美容液ついての良くあるご質問(FAQ)

無添加美容液についての良くあるご質問

こちらのページでは、マザーウッドシリーズの無添加白樺美容液「マザーウッド&シルク・エッセンス」について、良くあるご質問をまとめました。 ご参考にどうぞ〜♪

無添加美容液についての良くあるご質問(FAQ)

使用方法について

取り扱い&保管方法について

成分などについて


使用方法について

美容液の使用量はどれくらいですか?

お肌の状態や肌質によっても個人差があるかと思いますが、だいたい手のひらに乗せて10円玉ぐらいの大きさになるぐらいが適量です。

たっぷり使う感じで、1ヶ月ほど使えます。
手のひらで少し温めながら、顔を包み込むような感じでお肌にのせてくださいね!

戻る


美容液は必ず使わないといけませんか?

まずは、基礎化粧品についてなのですが、実はそれぞれに役割があります。

化粧水はお肌に水分を補給、美容液はお肌の中でその水分をキャッチ、そして、クリームでピタッとフタをして水分の蒸発を防ぐ!という形になっています。

ですので、美容液を使用した方がより良いかとは思うのですが、ちょっと予算が。。。なんて時は、化粧水でたっぷり水分を補給して、クリームでしっかりフタ!という感じで保湿をしても良いかと思います。

そんな感じでお試し頂いて、もっとしっかり保湿したい!なんて時は、美容液をお使い頂ければ良いかと思います。

戻る


美容液は1回つければ充分ですか?それとも何度かつけた方が良いですか?

通常は1回のご使用で充分かと思います。
季節の変わり目やお肌の乾燥が気になる時、または月に1〜2度くらいの集中ケアの際には、2〜3回お使い頂いても良いかな?と思っています。

また、使用量を増やすというケアの他にも、タイミングを上手くするというケアの方法として、美容液は1回で良いと思うのですが、化粧水を2〜3回入れて、手早く美容液、そしてすぐにクリームとサッ!サッ!サッ!と手早くケアして頂いても良いようです。

戻る


美容液とクリームって効果は何が違うんですか?

基礎化粧品には、化粧水・美容液・クリームなどがあると思います。

化粧水の役割は、化粧水で水分を補う事。
美容液の役割は、化粧水で補った水分をお肌に留めたり、賦活成分を補ったりする役目があります。
クリームの一番の役割は、お肌に油分の膜を張って、化粧水や美容液の蒸発を防ぐ事にあるんですよ。

基礎化粧品の役割は主に保湿ですが、化粧水→美容液→クリームの3ステップで保湿と考えて頂けると良いかと思います。

順番としては、化粧水で水分補給、その水分を美容液でキャッチ!
そこへ、すかさずクリームで油分を補いながら、お肌に薄い膜を張って、お肌からの水分の蒸発を防ぐ!そんなイメージでお使い頂ければと思います。

戻る

取り扱い&保管方法について

こちらの美容液には、消費期限がありますか?

防腐剤や保存料などは、もちろん完全無添加ですので、消費期限があります。

開封前は、常温保存で1年。
開封後は冷蔵庫保存で50日となっています。

さらに詳細は、消費期限についてでご確認くださいませ!

戻る

成分などについて

本当に天然成分しか使っていないのですか?

ずっとピュアノーブルの化粧品を使っているのですが、先日ふと思い立って、美容液を振ってみたら、泡が立ちなかなか消えませんでした。

私の認識では、合成界面活性剤を使用した化粧品は泡が立ってなかなか消えなかったような気がします。
ピュアノーブルさんの化粧品は、本当に天然の成分しか使っていないのでしょうか?

まずは、美容液の全成分をご覧頂ければお分かりになると思いますが、合成界面活性剤や乳化剤、発泡剤のような化学合成物質は一切使用していませんので、どうぞご安心くださいませ。

それでですね、化粧水や美容液を振ると、ご指摘通り確かに泡が立つかと思います。

ただし、これは化学合成物質が入っているからではなくて、こういう成分を使用しなくても、気泡は立つんですね。

例えば、オレンジジュースやリンゴジュースなども、何かの容器に入れて振れば泡が立つし、それがなかなか消えない場合もあるかと思うんですね。

美容液の主成分である、白樺樹液も木から採れたジュースですので、振ると泡が立ち、なかなか泡が消えない場合もあるようです。

特に、美容液は植物性コラーゲンでややトロミがついているので、振った際に、化粧水よりも泡が立ちやすいかもしれないですね。

こんな感じで、天然の物でも気泡が立つのが自然ですので、どうぞご安心してお使い頂ければと思います。

戻る


シルク溶液とは、どんなものですか?

シルクの原料である繭は、セリシンとフィブロインという、2種類のたんぱく質から出来ています。

これをアミノ酸に分解するのですが、分解の方法で表示名が変わってきます。
最も一般的なのが、希硫酸などを使って分解する物で、こちらは「加水分解シルク」と呼ばれます。

当店のシルクは、アルカリイオン水で時間をかけて分解する、最も自然な方法を使っていますので、「シルク溶液」という、ちょっと聞きなれない表示名になっています。

戻る

  • このページをはてなブックマークに追加

使い方など!

Follow Me!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line
  • メールマガジン