光老化

光老化とは、紫外線により肌に蓄積されたダメージの事。

主に紫外線が原因で、しみや真皮層まで達する深いしわ、たるみなどが発生した状態をさします。

光老化で肌にダメージが蓄積
地上に届く紫外線には、UV-AとUV-Bがあります。

UV-Bは肌表面で日焼けや炎症などの急性反応を起こしますが、波長が短いためお肌の奥まで届きません。(→UV-B

逆に、UV-Aの方は、お肌に急激な反応を起こさないものの、真皮層まで到達してしまいます。(→UV-A

そして、お肌の奥でハリや弾力を保っているコラーゲンやエラスチンを断裂させ、コラーゲンやエラスチンを作り出している線維芽細胞にまで、ダメージを与えます。
(→エラスチン

しかも、活性酸素を発生させ、コラーゲン・エラスチン・線維芽細胞を変性させてしまいます。
(→コラーゲン , 活性酸素

こうして、ハリと弾力を失ったお肌には、深いしわやたるみが発生します。

さらに、この活性酸素は、メラノサイトまでも刺激して、メラニン色素を大量発生させ、しみの原因にもなってしまいます。

これらのダメージが、日光を浴びるたびに長い時間をかけて徐々に蓄積され、ゆっくり進行して行く状態を光老化と言います。


  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!