おでこ、頬、アゴの左右などにチョンチョンと分けて付けます。
  • 強くこすらずに、ゆっくり優しく伸ばして行ってください。

保湿クリームの上手な使い方

薄くキレイにのばしたい!なんて時には、化粧水や美容液の水分が乾ききる前にお使い頂くのがコツです。

お肌に残っている水分と混ぜるように薄くのばして行くと、テカリがなくキレイに仕上がります。

冬季など、クリームが固くなる時期などは、手や顔の体温で温めて、クリームを溶かすようにしてのばすとキレイにのびて行きます。

保湿クリームって、乾燥する時期だけ使えば良いの?

「クリームは、乾燥する時期だけ使えば良いの?」なんてお声が多いので、この事に関して少しだけ。

皮脂がしっかり分泌される方は、もちろんそれでOK!

でも問題は、暑くても皮脂の分泌が少ない方、または逆に、皮脂が異常に分泌されてしまう方なんですね。

皮脂の分泌が少ない方は、暑い時期でも保護膜が充分でないために、お肌の表面は湿気や汗でしっとりしているように見えても、角質の上層部の水分が蒸発してしまっている可能性があるんですね。

そんな場合は、やっぱり乾燥する時期以外でも、クリームでしっかり保護膜を作ってあげる方が良いかな?なんて思います。

皮脂の分泌が少ない肌

逆に、皮脂が異常に多く分泌されてしまう方の場合!

皮脂が大量に分泌される原因は、食べ物や体質などにも関係していますが、お肌の状態もスゴク関係しているんですね。

実は、皮脂は、お肌を守ろうとして大量に分泌される場合が多いんです。

  • 角質上層部の水分量が少ないために、これ以上の水分蒸発を防ぐために大量に皮脂が分泌される。
  • お肌の表面が傷んでいるため、大量の皮脂で保護膜を作ろうとする。

これは、化粧水でしっかり水分補給してあげて、クリームでしっかり保護膜を作ってあげれば解消されそうですよね?

皮脂が大量に分泌される肌

つまり、何が言いたいのかと言うと、クリームを使う事で逆に皮脂の分泌を抑える事が出来るという事なんですね。

「こちらのクリームで仕上げると、化粧崩れしません!」なんて声をよく頂きますが、それには、こんな訳があったんですよー。

さてさて、乾燥する時期以外のクリームの使用については、こんな感じでご自分のお肌の状態と相談しながらお使い頂ければと思います。

  • このページをはてなブックマークに追加

使い方など!

Follow Me!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line
  • メールマガジン