ビニール肌

ビニール肌とは、過度の洗顔やピーリングのやり過ぎで、薄くなり肌理がなくなったお肌の事。

メイクや洗顔、ピーリング・スクラブなど、お肌の酷使を繰り返すと、お肌は不全角化の状態に陥ります。
(→ピーリングスクラブ不全角化

肌理の整った肌とビニール肌の違い

不全角化に陥った角質は、保湿機能が未熟なため乾燥し、毛穴が目立つようになり、乾燥を防ごうと過剰な皮脂を分泌します。

この状態でさらに、毛穴対策としてピーリング、皮脂対策として過度の洗顔など、お肌の酷使を繰り返すと、ついにはお肌の肌理がなくなりツルツル!

保湿機能やバリア機能を失い、常にお肌につっぱり感があったり、トラブルに悩まされるようになります。


ひどい場合には、肌全体が軽いケロイドのような状態になってしまいます。

ビニール肌は、肌の手入れのつもりで角質を剥がし続けた事が原因で起こっています。

対策としては、洗顔やピーリング、メイクなどの刺激を極力抑え、角質を育てる事で解決ケースがほとんどです。
(関連→ビニール肌とその原因って?角質培養

  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line
  • メールマガジン